人間はどこで満足するのか?

普通の世界は、比較によって思考されている。

例えば、ブルジェドバイ。世界一高いビル。上空は人間にとって適切な環境ではない。高すぎるほど、景色という美は損なわれ、開きもしない窓に囲まれた閉鎖空間である。

そこに何があるのだろうか?
その先に何があるのだろうか?
くだらない見栄の張り合いである。次に、どこかの国が「こっちのほうが高い!」などと言って、追い越し追い越されの、永遠の魔界の入口でしかない。

例えば、コーヒー。
「このコーヒーおいしい!」というのは、~と比べておいしい、ということだ。では、豆がよかったらおいしいのか?プロが入れたらおいしいのか?

どこまでいったらそのおいしさに満足できるのだろうか?その先に人間として満足できるところなどない。一時の幸せでしかない。

世界一おいしいコーヒーでも毎日飲んでいたら飽きるものだ。人間とはそういう生き物である。

例えば、お金。
どれだけお金を持っていたら満足なのか?
お金をいっぱい持っていて豪遊できたら満足なのか?

その先には孤独と虚しさがあるだけだ。
自分はお金を持っている!と言っている人間こそ、本当は寂しいのだ。寂しくなかったらそんなことを他人に言う必要はないのだから。

どのくらいお金を持っているかなんて、比べても上には上がいて、どこまでいっても満足しない。

逆に失う不安に陥るだけだ。一番魔界に入りやすい魔物である。お金を持つのであれば、まずは、それを持つことができる器を身につけなければならない。

「比較」は魔界の入口になりやすい。比較はキリがない。終着点がないのだ。終着点がないということは永遠にそれに囚われ執着し、抜けだせないということ。つまり、その先には何もないということだ。

どんなに栄光を掴もうが、それは過ぎゆくもの。

私は、あなたに自分のオリジナルの魂を見つけ出すためのキッカケを与えることができる。
その環境が整った。みんなに時代を享受してほしい。

「人間はどこで満足するのか?」への5件のフィードバック

  1. 今の私にはとってもとっても難しいけれど、比較から自由になれたら…と、常に思います。
    誰かに賞賛されるからではなく、目で見て、数字で見て、何かに優っているからでなく、自分自身が満足しているかどうかを繊細に感じ取ることができれば…。
    それができるということが、人間の品性に深くかかわっているように私は思います。
    オゼキさんの言うとおり、自分の外側に満足を求めて何かを手に入れても、手に入った瞬間からそれはどんどん灰になっていくのを感じますし…。
    最後の文章、私には真意はよく分かりませんが、オゼキさんの言う「菩薩」にまた一歩近付かれたのでしょうか??
    おめでとうございます。

  2. コンバンワ。
    大分以前に今回と似たような話で『青い鳥』の話を
    しましたが今回のお話も近い内容ですね。
    人の満足は他者との比較ではなく、自己の内側にあるモノでしか得られないと考えています。
    しかし尾関さんのおっしゃるように、持っている方やなどは三次元で見えるモノで満足を得ようとしている。
    人は自己の成長を認識するときは何で確認するでしょうか?
    目の前にある課題のクリアを必死に辿った結果、あとから認識できるとすれば、一歩一歩の歩みが大切だと思います。

  3. 友達の家族は面白いです。
    妹さんがお金持ちの男性と結婚しました。
    弟さんは画家を目指しています。
    お母さんは、主婦で『いつか幸せになる』といっているそうです。
    私は…この因縁を見て
    これでは、いつまでたっても悟れないと思いました。
    だけど私の友達、当の本人は、よく『幸せだ…』と言います。
    彼女が私にロイヤル紅茶をいれてくれました。
    いろいろブレンドして
    『これは日頃の感謝の気持ち』
    とさりげなくいれてくれました。
    心に沁みる 深い味でした。
    尾関さんのブログとシンクロしています。
    私は、本当に『おいしい』とか『幸せ』っていうのは 心から心へと染みてくるものだと思いました。

  4. 週末二泊三日の東京は今年二回目でした
    私の両親の金婚式に、東京観光のプレゼントを計画しました
    ライオンキングを観劇したり、NHKを見学、国会議事堂を見上げ、皇居のお堀端を二重橋まで歩き、東京だよおっかさんと写真にならびました
    指差しながら楽しそうに話し、ご飯のおかずをやり取りする姿、渋谷のハチ公はこんなに小さいから人混みで見えないねとか、ビルの壁面のモニターに東京は凄いねーと楽しんでくれました
    ホテルを後にする時、宅配便の荷物を運びにツインの部屋に入ると窓際のベッドに2人分のパジャマが置かれて一つの布団で休んだのが伺われました
    私も今年銀婚式を迎えました
    25年目のラブレターを郵便局から妻に送り感謝の気持ちを伝えましたが、帰宅すると背中を向けて涙ぐむ妻は何も言いませんでした
    金婚式に一組の布団に休む両親の息子に生まれた事に感謝し誇りに思いました
    日曜日、東京マラソンのクーピーに予定していましたが、お会い出来ず残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です