シンクロ

 「Blogの記事が私にとってちょうどよいタイミングでした」と言われる事がある。

相手の状況と記事がシンクロすることが多い。それは昔書いた記事でも起こる。ちょうど考えていたことや興味を持っていたことが重なった時、それをただの偶然で済ます人もいる。

それ以上、シンクロしたことについて、どんな意味があるのか?を深めないのだ。私からすれば、偶然と済ますだけでは勿体ない限りだ。このBlogを読んでくれている方々は、シンクロなどは面白がるタイプだろう。実際、
「何かの信号だ!」と、そう捉えた方が人生面白いではないか。

シンクロしている人ほど、時代の流れに乗っているという事だ。

時代が同じような状況を作り出しているとも言える。

ここのところ時代の流れが速いので、私も乗り遅れないように必死だ。常に意識して向かっていかなければ、あっという間に時代から遅れてしまう。シンクロから意味ある行動を抽出することができる。

シンクロがなくなったら要注意。例えるなら、信号が赤になったも同然だ。

シンクロしている時は信号が青でどんどん進める。

一度、信号が変わると、次に変るまでどれくらいかかるかわからない。開かずの信号かもしれないのだ。

シンクロを深めて、次のシンクロを呼び込むのだ。

「シンクロ」への11件のフィードバック

  1. こんにちは!今青信号突っ走りです。
    丁度、尾関さんのこの記事が更新された時間頃、前回の「北風と太陽の話」で説得を。。と思ってた社長さん関連の仕事で、、契約書がメールで届きました!なんのサインでしょうね。。このタイミング。毎日おもしろくてしょうがないです♪

  2. 尾関さんの夢は琉球王国の独立とインターネット上の記事で読みました。
    琉球王国(沖縄)の独立が今の世界でどういった意味を持つとお考えでしょうか?
    機会があればブログで取り上げてほしいテーマのひとつです。
    それからソフト革命という言葉好きです。

  3. ある意味、私にとってシンクロが全てです。シンクロを軸に生きているようなものです。
    また、シンクロではなくても、信号が来たら、直ぐにノートに落として、先ずは信号の声を聞きます。
    だけど、シンクロや信号を、忙しさにかまけてスルーしている時がありました。
    そしたらシンクロと信号はパタリとなくなりました。
    クリシュナやブッダの本や、スピリチュアルな本を読んだり、瞑想(といっても真っ白なノートとペンを持って内観)をすると回復しました。
    シンクロは、この世の中を生きていく上で、限りなく無意味な毎日に、プレゼントが舞い込んでくるようなイメージがあります。

  4. 先日、私自身の誕生日に家族でBirth Lilacに行きました。私自身の誕生日と店の名前がシンクロしていたため、店の方とも色々と話し込んでしまいました。お私自身、尾関さんのこともBirthのこともまったく知りませんでした。その2,3週間後、私の同級生の弟がY村議に立候補するというこてでお会いしてお話をすることができました。尾関さんとの関わりも聞くことができました。私自身、よくシンクロを経験しますがこれもひとつのシンクロなんでしょうか。

  5. 厳しい暑さが続きますが
    お元気でお過ごしでしょうか。
    水分補給をまめにしないと
    ひからびそうなこの頃ですが
    御身お大事になさってくださいませ。

  6. 私も、よく尾関さんのブログとシンクロします。「シンクロを活かして生きていけないか。」と考えたりします。
    同時性について、「青だから、どんどん進むべき」「時代の波に乗る」とおっしゃるのがよく分かります。でも、実際具体的にどのようにすれば活かせるのか?という問いがあり、もう何年もそのような自問自答をしています。
    今、尾関さんにもきっと、人生と時代がシンクロしていんるですね。大勢の偉大な菩薩の方々も、皆さん棘な道を乗り越えられました。私は何処までも尾関さんを信じて、見えない遠くから応援してます。一生懸命菩薩道を堂々と歩いて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です