魂の器

先日とある上場会社の会長さんに引き合わされた。
元はその会社の社長さんが精神的に悩まれているので紹介したいという話であったが、紹介者の方から詳しい話を聞いて行くうちに、問題は社長だけでは解決しないという感じを覚え、まずは会長からご紹介頂くようにお願いした。

人間関係にもパターンがあり、そのパターンから判断するに、会長がキーマンだと感じたのだ。人間関係は曼荼羅模様で、その人だけを見ても判断ができない。周囲の人間関係を見ていくことで、働きが予想できる。

会長さんとまずお会いして、物静かでとても理知的な人であったが、秘めたパワーを感じた。話してみると、配偶者の方も精神的に悩まれていたという。この方は色々と沖縄ともご縁があり、今回の話を受けて、更に我々とも縁を感じてくれた。詳しくは書かないが、シンクロがあったのだ。

私がみるに、会長さんのパワーが強すぎて、本人もコントロール出来ていないと感じた。

魂には器があり、その器次第で影響する範囲も変わってくる。ただの魂のほかに、民族魂、時代魂、支配魂などがあり、良くも悪くもそのパワーで、周囲の人は影響を受けてしまう。詳しくはまた別途。

で、彼は間違いなく最低でも、民族に影響を与える民族魂の持主であるが、きっと本人は自分のパワーに気づいていない。話の節々で、自分を抑えているように感じた。

魂が本来欲している役割を応援するために我々はやっている。その旨の話をしたところ、彼はこう語った。「精神的に悩む人は、その人の問題だと思っていたけど、実は自分にも原因があるのかもしれないと思った」と。

会長さんは、年下の私にも謙虚で、話をノートにメモしたり、私の原点を確認されたりと真摯に話を聞いてくださった。こういう人格者のためならば、全身全霊で応援する。進化の為に、新たなキッカケと環境づくりで役立てれば幸いだ。

映画「ゴッドファーザー」を見ればわかるが、富と権力を得ても、因縁で苦しむものだ。因縁と愛の関係となり、深い敬愛をもって仕事に打ち込めるのが何よりの幸福だ。

因縁を無視して仕事に打ち込んだとしても、ゴッドファーザーのように、愛する者を失い、
無味乾燥の世界を生きるようになってしまうのだ。

「魂の器」への5件のフィードバック

  1. 尾関さんの仕事がわかった気がします。
    誰にも解決出来ないことをお手伝いしたり導いたりしていらっしゃるのですね。
    もっともっと深く知りたいです。

  2. あるTVで見たのですが、某大手会社社長さんの奥様が自殺未遂まではかるという、苦しまれていたというお話がありました。社長に上り詰めるまでその方は大変御苦労なさったとは思いますが、家のことは見ていなかったのでしょう。その方は同じような思いを社員にしないように、フレックスなど採用したり工夫されたようです。毎日電車で通う、社員と同じレベルで謙虚な方でした。その方は仕事は出来ても仕事に偏りすぎていたようでした。精神的な病気は、環境やストレスや性格でも一つの原因かも知れませんが、本当は脳の病気で、原因がはっきりしない病気の一つです。誰が突然なるかは分かりません。まずならないようにするにはストレスをなるべく軽減することで、根本的に解決しなくてはならないと思います。胃や腸や、がんやその他体にくることもあるのが心にきただけだと思います。いくら生活習慣がよくても、突然なるのが病気です。誰もがなりうる他人事ではないのです。ですから何でもバランスが大事だと思います。何でも偏りすぎると何かが足りなくなったりして、宇宙の法則のような感じだと思います。例えば優しいという人がいていいように思えますが、優しすぎても他の競争などに負けてしまいくずれる事もあり得ます。健康は毎日元気なのが当たり前のようですが、それを当たり前と思わず感謝するべきですね。

  3. こんにちは☆彡以前も尾関さんのブログを見ていたのですが、以前よりも内容がスピリチュアルっぽくなりましたね!私もそういった感じの事に興味があるので、読むのが楽しいです♪いつ頃の記事からこういう内容になったんですか?

  4. 早く更新していただきたいです!
    クーピーの由来も教えてください。
    心待ちにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です