行い

5月末に大学で話をした。その時の学生さんたちの
感想文をいま一気に読み終えた。さすがに数が多く、
こんな時間に。
今日のタイトルは、感想文の中で、秋山さんという学生が
つけてくれた私の講演に対するタイトルだ。しかし、
先生って大変ですね。毎回こんなにチェックするのは。
同じ話でも多種多様な捉えられ方をするのが面白い。
多かったのが、「タブーへの挑戦」というのが心に残ったと
いう意見でした。自分の概念への挑戦、社会の概念への挑戦、
様々なタブーがあります。
自分の概念に挑戦するためには行動すること。
これは無理とか、家族が何と言うか、とか言い訳はたくさん
でてくる。
そんなときこそ、自分を信じ、一歩踏み出す勇気が必要となる。
「行い」を続けたものだけが、到達する。
中途半端が一番勿体無い。それならしないほうがマシだ。
学ぶことも出来ない。トコトンやって、失敗でもしたほうが
何にもないよりマシではないか?
少なくとも経験は得られる。途中でやめたら、やっていたら
どうだったんだろう?と一生悔いが残る。
重要なことほど、さっと行い、
些細なことほど、よく考えよう!!
学生さんたちに勇気をもらいました。
専修大学の学生諸君、ありがとう!!!
またお会いできますように。

「行い」への3件のフィードバック

  1. 他の社長のブログでも行動力のことを書いていました。励まされた感じで、勇気が沸いてきそうです。失敗の数だけ成功に近づくものがあるもんですね!

  2. まさじゅんさん、コメントありがとうございます。
    ご夫婦で一緒のBlogを書かれていて面白いですね。

  3. 昨日はご馳走様。楽しかったです。
    タブーへの挑戦をしましょうね、一緒に。でも、一回り違うんだよなあ、あなたが大人なのかボクが子供なのか?

石川淳哉 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です