BLOG IT! from 水道工事中に不発弾爆発-琉球新報

糸満市小波蔵で水道工事中に不発弾爆発 2人が重軽傷 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

14日午前8時20分ごろ、糸満市小波蔵321番地付近の歩道で、建設業従業員の古波蔵純さん(25)=豊見城市宜保=が水道工事のため重機で掘削作業中、突然爆発が起こった。糸満署によると、作業中の重機が土中に埋まっていた不発弾に接触し、爆発した可能性が高いという。

これが沖縄の現実です。いまだに戦争の影響を受けているのです。
爆発の影響で近くにあった施設の窓ガラスが104枚割れ、
街灯が傾いたといいます。凄まじいです。
こういう日常にさらされていたら、どんな感情を持つか想像できません。
別の記事によると、不発弾処理が完全に終わるには今のペースでは、
80年かかるとのこと。推定500トンも残っているという。
処理する自衛隊の人たちの心労も大変なことです。
東京に居たら感じない沖縄の現実ですね。

「BLOG IT! from 水道工事中に不発弾爆発-琉球新報」への3件のフィードバック

  1. 興味深いブログですね~!
    初めまして。私はseesaaでブログを書いています。
    中国人妻との結婚生活やニュースなどについてのブログを書いています。
    「中国人女性と日本人男性のおかしな結婚生活」
    http://mk196236-1.seesaa.net/
    相互リンクを張りませんか?情報交換しましょう!
    よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
    jpnchncpl-com@yahoo.co.jp
    「中国人女性と日本人男性のおかしな結婚生活」
    http://mk196236-1.seesaa.net/
    それではまた来ます。

  2. 不発弾処理・・・
    内地にいた頃には耳にすることはなかったですが、
    沖縄に来てからはニュースなどで日常的に耳にします。
    いつも安全に処理されていると思っていたら
    このような事故・・・  怖いです。

  3. 爆弾が埋まってるわけですから、それは怖いですよね。
    いまだに警鐘を鳴らし続けているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です