メシアの処方箋、神様のパズル

友達に推薦されて、「神様のパズル」を読んでみました。
DVDで見たかったですが、見つからなくて、コンビニで
たまたま同著者の「メシアの処方箋」と二冊売っていたので
早速買って読破。
宇宙論が好きな方は、神様のパズル。
根源的な疑問、宇宙はどうして存在するのか?
どうやって作らられたのかを追及するなかで見えてきた
人生の意味とは?
私は「メシアの処方箋」のほうが好みです。
人間の本質である、好奇心を追及し続けてきた科学の行き着く先は?
またゴーギャンがいう、
「人とは何なのだろう、人はどこから来てどこへ行くのだろう」
こうした問いがお好きならぜひどうぞ。
目先のことに埋没しがちな日々から視野を広げてくれるでしょう。
神様のパズル [DVD]
神様のパズル [DVD]
三池崇史,市原隼人,谷村美月,松本莉緒,田中幸太朗,岩尾望,六平直政,塩見三省,遠藤憲一
神様のパズル (ハルキ文庫)
神様のパズル (ハルキ文庫)
機本 伸司
メシアの処方箋 (ハルキ文庫)
メシアの処方箋 (ハルキ文庫)
機本 伸司

「メシアの処方箋、神様のパズル」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です