「沖縄」タグアーカイブ

諦めないで疲れた時は休む

人生ってうまくいかないことが多いですが、うまくいったからといって、それがいいとは限らないものです。過去の自分を振り返っても、成功していた時より、失敗していた時の方が人生の学びは深かったです。人生うまくいかないからこそ、人の有り難みがわかったり、優しさが心に染みることもありました。

そうは言っても、辛いものは辛いんだよという意見もあることでしょう。それもわかります。なので、そんな時は全てをやめることはしないで、少し休んでみてはいかがですか?と言いたいのです。

悩みって色々あると思います。人間関係や、仕事の悩み、恋愛やお金、病気など、人生は悩みだらけかもしれません。思い悩んで答えが出ない時、どうしようもない時もあります。それもまた人生です。辛いからこそ、後でネタになるかもしれません。

私が過去で辛かったのは、沖縄で軟禁されていた時でした。自由がない、誰とも話せない、先が見えないと言うことがこれほどまでに辛いこととは想像もしませんでした。その前に、留置所の体験もありましたが、その時は殺されるかもという心配はありませんでしたから、留置所の時よりも不安や恐怖で押し潰れそうになりました。

そんなこともあったせいかはわかりませんが、発信することに対して何か嫌な気持ちを感じていたように思います。しばし発信も休んでおりましたが、いつかは再開しようと残しておりました。毎年、慰霊の日が来ると発信しなくてはという気持ちに駆られます。

慰霊の日も、原爆の日も、日本人は知らない人が多いこと自体、きちんと過去と向き合っていない証拠でしょう。私も自らの過ち、過去を振り返る日になっています。

疲れた時はエンタメを見るのでも、釣りもをするのでも、なんでもいいので自分が気が紛れることをしたらいいと思います。そうして活力が戻ってきたらまた続けたらいいですね。

私は活力を得る方法の一つとして、学ぶ楽しさがあります。最近、加藤先生のYoutubeが面白いです。自由意志があるから、大人はいつでも成長し続けられます。学ぶ楽しみを感じながら自分の人生に活かして、諦めないでやり続けることをしていきます。

フィリピンと沖縄の未来

◾️過去を知り、未来を夢見て、今を生きる

フィリピンと沖縄は似ている部分があって、比較すれば未来を考える上で、とても参考になると思いました。沖縄からフィリピンへの距離と、沖縄から東京への距離は同じくらいです。近いから一緒に発展する仕掛けが出来ないものかと夢見ています。あと、実は台湾も含めて、かつて琉球と呼ばれた地域つながりで考えるのも面白いと思っています。

でも、日本人はフィリピンのこと、歴史などを知っている人は少ないでしょう。大抵の人にとっては、フィリピンといえば、フィリピンパブなイメージではないでしょうか。調べて見たら、今後の沖縄の行方の参考になるかもしれないと思ったのでまとめて見ました。沖縄、日本はこれからどうしたらいいの?というのを考えるキッカケの一つになればいいなと思います。

◾️似ている部分

  • 島国である
  • 日本軍の戦争に巻き込まれた
  • 宗主国に長期支配されてた
  • 米国に統治されていた
  • アジア最大の米軍基地(かつてあった)
  • 出生率が高い
  • 芸能民族
  • 南国気質
  • フィリピン、台湾は小琉球と呼ばれたこともある

もちろん異論もあるでしょうが、他にも思いついたら追記していきます。酒とか台風とか、コンクリ造りの家とか、そういうのは省きました。

◾️余談ですが、最古の人骨が出土している地域としても似ています。
まずアジアで最古のホモサピエンス の化石が発掘されているのは、はい、フィリピンです。6万7千年前のカヤオ人という化石人骨が発見されています。日本国内の最古の人骨は、沖縄で発見された、山下洞人で3万2千年前と言われています。最古つながりですね。

日本においては、大体3万8千年前以降から遺跡が増えだしているので、それくらいから移住してきたと言われています。日本の歴史よりも前にフィリピンでは人が住んでいたわけです。先人たちはよく冒険しましたね。土地はたくさんあっただろうに。命をかけていた昔と違って、いまは冒険しやすいのですから、挑戦していく楽しみを伝えたいです。

ちなみに国立科学博物館の人類進化学者・海部陽介氏によると、ホモ・サピエンスの日本への渡来について、
「北海道ルート」(2万5千年前)
「対馬ルート」(3万8千年前)
「沖縄ルート」(3万5千年前)の3ルートが考えられるそうです。そのなかで最も長い距離で、黒潮が邪魔して難しいのが「沖縄ルート」と。来年、実証実験が行われるのが楽しみです。

参考:三万年前の航海再現プロジェクト

話が少しそれましたが、フィリピンの歴史を軽くまとめてみます。スペイン統治前の時代はあまり資料が残っていないのと、群雄割拠状態に近いので割愛します。

続きを読む フィリピンと沖縄の未来