剣山とエンジニアリング

三井物産戦略研究所所長のお話。気になったメモ。
・日本の不備
日本は技術では素晴らしいものをもっている。
しかしながら、戦略的にそれらを活用する大局観にかける。
ビジョンを描くのが下手。
例えるならば、花は揃ってるのに並んでるだけで
生け花をするには、剣山が必要。剣山の役目が政治なのに不在。
・今後何で食べるか?
サービス業だけでは国は成り立たない。この先何で飯を食べていくか?
例え話、
世の中がすべてサービス業である靴磨きだけでは、成り立たない。
誰が靴つくるのか?靴があっての靴磨きであると。
・今後必要とされる力は?
問題解決型の情報収斂力。一言で言えば、自分で情報を集めて
知性にする力。インフォメーションからインテリジェンスかな。
意訳。
・情報とは?
情けに報いると書いて情報。
人の心に飛び込むことが必要。
本当に大切な情報は人伝。
ネットワークのない人には情報集めは無理
・現代若者の課題
今の人は孤独に弱いと。分裂症気味であるので
個の確立が必要かと。

「剣山とエンジニアリング」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です