スーパースターの幻想

タイガーウッズは時代が生み出したゴルフ界のスーパースターである。そして、女性問題というスキャンダルにより消された。

音楽界でいえば、マイケルジャクソンとエルビスプレスリーが二大スーパースターである。世界的なスーパースターの歴史として、エルビス→ビートルズ→マイケルという流れがあり、それぞれが魂を受け継いできた。

エルビスとマイケルは、常人を逸したオーラを持っていたが、ビートルズはイギリスの中流階級の一般的な4人組だった。

ビートルズの中でも、当初はポールマッカートニーが人気だったが庶民的な生活を好んだジョンレノンが殺害されてからは、ジョンレノンがカリスマとなった。

そういったスーパースターは(才能だろうと努力だろうと)全員例外なく、幸せに人生を終えたとは言えない最後を迎えている。

お金に絡む問題、女性に絡む問題、因縁に絡む問題。彼らは自分の特殊能力以外のところでもがき苦しんでいる。それは特殊能力があったがゆえのモノである。

マイケルも毎月1,500万円の豪邸に住んでいようと、側近に横領されたり、お金に縛られ生きていた。彼はビートルズの版権を所有していて、投資家としても一流だったにも関わらずだ。

また、そのスーパースターマイケルと、かつてのスーパースターエルビスの娘との結婚は、次のスーパースター誕生を期待された。そのあとに再婚した人は看護婦という、このギャップは普通理解できないだろう。

彼らのようなスーパースターはもういない。スーパースターの系統は途切れてしまった。

多くの人に夢や希望を与えてきたにも関わらず、彼ら自身は幸せにはとても見えないのが可哀そうだ。どんなに寄付しようが、誤解されてゴシップによって非難中傷される。

どんなに才能があろうと、栄光と富のその先には、幸せもないことが様々なスターによって証明されている。偉人であった人々も、何かによって悩みは尽きない。

最近上映されている、インビクタスという映画をみてもそうだ。偉大な指導者で不屈の魂を持つ、ネルソンマンデラ大統領でさえ身内の因縁の問題を抱えていた。

彼らは身を呈して教えてくれている。どんなに成功したとしても、逆に自由がなくなるだけだと。スターとしての自分の使命を演じ続けなくてはならない。その孤独を理解する者は少ない。

薬がなくては生きていけない人生は壮絶なものがある。皆が彼らに憧れるだろう。しかしその頂点を極めた人が幸せじゃない。

スーパースターでなくても、多かれ少なかれ似たようなものだ。皆が憧れる人たちの中に答えはない。答えは目の前にある。

大衆は憧れる道の行き着く先もわからずに、ただ第三者に流されるイメージを信じ込み、流され生きている。そして、自分を見失っている人がほとんどだ。

本来なら、何の矛盾もなく、魂が燃え尽きて、死ぬ最後には、「ああ、自分の人生は満足だ。よかったな。」と思って、夢のまま終わることができる。一般人もスーパースターも関係なく、最後には魂が燃え尽きることができる。そして、死んだらただの現実に戻るのだ。

満足した人生を生きられるのは、生きている間だけだ。だったらとことん満足な世界に生き、燃え尽きたほうが良いではないか。

いつかはといって宝くじを買い続けるのではなく、目の前の、足元の課題にしか答えはない。

「スーパースターの幻想」への3件のフィードバック

  1.  以前に、「運よく宝くじに当たってでもいいからお金がほしい」と、コメントを書いた覚えがあります。
    ・・・情けですね~自分。
     私にとってのスーパースターは、ローリングストーンズ(得にミックジャガー)なのですが、自分がミックジャガーになれる訳ないし、なろうと思ったらただの悪あがきだと思う。
     しかし、普通の暮らしとか、平凡だとかこれも意外と難しいだよね。 なんかツィッターみたいでごめんなさい。

  2. 難しい問題ですね。仕事に身を置いてれば、自然と頂点を目指すわけですし。まぁ、頂点の人達が幸せかどうか見ていて、必ずしもそうとは言えない姿なので言わんとすることは分かりますが!
    どんなに世の中で、活躍している人達でも私腹を肥やしてなんぼ、地位を上げてなんぼ、そう思っている方々ほど、空虚な顔してます。本当にかっこいいのは、周りがなんと言おうと、完全燃焼している方々ですよね!やっぱり

  3. 星の王子様にも書いてありましたっ。
    きみのところの人たちは(人間は)
    たった1つの庭で5000本のバラを育てている・・・・それでも自分たちが探しているものを見つけられない
    みんなが探しているものは たった1本のバラやほんの少しの水の中に見つかるのに…

    (;∧;) うにゅ…
    こんな大人になってから涙すると思わなかったんです。
    人ってスーパースターとか憧れて、自分の心のことはすっかり忘れてて…悲しい。みんなが星の王子様のように、素直に笑ったり悲しんだり、自分の心から離れずに生きられたら…幸せなのに…って思います。
    「足元」を見つめて頑張りたいとおもいましたっ☆★
    尾関氏を見習います!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です