回想

 6年前の今日、「今年は」というBlogを書いた。

「こうして諦めないで作っていった土台を元に、40代は世界貢献できるようになりたいなと思うようになりました。
今までは目標がないから、いくらでも成長できるとおもっていましたが、漸く、自分なりの理想像が見えてきた感じです。まずは、6年後が楽しみです!!」

あれから6年。自ら予言した6年後に本当に土台ができていて驚きだ。6年の間に、涙あり、戦いあり、笑いあり、色々あったから、根性が鍛えられた。もうすぐ先が見えるのではないかと葛藤を抱えながらも、なんとかここまでブレずに続けてきたことを誇りにおもう。共に求め続けて一緒に戦ってきた同志の存在が、今もとても頼もしい。
何があっても切れることのない信頼。必死でやってきたからこそ、ぶつかり合い、残ったメンバーも少数精鋭。いよいよ、守破離でいえば破の段階に来た。今まで学んできたモノを次のステージへと引き上げる時が来た。
間違える勇気が必要だ。正しいことだけでは前に進めない。時には間違えることで伝わることもある。真面目脳を超えて、正しさの枠から超えられない人の代わりに間違える勇気を。
こうしていたら間違いはないという枠組みから外れるのは勇気がいる。自分も今まで魂が感じることを学ぶために守ってきたやり方がある。そこにいたら安心だが、間違えたらどうしようという不安も常に伴う。
何もしても不安は尽きない。不安を希望に変えて、自分なりの道を表現する。
今が幸せじゃなければ、未来も幸せではない。完全な幸せなんかない。自分ただ一人の心の平安だけを求めているわけではない。共に感じたいからこそ、社会に働きかける。自分たちがやりたいことはまだまだ道途中だが、形にできる仲間と可能性の芽とイメージがある。
6年前に比べて進化している。6年前の言葉を読み、経験前だからこそ純粋な部分もある。
これからも諦めずに向かい続ける。
生存戦略しましょうか。by 輪るピングドラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です