国つくり

朝、太陽がのぼり生まれる。夜、太陽が沈み死ぬ。

毎日生と死を繰り返している。
今、戦後日本という日が没しようとしている。
もうすぐ日没だ。暗く先の見えない時代だ。
不安でいっぱいだろう。
が、明けない夜はない。もう既に次の日は登ろうとしているのだから。
産みの苦しみがあるから、誕生は歓喜となる。

逆に言うと、今しか苦しめない。その感情を心に刻むことだ。
あとで懐かしく感じるだろう。辛いことのほうがいい思い出になる。
いつか、笑って想い返せる日が来るのだから。
今しかできないことを味わおう。
苦しんでいる貴方のそばで、私は一緒に支え戦うことが出来る。
自分が苦しい時、貴方もそうしてくれる。そこに創造の絆がある。
時代は些細なことから作られていくのだ。

「国つくり」への5件のフィードバック

  1. 自分は20代前半ですが、団塊の世代の方々に「今の若者はダメだ」などと言われることがあります。
    しかしそれは違うと思います。
    終戦直後に生まれ、就職は高度成長期で企業からは誰でも引く手あまた、学生時代は学生運動なんかでろくに勉強せず、バブルの頃は30代~40代で金は使い放題。
    一体いつ苦労したんでしょうか。
    一方今の我々の年代は、生まれた時から不景気不景気とニュースなどで聞かせられ続け、
    子供が望んだわけでもないゆとり教育によりダメだというレッテルを貼られ、
    いざ就職となれば各企業に団塊あたりの「金のかかる」人間が多いせいで門戸が狭く、重労働低賃金の仕事しか無く、
    これからは多すぎる老人たちの世話をしていくことが義務づけられています。
    本当に今の若者はダメなのでしょうか。
    事実、英語なんか明らかに若者の方が得意ですよね。
    IT関係では団塊世代なんて全く役立たずでしょう。
    これからは国際化の時代。
    もっと若者に期待してくれてもいいんじゃないでしょうか?

  2. 今しか苦しめない
    っていいなと思った
    遠距離恋愛みたいに…感じた
    会った時に、ものすごく愛するみたいに
    今の苦しみは、愛があるからなんだって
    思ったら、苦しみも吟味することマルゴト愛なんだと思うみたいに 感じた!

  3. 国の夜明け
    国は、人間で
    人間は、心で
    自分の事を、情けなく思ったり、壁を壊そうとして自分を信じてガムシャラな人とか、“大衆”と呼ばれる人々(普通の概念、輩、一般人)や、弱くて結論を出そうとする人、泥沼で闘う人
    自分を見つけようとしてる人
    思いやりがある人
    色んな人と思い
    生きる 素直な
    みんな繋がってる
    言葉にしてもシックリこない
    でも頑張って生きてる
    国は、愛は、そういう言葉にならない思い(天使と悪魔も存在してるけど)が根をはっていると感じる

  4. 仏陀
    みほとけ
    キリスト
    そして
    あらひと神様
    尾関茂雄殿???
    万歳!万歳!万歳!
    \(^O^)/\(^O^)/
    \(^O^)/\(^O^)/
    \(^O^)/\(^O^)/
    益々の御多幸と美貌を確信しております
    弟子
    奥村より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です