狐と狸の化かし合い

 世の中は、嘘や綺麗ごとであふれている。だから面白くもある。残念なことは、面白く興味深い嘘や、夢を見られる綺麗ごとが少ないことだ。レベルの低い嘘では、聞かされるほうもすぐに相手の目的が透けて見えて、嘘っぽいけど乗ってやろうかとは思えない。どうせ騙すなら上手にだましてほしいのが人情だろう。

東電の一連の騒動を見ていると、なんて馬鹿なのだろうと感じるに違いない。勿体ない。折角、このピンチを活かして、さらに巨大企業になれるチャンスにも変えられるのに、機会を活かそうとする意思がないから、綺麗ごとも上手な嘘もつけない。どうせ払わなくてはいけないものならば、何かに役に立つと信じたいのが人情だ。
千両役者がいないから世間という舞台はしけた三流芝居しか上演されない。そういう意味では、一流の脚本家も演出家もいないのだ。また観客も目が肥えていないから、三流芝居のほうに流れてしまう。一流の良さを伝えようと芝居案内を作っても、観客はそんなものより三流だけどわかりやすくて刺激的な案内を求めてしまう。まさに、鶏が先か、卵が先かだ。
答えを言えば、順番などない。どれも大事に決まってる。役者だろうが、脚本家だろうと、演出家だろうと、観客だろうと、目の前のことを真剣に楽しもうとするだけで、本物は本物を知る。勉強して、痛い経験を積んで、目が肥えてくれば、自然とモノゴトの良し悪しは見えてくるものだ。楽な道を選ぼうとするから、いつまでたっても狐と狸に騙される。
楽しようとする心があるから、その心の隙に、悪霊は入り込む。不安にさせ、簡単な判断へと導かれる。人を信じるより疑うほうが簡単だ。悪霊は仲間が欲しいのだ。自分と同じように、人を疑い、いつも不安な状態の仲間が欲しい。自分が幸せでないから、他人には幸せになってほしくない。足を引っ張ることが仕事だ。誰も得がないのに、どうしてこんなことをするのだろう?と思うことはないだろうか?(これもすぐにはわからない視点だが、原点や感謝を忘れなければわかる)悪霊は嫌がらせが目的なのだから、悪霊は悪霊を産むことで得になるのだ。
嘘も方便という言葉もある。これは前から書こうと思っているテーマだが、伝えるのが非常に難しいためにタイミングを見ている。少しだけ書くと、自分の利益のためについている嘘は、どこまでいっても嘘にしかならない。相手が真理へと到達し、救われるのだとしたら、それは方便になる。最後になるまで嘘なのか方便なのかわからない。だからこそ難しい。
人は誰しも本当は救われたいと同時に救われたくないという、相反する気持ちを持っている。楽したいからだ。本物になろうとするならば、苦労は覚悟しなければならない。怠け者からすぐに悟ったものになれるわけではない。自分もお気楽な人間から菩薩を志すまで、方便によって導かれてきた。嘘といえば嘘だが、逆に信じ続けたお蔭で嘘が本当になった。
「嘘から出たまこと」という言葉の通りだ。
ブッダもキリストも、詐欺師やペテン師だと言われた。ベンチャー企業でも、夢を語り、成功すれば立派な人。失敗すれば、実力がないとか、悪く言えば詐欺師となる。たちが悪いのは、本当に信じて実行して失敗した人と、最初から騙すつもりで失敗した人との見分けがつきづらいことだ。表面だけ見ていては騙される。
また騙す人のほうが、上手な嘘をつくものだ。自分すらも騙しているから、本人には騙すつもりはなかったと堂々と言うだろう。騙せない人間は、根が真面目だから逆に責任を感じすぎ、背負いすぎて失敗しやすい。真面目脳だけではうまくいかない。
世の中は、表面しか見ない人が大半だ。綺麗なスーツを着て、流ちょうに話して、理路整然と説明する人間のほうが信用されやすい。失敗しても堂々とされたら、仕方がなかったのかと納得してしまうものだ。そういう人は、次のネタを忘れない。そしてまた次こそはと何度でも騙されるのだ。
勝てば官軍とはよく言ったものだ。負けてしまえば賊軍。詐欺師扱いなのだ。最初からどこかで負けてもいいと思ってやっているのが、狐や狸たちだ。将来はどうなっても、目先のご飯が確保できればいいのだ。
今年の決算さえ赤字でなければ。自分が関わっている時だけ嘘がばれなければ。そんな気持ちでやっているから、東電もオリンパスも救われない。ピンチはチャンスなのだ。今こそ、誰もが驚くビジョンを出して、目先の利益ではないことに投資したらいいのだ。どうせ赤字になるのだとしたら、とことん出したらいい。その勇気がないだけだ。
これは彼らに限った話ではなく、今を生きる私たちの問題だ。何も失うことなど本来はないのだから、勇気をもって、狐と狸の化かし合いから離れることだ。より高度な仕事をする上では、狐も狸も必要になってくることも分かる。この世に無駄はない。すべて必要なのだ。狐と狸が増えたら、それを餌にする猟師になればいい。
狐と狸が化けている人間なのか、本当の人間なのかを見極める目を持たないと、猟師にはなれない。イエスが弟子に、
「今から後、あなたは人間をとる漁師になる」と話した意味がこれでわかるだろうか?

「狐と狸の化かし合い」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です