パワースポット巡りの無意味

多くの人は、神社仏閣に行く時に御利益を期待する。エゴの為に参拝するのだ。本来は現世的な利益を期待する場所ではなく、自分と向き合うことのできる特別な場所である。

様々なつながりから、今生きて存在していることに感謝を捧げ、自分と向き合う。感謝と内観は日常でも大事であるが、特別な磁場があるからこそ、更に深いものとなる。

経営者の中にも信心深い人は多い。昨今は、パワースポットめぐりと称してパワーをもらいに行くという。

そんなパワースポット巡りが大好きな経営者や政治家から、パワースポットの案内と、沖縄の霊能者であるユタを紹介して欲しいと頼まれることが多い。それは別に構わないのだが、いつも注意をする。

「ご利益を外に求めて何かを引き寄せても、その分代償を支払うことになりますよ。パワーを得たと思ったら、知らぬ内に魂を売っていたり、悪霊を身につけてパワーと勘違いしたりします。」

そういった人たちが抱える問題への答えは、自分自身の内側に既にある。それを知るためのヒントとして霊的パワーを活用するのであれば意味がある。また、ヒントを得たとしても、助言する第三者がいないことには、自分のエゴの為にどんなパワーも悪用してしまう。

霊的なもの、神秘的なものというのは、興味深いものだ。しかしながら、霊的知識はただそれだけを探求しても、好奇心が満たされるだけでキリがない。パワースポットを周り、エネルギーを貯め、自分の殻を破っていくことが本当の目的なのに、いつの間にかパワースポットを回ること自体が目的になってしまったりする。(ほとんどの人がそうなのではないだろうか。)

結局は、感性を磨き、信号を得て、今どんな行動をするかにかかっている。ただ、それだけだ。その信号を感じるために霊的なエネルギーを使うだけ。それ自体はきっかけに過ぎない。問題を解決するのは自分自身なのだ。

霊を商売にしている人は多々いる。彼らは自分でもどこまでわかっているのかわかっていないが商売だから適当なことをいう。そうした商売に依存は危険だ。頼ることで自らの光を弱めてしまう。

本当に何でもわかるなら、その人自身が政治家や経営者にでもなればいいが、霊的な人は常識的なことが苦手だし、全部わかるわけでもない。

よく言われる例えだが、グラスに半分入った水をみて、「あと半分もある」というか、「あと半分しかない」とみるかで印象が大分変わる。同じ事象を見ても、占い師・霊能者の立場によっては全く違うことを言ったりするのだ。

見えない世界のほうがより慎重さが要求される。言葉通りでなかったり、言葉の概念が双方で違ったり、とにかくお手軽なものではない。

というものの、その人に合った段階が用意されているので、心の赴くままにして段々と深めていけばいい。当たり前かもしれないが、大成功している人ほど、陰にユタや官僚などのアドバイザーが付いている。

そして実は、神社仏閣などは堕天使と呼べるような人たちが大口寄付していたりする。映画「コンスタンティン」で大天使ガブリエルが堕天使になったように、何かに秀でている人は表裏一体の要素があるのだ。

よく私が、「善悪はない」というのは、こういうことを考えてみてもわかるだろう。

「パワースポット巡りの無意味」への6件のフィードバック

  1. 尾関さん、まったく同感です。
    それを自分もよく体験してきました。
    最近では聖地巡りをすることはあまりありませんが、
    行った先々で、神社とか挨拶するべき場所で
    挨拶とかそこに辿り着いたことへの感謝を述べたりはします。
    >「堕天使と呼べるような人たちが大口寄付していたりする」

    なるほど、至極納得しますね。
    ちょうど今、堕天使も含め、キリスト教の世界も、僕のテーマのひとつです。

  2. こんにちは!
    私も沖縄に来てからは斎場御嶽(せーふぁーうたき)に行った事があります。天気が良かったのと、良い気が流れているとの前情報も手伝ってか、すごく気持ちよい散策となりました。
    確かに、ここはパワースポットかもしれませんが、本土暮らしのとき足を運んだ、上高地、尾瀬、日光の散策と同じくらい気持ちが良かったです。あと、なんだか知りませんが近所の小さい公園で「プリン山公園」もちょっと好きだったりします。自分の心の状態で、どこでもパワースポットになったりするんだな。。って思いますね。ちなみに、斎場御嶽から神の島を臨みながらしたお願い事は、「自分とかかわりのある人々が少しでも幸せになりますように・・」です。
    何かの本で読んで知った実験ですが、同じ病のAさんとBさんに対してAさんだけに、何人かの人達が毎日「Aさんの病が良くなりますように」と祈った(願った)そうです。
    実験の結果BさんよりもAさんのほうが回復が早かったとの事。ABさんの状況による要因があったかもしれませんが、この話を聞いたとき、気づいた時だけでも自分の好きな人たちの事は幸せになるように願う事にする癖がつきました。
    また話がずれてしまいましたが、尾関さんにも少しでも心に平和が訪れますように・・!
    (余計なおせっかいですね(^^;)

  3. ほんと~に最近のふぁーふぁさんのコメントはさえとるなあ!と思います。
    共感。この日記、またじっくり読ませてもらいます。
    自分が弱ってるときは何かに頼りたくなり、自分が満たされてるときは、占いはまったく必要ないです。
    何に頼りたくなったら、危険信号だと、私は思います。
    でも、政治家や実力者にはユタや占い師が助言しているというのもうなずけます。

  4. パワースポットって、自分だけがここに来ると感じるという場所が、私のパワースポットです。そこに来るとほっとするので私的には無意味ではありません。いつもうまくいっている人は急におかしくなったりします。それはいろいろな感謝を忘れて悪い事をしている自分に気づかないからだと思います。世の中のどろどろな世界は知りませんが、どろどろが普通の生活になってしまうのでしょうね。話は変わりますが、TVの「料理王」見ました。奥様、ものすごくマイペースでおもしろいですね。微笑ましいです。平和な感じがしましたよ。(笑)

  5. こんにちは。 ご無沙汰しています。
    最近の情報誌などでよく沖縄の事が書かれ
    パワースポット等 が多くかかれていますね。
    水晶等にパワーをチャージしたとかで
    それを売買したり・・・
    しかし感じてほしいのは,そこに生きてきた人々の生活
    歴史などを学んで欲しいと感じています。
    その場所が人との関わりでどのように成り立ってきたか?
    先日,読谷のお店に伺わせていただきました。
    Yさんと元旦の記事や今後の活動などを話し、お会いした
    方々の近況も教えて頂いて楽しい時間を過ごせました。
    また訪問する予定でいますので、お会いできたらいいですね!

  6. いいですね!
    ストラーーイク!という気持ちのいい文章ですネ。
    まったく同感です。毎日感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です