世の中はカンニングで成り立っている

今の世の中、新しいモノで満ち溢れていると勘違いしている人が多いが、ほとんどのものは実はカンニングによって成り立っている。

事業だって、本だって、ほとんどのものは何かのパクリだ。著作権などの法律によって、そのスレスレのところで世の中は成り立っているのだ。

学校ではカンニングはいけないと教わるが、実社会においては「うまくカニング」できる人が成功している。これが業というものだ。

成功事例を真似るというのはわかりやすいカンニングだろう。成功法則を求めて、多くの人は本やセミナーに投資しているが、これもカンニングして実を取ろうとするからこそだ。

しかし、そこにあまり意味は無い。
表のテーブルと裏のテーブル」でも述べたように、表だけカンニングしても意味がない。カンニングするなら、表と裏の両方をカンニングしなければならない。

では、究極のカンニングとは何であろうか?
それは、霊長類である人間の霊魂を知ることだ。

相手がどんな霊魂かわかってしまえば、その人間の心を掴むことが出来る。云わば、その人間の裏がわかるということだ。

表は日常会うときの建前も含めた人柄、裏はその人の根本にある本音を越えた霊魂。本人すら、自分の裏を知らない人が多い。無意識、潜在意識の領域だからだ。しかし、実は少し本当は気づいているのに、認めないだけの部分もある。

実際のところ、霊魂を知ってもらった方が、その本人も本当は嬉しいのだ。本当は認めたいのだ。私も霊魂を掴まれたからこそ、自分がわかった人間だ。自分の中にある表と裏。自分のなかにある霊魂。

それをカンニングされ、答案用紙に書かれたら、実際にそれが価値を生み出す。今までは採点もされず、価値もなかったものだ。能力も気づいてなければないのと同じだ。

そのカンニングのなかにこそ、無から有を生み出す錬金術が隠されている。

「世の中はカンニングで成り立っている」への2件のフィードバック

  1. 表の顔がタヌキで裏(ピンチの時に乗り切る★)顔に黒ひょうのスマートさがでるようなもの・・。 
    私も表社会ではネコ被りになってて 
    みんなにイイ顔したいという本音からなのかみんなに好かれていたいと思っています? 
    時々信用できなくなって 
    自分の醜い憎悪みたいな顔もあるけれど、それは身に隠して頑張るのだ。☆そしたらやがてホントの自分とに出会えるかなって思います? 
    みんなも(*^.^*)
    そうですよねって 
    信じてますものです♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です