原点想起

ある時、ひたすら自分を見つめていた時があった。答えの無い自分を見つめる作業はとても辛くて逃げ出したくてたまらなかった。それでも必死に内省を続けていると、感謝が足りなかった自分が見えて来た。今まで周りの人のお陰でここまで来れた事を当たり前と捉えている自分がいた。感謝が出来たからといって、そこで終わりではない。

それでも内省を続けていると、今度はすぐに飽きてしまう自分に気がついた。事業がわかりやすいが、軌道に乗ってきて、さーこれからという時になると、途端に興味を無くしてしまうのだ。ある程度で満足してしまう癖。トコトンを追求できなかった自分がいた。半端な自分。

追いつめられていると力を発揮するが、追いつめられていないと途端に怠けてしまう。他にも、嫌な事から逃げて来た自分もいた。楽な方へと逃げて、そうした自分に合う言葉ばかり、心に入れて、「しょうがない」「そんなものだ」「その方が良いんだ」と逃げて来た。

そんな自分を卒業しようと、目の前の事から逃げずに向かって来た。向かう喜びも覚え、仲間も出来て軌道にのって来た。そんな今だからこそ、原点を思い出す時なんだと信号を受けた。

新しい展開も見えて、本来なら更に飛躍する時だ。かつての自分はそんな時に一歩引いてしまう癖があった。最近、沖縄に関わり始めた時と同じような事をしていた。御嶽を巡り、なぜ沖縄に関わったかと改めて考えた。

最初の動機は目の前の人間を助けたいだった。沖縄の為に必死になっている人間を支援したい気持ちから始まり、応援していくうちに、それが自分の為でもあることに気がついた。弱者救済をしたいと思っていた気持ちと沖縄の現状が繋がり、自分の人生のテーマとなっていった。

御嶽巡りをしていたとき、とても珍しいセミの脱皮に出会った。
「生まれ変わった信号なのかもしれないな」と実感もないままに考えた。これからはまた違うモチベーションで仕事を行っていくことになると感じている。

なぜか最近は昔の友人知人と偶然あったり連絡が来たりしている。これまで沖縄で磨いて来た成果を伝えるべき時期に来たのかもしれない。

人生のテーマを見つけてる人は幸せだ。大半はそれがわからずに右往左往している。しかし、テーマがわかっている人でもそこから逃げてしまう人もいる。やらないことで損はないはずなのに、なぜか躊躇してしまう。その気持ちはよくわかる。

結果がわかるのが怖かったり、今までの自分に執着があったり、吹っ切れない理由は自分では気がつきにくい。なんかモヤモヤして、映画や浮き世ごとに逃げていた自分を思い出す。

若さも金も時間もあって、人からは羨ましいと言われる状態であった時こそ、
「なんか面白い事ないかな」が口癖だった。

生まれ変わったのかどうかはまだわからない。それは行動して証明していくしかない。チャンスの時こそピンチでもある。このチャンスを活かす為に、原点を見つめて、その時の気持ちを胸に向かっていく。

行動して初めて、生まれ変わった実感が湧くのだ。体感するまではわからない。新たな自分を体験するのが楽しみでもある。かつて内省していたときには答えが見つからなかった。これからの挑戦で見えてくるのではないかと感じている。

「原点想起」への5件のフィードバック

  1. 内省・・・
    まさに今の僕のここ数年です。
    自分の意思もあって、今までの縁は
    ほぼ無くなり、自分は修行僧なのかと思いたくなります。
    人から見たら、何の意味も持たないし、
    評価もされないかもしれません。
    しかし、僕には必要な時間だと認識しています。
    あとは、尾関さんのように、行動で開花させたい。
    「行動して初めて、生まれ変わった実感が湧く」
    恐れず、向かっていきたいです。

  2. こんばんは!昨晩、元奥様がテレビに出演されてたので、尾関さんのブログも更新するだろうな。。と思ってました。
    正義の行動をとると、次の正義に向かう階段が現れて、またそれを登ると、また階段があらわれ、疲れても登らずにはいられない。だって正義に向かって行きたいんだから。。。というのが最近の自分の状況です。
    かなり、葛藤と疲れと責任転嫁、怠け心が出て休みたくなっちゃいますが。。階段のぼるのやめられないんですよね。。
    なんでしょうかね。。

  3. Azumaさん、修行僧いいじゃないですか!
    そういう時期がなければ、飛躍もないですよ。
    同じような気持ちで頑張っている人はいます。
    たとえ直接知らなくても、繋がっている事を意識できたら最高ですね。
    mameminさん
    テレビ見ないので知らなかったです。
    一度じっくりと休んでみてもいい時期なのではないでしょうか。
    あえて、行動しないという時期も大切ですね。

  4. 直接ご返答頂きびっくりです。
    有難うございます。
    いえ、びっくりではないかもしれません。
    僕が何となく感じていた"繋がっている"という感覚を
    共感して頂いていたようで、自分の感性に自信が持てました。
    本来は、時期を見て、
    Birthのドアを叩こうと思っていたのですが、
    横槍が入りました。(苦笑)
    また、感性に従って、機を見ます!

  5. はじめまして。
    実は2度目なのですが、一度目は尾関さんがzeelの代表の時に私が送ったクレームメールでした。その際、直接メールを頂戴し貴方の誠実さを実感した者です。
    元々「イロ・モノ・カネ」の世界に馴染まない人だと思っていましたが、菩薩の道とは尾関さんらしい気がします。
    今回は「自己からの解放」を実感されている貴方にエネルギーを頂きました。
    沖縄繋がりで宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です