夏の終わりに

F1000091
F1000091 posted by (C)ふぁーふぁ
二度と戻ってこない夏が終わりに近づいている。
セミの声が切なく聞こえてくる。
久しぶりに実家の周囲をめぐった時、
思い出の場所はほとんど住宅地になっていた。
少しだけ残る変わらぬ場所。
いつまで残っているだろうか。
変化の時代だ。だからこそ、今のこの瞬間を
大切なものに心をおきたい。
「葉隠」の忍ぶ恋のように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です