特別な投資をされたい人へ

この記事は、題名通り「特別な投資をされたい人」のための記事であり、それ以外の人は誤解してしまうかもしれないが、できるだけ本質だけを読み取ってほしい。

「菩薩の仕事」でも少し触れたが、投資されたい人、つまり「資産を持たない者」へ、その極意をお教えしようと思う。

勘違いしないでほしいが、「お金を流す」ことが菩薩の仕事ではない。ここでは、「特別な投資」の話で、普通の世界の金融業界的投資の話ではない。その本質を感じ取ってほしい。

まず大前提として、お金の世界の矛盾を頭に叩き込むことが重要だ。

「資産を持つ者」は、お金など求めていない。つまり、すでにお金に興味はない。
「資産を持たない者」は、お金を求める。つまり、お金にものすごい興味がある。(気をつけるべきは、ベンチャーキャピタルやファンドなどは投資する側だが「資産を持たない者」だ。)

つまり、両者は、まったくと言っていいほど違う世界に生きており、その両者の世界では、「常識」というものが全く異なるのである。だから、「持つ者」と「持たない者」がお互いの世界の常識で話をしたとしても、かみ合うはずがない。

例えば、「持たない者」が投資をしてほしい!と考えたときに行うプレゼンなるもの。そのプレゼンは、自分が考えた事業が如何に儲かるか!を根拠をつけて説明したものである。

しかし、そんなものには何の意味もない。「持つ者」は、儲かろうが儲かるまいが知ったこっちゃない。

だから、その人がどんなに一生懸命お金が儲かるかを説明しても、興味がない。プレゼンが終わったときには、「・・・で?」という感覚しか抱かないのだ。ただ単に、「また儲け話か、つまらないな」と取られるだけだ。

プレゼンした人のほうも、「反応が薄いな、何か気に障ったかな?」と意味がわからない。ものすごい頑張って考えたプレゼンに対して、全く反応が薄いのだから。そして、プレゼンの何が悪かったのかを探そうとする。そこに正解はない。

また、「社会貢献」という言葉も一つ気をつけなければならない罠である。「社会に貢献するために!」という大義名分を持って、事業を説明してくる人が多い。

実際、本当に社会のために!と思っている人もいるのだろう。しかし、「資産を持つ者」にとって、「社会貢献」などはどうでも良く、興味がない。というよりも、本当におもしろい事業であれば、「社会貢献」などという大義名分を持ち出さなくても、それが社会貢献に繋がることを知っているのだ。だから、「社会貢献」を堂々と表に出して事業をやろうとする人が、「嘘」をついていることも知っている。(こんなことを言うと、「みんながみんなそうではない!」と反駁されそうだが、それも正しい。これは「資産を持つ者」の視点であり、それが良いか悪か、という議論に意味はない。)

では本題に入ろう。どうしたら「資産を持つ者」から特別な投資をしてもらえるのだろうか。

簡単なことだ。「資産を持つ者」が何を求めているのかをわかれば良い。間違ってもお金ではない。

だが、これが意外と難しい。「資産を持つ者」の世界は、「持たない者」の世界とは全く違うので、普通の「常識」や「概念」は通用しない。ある人間が全く違う世界の常識や概念を身につけるのは相当難しい。いや、難しいというよりも、「勇気がいる。」なぜなら、今まで自分が生きてきた常識や概念を一度ぶち壊さなければならないからだ。自分の生きてきた人生を全て否定する、と言ってもいいし、自分が今まで培ってきたもの全てを捨てる、と言い変えても良い。

それには、相当の「勇気」と「覚悟」がいる。半端に何かを身につけてしまった人のほうが、抜け出せなかったりする。

まずここで、「自分の人生を否定できない」人は、脱落するしかない。次に「自分が培ってきたことを捨てることができない」人も、脱落するしかない。一生、自分の世界だけで小さく縮こまって生きていくしかない。

そして、自分の人生の否定を行い、培ったものを捨て、常識や概念をぶち壊した人間にしかいけない領域がある。そこでは、不思議なことに、今までの自分の人生、培ってきたもの、常識や概念が全て活きてくるのだ。

一見、矛盾しているように思えるが、何の矛盾もなくそうなのだから仕方ない。

それが、私がいつも言う「特別な世界」であり、それを求めている人を繋げるのが、「菩薩の仕事」なのだ。

話を戻すと、その世界では「資産を持つ者」が求めているモノが手に取るようにわかる。普通の世界の常識や概念を超えた世界だからだ。だから、自分の常識や概念を捨てられない人に、特別な投資は100%ない!と断言する。

逆に、自分の常識や概念をぶち壊し、特別な世界の法則を掴んだ人間は、100%特別な投資がある!と断言できる。

そして、この「特別な投資」というモノが、お金だけではない、ということを言えば、少しはこの記事の本質が伝わるだろうか。

その本質がこの菩薩ブログの至るところにちりばめられている。全ては用意されているのだ。

常識や概念をぶち壊す方法もあるし、特別な世界の法則を掴んでいる人もいるし、それを実践するための「資産を持つ者」も大勢いる。

正直、みんななぜ飛び込んでこないのか、不思議でしょうがない。自分ももっと菩薩の仕事を加速して行わなければ!!

「特別な投資をされたい人へ」への3件のフィードバック

  1. 「資産を持つ者」も、たまにはプレゼンしてみたらいいですね。
    私はいろんな意味で辛口らしいので、なかなか投資しませんが。

  2. 尾関さんこんにちは
    さぁ
    今の時代みんなが本当にほしいのは自分じゃないかな?と思ったことある
    見えないものが見えてもどう生かせばいいのか試行錯誤です
    結局死ぬことも悪くないし楽しみですらある私個人にあんまり恐怖や不安の妄想がないです
    お金もいらないし
    みんな食べられたら
    いいんじゃない?
    日本はなくなるだろうな
    そもそも逃げ場なんてあるのか?
    みんな繋がってます
    からね
    これも最初からのシナリオでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です