エウレカの快感

橋下氏が大注目を浴びている。またしても、沖縄がキッカケになり世間を騒がしている。面白いことだ。沖縄絡みのニュースが出ない日はない。そして中国は尖閣諸島に領海侵犯を繰り返し、インドでも同じように国境を超えて軍人を送り込んだりしている。

中国は賢い。権力闘争も命がけだからこそ、真剣にやらねば自分がやられてしまう危機感がある。一歩間違えば人民に何をされるかわからない。だから恐怖も必要だし敵も必要だ。まわり回って自分に返ってくるものだが、そんな長期的な視野で動ける時代ではない。
日本もそうだ。日々目まぐるしく動き、ビジネスでもスピード優先の時代だ。地球の歴史を振り返ってみても、段々と加速しているのがわかる。人類が地球史に登場して、全世界を覆い尽くし環境さえも変えてしまうほどの力を持つのに数万年しかかかっていない。恐竜時代より圧倒的に早い。そして、その人類史の中でもここ数十年の発展は恐ろしいほどの速さだ。
かつて、一世代に一つあるかないかの発見が、一年で何十もあるほどだ。バブルの起こる期間もドンドンと短くなり、次の金融危機は致命的になるのではと言われている。そのサイクルの速さは、あらゆる分野にまたがり、そのうち小学生でも起業というスピードを要求しだすだろう。
善悪ではなく、大きな流れで見た時、それは自然の宿命でもある。そして、やがて極大を迎え破局にいたり、新たなスタートとなる。経済発展という狂騒曲の中で、スピードと規模が求められていく。その先を自分たちは見ている。
世界から見れば、日本はやはり変わっていて危ない国だなというイメージを自ら率先して作っているのだ。そのためのネタ(橋下騒動)を提供し、やはりそのとおりだとその餌に世界は飛びつく。領土問題などでもどんなに正しいことを言っていたとしても、世界は弱肉強食で動いているから、その正しさには意味が無い。彼らにとって意味のあることだけが報道されていく。
世界から見たら変わり者の日本。つまり、障がい者扱いなのだ。日本人はエコノミックアニマルと呼ばれていたのを覚えているだろうか?アニメも含めて、とかく変わっているという認識なのだ。
半端に普通の国など目指さないで、トコトン変わった集団になればいい。同調しやすい人柄だから、変化は一気に流行となり、常識を変えていくだろう。この変化への適応能力は世界には想像もつかないのだ。
軍隊持つより、初音ミクが安全保障になるかもしれない。国家という枠組み、既存の概念からの脱却、脱藩思考が次世代を作る。そのための沖縄だ。
価値の逆転で、日本の価値観が全世界のトレンドになるかもしれない。それを目指す必要はないが、かつての武士道や茶道のように、道を極める発想が生きてくる。オタク道、経済道となったら面白い。いま趣味の世界に生きている人ほど可能性があるだろう。
その中で、菩薩道ほど楽しいものはない。人生という舞台で遊ぶには、菩薩道という概念を理解したら、こんなに価値が有るものはないと誰もが思うだろう。素晴らしいからこそ、誰にも出来ないのだ。だからこそまた価値がある。
新しい発見をした時の快感を一度味わったら、伝えたくてしょうがなくなる。自分が好きなものも伝えたくなる。喜んでもらえたら尚更に伝えたくなる。カンブリア紀の大爆発のように多様な生き方が起こってくる。
パラダイムシフト、常識の革命こそが混迷の時代を生きる光となる。

「エウレカの快感」への1件のフィードバック

  1. 変わった人ですか。趣味は人間観察です。他人に勧められた作品を見たり、聞いたり、読んだりすることが好きです。
    アメリカには日本ではあまり知られていない、しかし、彼らのプロテスタンティズムを象徴する作品がいくつもあります。
    パウロ・フレイレの『被抑圧者の教育学』もその一つです。
    たとえば、日本はベトナムからの留学生を積極的に招待しています。彼らと共に日本語を学んでいるのですが、訪日した彼らに待ち受けているのは低賃金の長時間労働と、日本人とは隔離された生活様式です。
    彼らと話をしていると親切で優しいのですが、時折みせる抑圧者の態度を見ると、彼らの職場や学校のことを考え「日本人に彼らをこうした責任があるんだな。」と感じます。
    学校、職場、家庭あらゆる環境で抑圧者が被抑圧者を虐げ、被抑圧者が抑圧者的となり更に下の者を虐げる罪の伝染が蔓延しています。
    わたしたちがこの問題を解決するためには、抑圧者的ではなく、被抑圧者が立ち上がり上の者と戦いながら、自らが下の者に対して抑圧者となっていないかを確認し続ける根気強い作業が必要です。
    今この国を変える為には一人の知識ではあまりに時間がかかり過ぎますし、精神的にも穏やかさを保つことは難しいと言わざるを得ません。
    ですから、救いを求めている一人一人の上に真の教育とは何かを伝え続けなければならないと信じるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です