BLOG IT! from [2009.09.24]  ごみ箱で尽きた命 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ

[2009.09.24]  ごみ箱で尽きた命 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ

佐藤記者は、両親が悪い、それを見過ごした住民や行政が悪い、などと声高に非難はしない。救う手立てはなかったのか、とマンションのベランダを見上げて、体を震わせて一人で泣いていた優衣ちゃんを思うのだ。 彼は核。実の親から虐待を受け、行政や地域から手を差し伸べられることなく、失われた幼い命。「ごみ箱の中で尽きた命」 この言葉が、我々すべてを糾弾しているような気がする。 いつから日本はこんな国になったか。その責任はどこにあるのか、と。

わが子と同じ音の優衣ちゃんは、その名の通り自らの優しさで
警告を発したのではないか。私たちの魂を繋いでいく子供は、
どの子も大事です。
我々が死んだあとの未来を考えましょう。
私たちは今何をできるのか?を。
一人の事件の後ろには同じようなことが100人以上に起きているのではないか?いま、悲しんでいる姿を想像し、少しでも周囲に愛の連鎖が起きたら
それが繋がっていく。
想像力が原点になる。

「BLOG IT! from [2009.09.24]  ごみ箱で尽きた命 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ」への3件のフィードバック

  1. この母親も愛されなかった一人なのかも知れません。人に愛されていればそんな悲惨なことは考えません。そして誰にも育児の大変さを相談できなかったという現実。夫にも親にも地域にも近所のおばさんにもママ友にも。犯罪は愛されていない人が起こすケースが多いと思います。お金では解決できないことです。近くにいる人がどうして気づいてやれなかったのか、育児の大変さを思うと母親だけが悪いとは思いたくありません。失われた命もこの母親のもとに生まれたくて生まれた命。母親を更生させるために生まれてきてくれたのかも知れません。私は母子ともに恵まれていると実感しました。愛って人も世の中も変えることができ、平和に導くと思います。

  2. ほんとにおっしゃられるように、
    「お金では解決できないことです」ね。
    自分の周囲にも、そういった苦しんでいる人がいないか
    気をつけていきたいなと思います。
    愛しかないですね。

  3. 尾関茂雄さま
    深い深いふぁーふぁ?愛のご教示
    ありがとぉございました
    益々のご発展を確信しておりますよん
    奥村?

ozeki へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です