菩薩宣言(ぼさつせんげん)

「人が変わるのに時間は必要ないのだ。たった一瞬で変わってしまう。(中略)
石炭の時代から石油の時代へと変わったように、時代は確実に変わっていく。

人は、安心・安定を求めて行動をし、そこに成長という軸をもって三角形を形どり動いている。成長するから安定し、成長するから安心する。ところが、それがいつしか、やりすぎて、必要以上の成長、安定を求めだしたからおかしくなった。

必要以上のお金を欲しがるのは餓鬼道。
求められているのは、物質的な成長から精神的な成長に変わった。」

2009年10月20日のこのエントリーから、Blogのタイトルを「日々、菩薩の道」と変更しました。その時は菩薩の意味を説明しませんでしたが、当時「長崎出身の主婦」の方が調べてコメントしてくれました。

「菩薩の意味が分からなかったので、調べました。自ら修行し、衆生を教化する人。仏陀に次ぐ位」

一緒に学び、共に歩くのが菩薩で、何かを求めて何とかしたいと願う人はみんな菩薩予備軍です。社会に表立って影響を与えてきた人間は菩薩たちなのです。宗教家に限らず、経済人でも政治家でもスポーツ選手にだって菩薩はいます。善人にかぎらず、悪人であっても菩薩なのです。そこに良いも悪いはありません。長い目で見れば、どんな悪党にだって役割があるからです。ちなみに、影から影響しているのが如来的といえます。

人は、みなそれぞれの考え(思い込み)で生きています。しかし、決めつけては、見えるものも見えなくなってしまいます。自分の近くにはないと思い込んで、頭の上にメガネをかけたまま、メガネを探すことになるかもしれません。菩薩への第一歩は、

「これで本当にいいのか?」と疑問を持つことから始まります。

「本当にこのままの仕事のやり方でよいのでしょうか?」

「当たり前と思って、本当に大事なことを見逃してはいないでしょうか?」

「人生を本当に生きているのでしょうか?」

「必要以上にお金、時間、自由、平等、その他を求めすぎてはいないでしょうか?」

「本当に必要なものとはなんでしょうか?」

 改めて、菩薩の道とはどんな生き方なのかを考えて行きます。 共に学び、共に歩いていけたら幸いです。

「菩薩宣言(ぼさつせんげん)」への1件のフィードバック

  1. リニューアルおめでとうございます。
    以前は尾関さんのように成りたくて同じJUGEMBlogを使っていたのですが、先日から忍者ブログに移行しました。
    なぜなら、わたしは影であり、表で何かをする人たちを支えるという役割を与えられたからです。
    幼い頃に受けた教育指針からなかなか抜け出せない葛藤がありましたが、今では周りの人々に癒されながら魂の潤いを取り戻しつつあります。

    どれだけ名言や神の言葉を聞いても、人の罪は人にしか贖うことができないということを悟りました。
    今は、ひたすら、前に出たいという気持ちと罪悪感からくる恐怖との戦いです。
    好きな祈りがあります。

    「天の父なる神様、わたしの行いがますます見えなくなりますように。わたしの行いを通して、前に出るものがますます立てられますように。」

    未熟ではありますが、これからも邁進して行きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です