「知恵」カテゴリーアーカイブ

体験

ビスマルクはこういったそうな。
「賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶ」
なるほど。
最もだと感じる。
最近、沖縄によく行くのだが、そこで重機を動かして
木々を踏み潰して開発する経験を体験した。
頭では、自然破壊ということは理解していた。
歴史を見ても、人為的な砂漠化による環境の荒廃について
知識は得ている。
現実は重かった。
学ぶということは、はっきりとそれがどういうことなのか
心に刻むことではないだろうか。
書物の上では、やはり他人事にならざるを得ない。
報道などで、貧困や災害による被害者を知っても
かわいそうだなーとか募金くらいはするだろうけど
次の瞬間には忘れてはいないだろうか?
一度でも体験すると、容易には思考が切り替わらない。
頭の中でバキバキと音が鳴り、振動の手ごたえを思い出す。
本当に大事なことは、体験しないとわからないと思うようになった。
論理は歴史をみたら学べる。しかし、感情は体験しないと学べない。
憎しみも喜びも、愛も至福も経験しないことには
絵に描いた餅。
現場が一番すごいのだ。
切り離された感覚を持つと、すべてをモノとして扱える。
そうすると痛みを感じなくてすむ。
今更ながらそんなことを学んでいる。
余談だが、、、、、
10分もしたら、木を踏み倒すことにも慣れて、
アドレナリン出しまくりで格闘していた・・・。
人間って強いのね。

問題はHappy

仕事や人生を送っていると、必ず問題にぶつかります。
行動をしていなければ問題は起きないので、
それ自体は歓迎すべきことなのですが、
面倒だったり思い通りにいかないと不快になりがちです。
そのときは不愉快に感じても、それが絶対自分のためになると
天の配剤を信じられるかどうか。
天の仕業は謎に満ちています。
どんでん返しの筋書きドラマだったりするから要注意。
自分がおもったとおりのほうが少ないことでしょう。
すべて自分のためになると信じて
前向きに問題に向き合っていけばきっと楽しくなります。
最近またつくづくそれを実感しています。
そうした問題の数々が、ベンチャーや起業の醍醐味ですね。
人生修行になります。

自由きまま

自由きままに生きるというと、人は無責任な人間だとおもうのでは
ないでしょうか?
ほかの人のことを考えてない不埒な人間だとか
大人になりきれない子供だとか。
自由きままにも二つあるのだとおもいます。
エゴからくる自由きままさと、
愛からくる自由きまま。
エゴからくる自由気ままは、
周囲に問題が起きてくるのですぐ自覚することが出来ます。
問題が起きるようなら、それはエゴからきているのでしょう。
愛から起こる自由きままには、
祝福が起こるのではないでしょうか。
自由とは、自らに由ると以前触れました。
自らに起因する振る舞いが自由といえますね。
人の本質は愛だとおもうので、
本質から振舞えば自然と愛が湧き出るのではないかと
おもいます。
違いをわかるためには、まず自由きままにしてみては
いかがでしょうか?
間違っていたら、問題がおきます(^^)