「okinawa」タグアーカイブ

フィリピンと沖縄の未来

◾️過去を知り、未来を夢見て、今を生きる

フィリピンと沖縄は似ている部分があって、比較すれば未来を考える上で、とても参考になると思いました。沖縄からフィリピンへの距離と、沖縄から東京への距離は同じくらいです。近いから一緒に発展する仕掛けが出来ないものかと夢見ています。あと、実は台湾も含めて、かつて琉球と呼ばれた地域つながりで考えるのも面白いと思っています。

でも、日本人はフィリピンのこと、歴史などを知っている人は少ないでしょう。大抵の人にとっては、フィリピンといえば、フィリピンパブなイメージではないでしょうか。調べて見たら、今後の沖縄の行方の参考になるかもしれないと思ったのでまとめて見ました。沖縄、日本はこれからどうしたらいいの?というのを考えるキッカケの一つになればいいなと思います。

◾️似ている部分

  • 島国である
  • 日本軍の戦争に巻き込まれた
  • 宗主国に長期支配されてた
  • 米国に統治されていた
  • アジア最大の米軍基地(かつてあった)
  • 出生率が高い
  • 芸能民族
  • 南国気質
  • フィリピン、台湾は小琉球と呼ばれたこともある

もちろん異論もあるでしょうが、他にも思いついたら追記していきます。酒とか台風とか、コンクリ造りの家とか、そういうのは省きました。

◾️余談ですが、最古の人骨が出土している地域としても似ています。
まずアジアで最古のホモサピエンス の化石が発掘されているのは、はい、フィリピンです。6万7千年前のカヤオ人という化石人骨が発見されています。日本国内の最古の人骨は、沖縄で発見された、山下洞人で3万2千年前と言われています。最古つながりですね。

日本においては、大体3万8千年前以降から遺跡が増えだしているので、それくらいから移住してきたと言われています。日本の歴史よりも前にフィリピンでは人が住んでいたわけです。先人たちはよく冒険しましたね。土地はたくさんあっただろうに。命をかけていた昔と違って、いまは冒険しやすいのですから、挑戦していく楽しみを伝えたいです。

ちなみに国立科学博物館の人類進化学者・海部陽介氏によると、ホモ・サピエンスの日本への渡来について、
「北海道ルート」(2万5千年前)
「対馬ルート」(3万8千年前)
「沖縄ルート」(3万5千年前)の3ルートが考えられるそうです。そのなかで最も長い距離で、黒潮が邪魔して難しいのが「沖縄ルート」と。来年、実証実験が行われるのが楽しみです。

参考:三万年前の航海再現プロジェクト

話が少しそれましたが、フィリピンの歴史を軽くまとめてみます。スペイン統治前の時代はあまり資料が残っていないのと、群雄割拠状態に近いので割愛します。

続きを読む フィリピンと沖縄の未来

沖縄戦前田高地の映画「ハクソー・リッジ」公式サイト|6.24 Sat. ROADSHOW

情報源: 映画「ハクソー・リッジ」公式サイト|6.24 Sat. ROADSHOW

遅ればせながら、メルギブソン監督のハクソーリッジを見てきました。メルギブソンは、ブレイブハートやパッションで感動したことがあったので、どんな風に沖縄戦を描いているのか?と気になっていました。

凄惨な戦闘シーンは流石ですが、70年も前に、軍隊という規律を重んじる場で、個人の信念を通そうとし、またそれが実現できたことがアメリカの底力ですね。現代でさえも日本では難しいことではないでしょうか。

映画では日本軍が強そうに見えますが、現実を見ると、よくぞこんな状況でここまで奮闘したと現場の人たちの勇気に敬服します。こんな戦場に送り込まれたら自暴自棄になります。

http://www.okinawa-senshi.com/maeda-new.htm

アメリカ軍が各州から来ていたように、日本軍も各県から来ていて、双方命を落としています。地元じゃないからこそ、容赦ないところもあったと思います。お互い命をかけて戦った人たちの中には、自分のためではなく、家族や国と言った同胞のために戦った人たちが多いことでしょう。

時代が違えば、私も前田高地で戦っていたかもしれない。私はデズモンドのように信念を持って銃を拒否することはできない。有事の時より、平時の時の信念の方が貫き通しやすいのでしょう。殺されるわけでも、投獄されるわけでもない。

多様性のある社会を実現するためにも、失敗した人や、他人と変わっていても、安心して居られる場所というのを作って行きたいな。

ジョイントとは

以前からこのブログでは、「ジョイント」という言葉を用いているが、わからない人のためにかなり簡略化して説明しようと思う。

「ジョイント」とは何か?以前、「joint」という記事を書いた。

あれから進化し続けている。人は人によってしか磨かれない。ジョイントとは簡単に言うと、潜在意識を意識化することだ。無意識の意識化。霊の認識である。

人は皆、潜在能力を秘めている。その中に、本来の使命・役割が隠されている。

大学やセミナーでいくら知識をため込んでも限界がある。それは人間の表の領域だからだ。人間の裏の領域である、霊魂を把握しない限り限界が来る。その限界は表の概念が作っているのだ。

はっきり言おう。自分自身も知らない自分がだれにもいる。それは自分ではわからない。だから他人が絶対に必要なのだ。

愛のある仲間からのサポート無くして心は開かない。心を開く場として、「クーピー」や「いちゃりばちょうでい」という場を用意している。まずはそこに飛び込んできてはどうだろうか?

その先にジョイントはある。
東京では、毎月第3土曜日。
沖縄では、毎月末の日曜日にどちらも夜19時ごろから「いちゃりばちょうでい」という交流会をしている。場所はもちろんキッカケの店、「Birth」である。

我々の活動やジョイントについて知りたい方は一度来てみてはいかがだろうか?

ジョイントへの入り口、きっかけとして、様々な場所を用意している。しかし、ただ訪れるだけでは、表しか見えない。ジョイントは裏の世界なのだ。

だから、意識の高い人間、本気の人間しか、入り口になり得ないようになっている。

Birth西麻布
http://www.e-birth.jp/
Birth Lilac ~沖縄読谷~
http://birth-okinawa.com/
NPOクーピーファッションアートグループ
http://coupii.org/
猫寺 祐天寺庵
http://nekodera.jp/

Birth Lilac OPEN!


以前紹介した読谷村のカフェが、Birth Lilac(ライラック)となり
OPENいたしました!!めでたいめでたい!
http://birth-okinawa.com/

製作した新たな看板。58号線から見えるところに設置されます。
記念すべき、お客様第一号は、ミュージシャンのこの方!
http://birthlilac.ti-da.net/e2459830.html
ここの売りは、手作りの庭と洞窟!!
本当に全部手作りです。皆の精魂込めた念が入っていて
雰囲気がいいですよ。是非ご覧下さいませ。
名護まで来るのは辛いというあなた、読谷村までなら来れるでしょう!
是非、お待ちしておりまーーす!!

沖縄プリズム

内覧会にきましたー!

沖縄・プリズム 1872-2008
http://www.momat.go.jp/Honkan/Okinawa_Prismed/index.html

熱波

熱波 (ハルキ・ノベルス)
熱波 (ハルキ・ノベルス)
今野 敏
友達が読んでて、沖縄が舞台だというので早速読破。
おもしろーい。沖縄のことが分かっているとさらに面白いですが、
知らない人はより知りたいと思ういいきっかけになるのでは?

「わかっているのだろう?日本の従来のやり方は、もはや役に
立たなくなっている。例えば、ゼネコン主導の公共投資。<中略>
政府与党は、景気対策と言いながら、結局公共投資で金をばらまく
ことしかできない」

7年前に書かれてたこの本のやり方から進歩がない政府のやり方。
しかし状況はどんどん変わってきている。
あり得ないことがどんどん起こる時代。
事実は小説より奇なりといいます。
われわれの周辺で起きていることは、この小説よりも面白いです。
この小説でも出てきましたが、普段東京を中心とした世界地図を
見ているので、東京を中心に考えがちですが、沖縄を中心とした
世界地図を作ると、
http://www.pref.okinawa.jp/summit/jp/a_la/map/index2.htm
こうなります。
台湾、中国のほうが余程東京よりも近いです。東京へいくのもマニラに
行くのも変わらない。普段自分たちの思考というものは、常識とか
概念に支配されていますが、小説はそれを解き放つ役割もありますね。
沖縄の人たちの心情が少し理解できるのではないでしょうか。
ぜひご覧くださいませ。

魂の叫び

私が沖縄を通して、世間に訴えたいことを、琉球Blogネットワークの
コラムに書きました。
沖縄・琉球の魅力とは?
http://www.edita.jp/okinawaken/one/okinawa17.html

あと、他にも、携帯でコラムも書いてまして、よかったら見てください。
■サイト名
i無料ニュース
■アクセス方法
i-MENU>メニュー/検索>ニュース/天気/ビジネス>i無料ニュース
http://news.yei.jp/i107/?uid=NULLGWDOCOMO
■備考
サイトの閲覧にはマイメニュー登録(無料)が必要になります。
※コラムについても、登録後領域での閲覧が可能となります。

琉球Blogネットワーク

Blogネットワークは、米国では急速に広がっていますが
日本ではまだまだですね。
試しに、沖縄・琉球に関するBlogネットワークをつくってみる
ことにしましたー!
http://www.edita.jp/okinawaken/
Blogを書いていて、沖縄・琉球関連のことも書いたりしている人は
是非ご参加くださいませ。参加は簡単です!
参加してくれるブロガーさんは、こちらからどうぞー!

井の中の蛙

「偉大な発見の種はいつでも私たちの回りを漂っている。
しかしそれらが根を下ろすのは、それを待ち構えている心にだけなのです」
   ジョセフ・ヘンリー(米物理学者)
「井の中の蛙大海を知らず」という諺があります。
森林の環境問題を考えていたら、この諺を思い出しました。
環境問題は、世界レベルで密接に関連していて、全部を把握することは
到底不可能に思えるからです。
森林伐採。その文字だけを追うと、自然破壊のように思えます。
ところが、自然のままにしていては、木は充分に育ちません。
ある程度人が手を入れることによって、自然のままよりは
森も栄えることができるのです。
日本の森の状況を知るには、
「緑の列島」をご覧ください。
http://eco.goo.ne.jp/education/kanbatsu/kanbatsu2004/00.html
現状がよくわかるかとおもいます。日本は、緑が諸外国に比べて多いが、
国内の森林を使わず、国外の森林を使うことで、国内の森が死にかけて
いるのです。
琉球での初めての環境問題も森林伐採が原因だったようです。
http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/tora/2005/08/post_f9e4.html
私は沖縄のこのプロジェクトを始めるにあたって、森林伐採について考えました。
その時に都会の人が持っているエゴに気付かれました。
都会は空気と資源を消費し、田舎が森から空気と資源を提供します。
それゆえ、森を保存しておいて欲しいと都会は願いますが、田舎に住む人も
豊かな暮らしを願うのです。森のまま残しておけば、都会は潤うかもしれない。
しかし、地元に住んでいる人には我慢を強いている構図となります。
六ヶ所村の件もそうでしょう。自分たちから遠く離れた場所に尻拭いをさせていく・・・。
日常から切り離されていれば、心が痛むことはありません。
日本のこの豊かさも、世界(他地域)からの輸入物質によって成り立っています。
生産地が環境破壊してでも、日本に輸出していたら責任はどうなるのでしょうか?
地球規模で、環境への人間の関与を図ることはとても難しいことです。
なので、地域ごとのバランスをとっていく事しかないでしょう。
私は、私が関与することで、無駄な開発ではない、自然と共存した
地域自立の街づくりを志向していこうと考えて実行しています。
私は私のやりたいことで、できることをやります。
結局は各自の生活態度が影響します。商品・サービスを選択購入する
ということは、その製品の背景にある考え方、やり方を支持して
投票することと同意なのですから。
私からの提案として、直接開発に携われない人は、
「サステイナブル・ファンド」に投資されてはいかがでしょうか?
https://www.sustainable-investor.co.jp/si/fund/top.html
皆さんの資金という投票権を、環境問題解決のファンドへと投資することは
僅かな資金さえあればすぐできることですから。
冒頭に上げた言葉のように、解決策を始終求めている人にしか
偉大な発見はやってこないことでしょう。