告白

私は普通の人が考えているような世界の見方をしていない。だからこそ特別な世界を伝えたいと、このBlogを書いてるわけだが、逆にいうと、普通の世界の見方が時々わからなくなる。特に、ビジネスの世界にドップリと浸かっている人からしてみると、私は有り得ないことを言っているように見える。

ビジネスの世界においても、特別なビジネスのやり方もある。私はその方が究極の錬金術だと考えているが、世間一般のビジネス書が教えているような世界とはほど遠い。であるから、普通のビジネス世界の人間と仕事をするとき、スタンスが違うために気をつけねばならない。そもそも「仕事」という言葉の意味すら違う。(参考:仕事の本当の意味
魂とか霊に全く興味がない。もしくは、怪しいと思う人達と、「仕事」に対する価値観がどう違うか?我々は、魂を成長させる、霊が喜ぶために仕事をするが、普通のビジネスマンは金を儲けるためにする。
しかし、ここであえて言いたい。本当に儲かるとはなんだろうか?
信者と書いて、儲かると書くが、この文字の意味するところはなんだろうか?
頭が喜ぶのと霊魂が喜ぶのでは、どちらが儲かるのだろうか?
今の会社のほとんどは、千年を超えて存在することはないだろう。
それに対して、キリスト教は?何年続いているだろうか?また、ヴァチカンの資産はどれほどだろうか?仏教は?イスラム教は?神道は?
神とは何か?人の本質とは何か?人類が長く追い求めてきたテーマでモノゴトを見ている人間と、四半期決算で見ている人間とでは、利益に対する見方が変わってくるのも当然だ。
違う世界観を繋げていくのは難しい。だからこそ、繋がったら価値がある。全然違うからこそ、結びついたときに共創造が起こる。どちらが良い悪いという話ではないのだ。持ち場が違うだけなのだから。
今日誕生日の岡本太郎が産み出した、太陽の塔。当時は猛烈な反発があった。しかし今や、大阪万博は知らなくても、太陽の塔を知らない人間はいないのではないだろうか。何十年たっても、その価値は高まるばかりだ。未だに生み続ける経済効果はどれほどあるだろうか?ましてや、今も人の意識に働きかける、太陽の塔の存在が持つ力を金に換算することなど出来ない。
我々は、数年で左右してしまうようなトレンドを意識していない。真に価値のあるものを創造している。それは今は理解されづらいものだ。だからいいのだ。別に理解して欲しいから書いているわけではない。理解されなくて当然だ。
しかし、一人その世界に浸り、他の世界を見下すのは器が小さい。理解されづらいからこそ、向かうのだ。どのような手段を取ってでも、社会と関わりを持つことが大切だ。そうした葛藤を通して、人間の器は広くなり、愛の実践が出来るのだ。
具体例を挙げよう。
ビジネスマンにとって、投資は投資した金額以上のリターンがあれば成功といえる。我々は、極端なことを言えば、リターンがあろうとなかろうとそれで成功か失敗かを決めることはない。お金という媒体を通して、関係性が出来たことが重要なのだ。
その関係性を通して、魂が救えるかどうかが重要だ。お金はキッカケに過ぎない。しかし、かなり強いキッカケになる。昔、私はお金の関係を嫌がっていた。金を借りることも貸すことも嫌だから、株式投資という形でリスク限定していた。が、今はお金の関係があるからこそ、お互いの人間性の本質が見えると認識している。
ドロドロしたところに、人生の本質がある。泥の中から蓮の花が咲くのだ。
関わった人間とは、いつかは一緒にその花を咲かそうといつも思っている。
その日を楽しみに私は仕事をしている。

「告白」への7件のフィードバック

  1. 日本の財政破綻が、確実に忍び寄って来ていますね。
    世間はなぜか危機感ないし、メディアはゴシップばかり…。
    願わくは、このままジリ貧となるか、
    ソフトランディングできるに越したことはないのですが。
    マーケットは、この国を特別視しないでしょうね。
    武者震いしてきます。

  2. 千年続く世界を知る人間が、十年の世界にいると、相当苦しいです。
    器にひびが入りそう・・・
    信じる者は救われる!
    心にいいきかせながら、苦しい毎日に耐え続けています。

  3. 急激な流れに足を踏ん張り耐え抜くことも必要ですが、
    岩のように静かに在り、袖の流れを見守り定まることも必要なのかなと 拝読しながら気づきました。
    ありがとうございます。

  4. 仕事は1人ではできない。 
    人と対になって進めることができることが仕事なのなら相手に映る自分と自分に映る相手とがどんなかたちであれど美しい合わせ鏡のようになってることが重要なのではないかと思う。 
    短期間のビジネスで作り上げた人間関係が 
    命ある内に強い絆で繋がるなんてことは無理だし 
    それでいいと思ってる大人も多いけど人と長く付き合いたいと思うなら厳しさと優しさをぶつけあうことはとても大事ですよね………。私も会ってみたいと思う人はいっぱいいるけど、それはただ友達になりたい、とか一緒にビジネスを頑張りたいから…という意欲とは違うので行動には移さないのだ。
    金の切れ目は縁の切れ目とは大人社会ではよく聞く話だけれど 
    子供社会では感覚や価値観の違いがおもなんですよね…。大人は音無しいからむずかしいってゆうのもあります・・ 
    限られた仲間と美しい花(蓮なの??)が花開きますよう応援してるので頑張ってください(^-^)

  5. 尾関さんには、とても大きな背景の存在を感じてしまう。その中で何も恐れずに生きてるように感じてうらやましい。
    僕にはそのような背景が存在しない。
    尾関さんの世界に飛び込みたい自分と、飛び込んで180度変わることが怖い自分がいる。
    さて、来年の自分はどっちの手に導かれているか。凄いパワーで、信号をください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です