solo7

ソトコトで勇気付けられるコラムを読んだ。
アフリカのあるお話。
暴動の中、
「戦うな、武器を捨てろ、愛し合おう」というメッセージが
白いペンキであちこちに書かれた。メッセージの下には、
「solo7」という署名。あちこちに書かれていたために、
一体誰が?
正体は、30歳のソロモン。彼は1977年7月7日生まれと
名前のソロモンがアルファベットで7文字だからsolo7と
あだ名がついた。
彼は、機動隊が発砲している最中にも最前線でメッセージを書き続け
暴徒に石を投げられたりしても、やめずに書き続けた。
その白いペンキのメッセージが暴動から逃げる避難民の心を
励ましたという。彼は言う、
自分自身はたとえどんなに小さくても、伝え続けることが大事なんだ
日本にまで届いたメッセージ。私もコツコツと、東京、沖縄、ベトナムで
メッセージを発信続けます。Jointで世界を結ぶまで。
■コラム作者のHP
アフリカの風ネットワーク
http://homepage2.nifty.com/upepo/
・ピースメッセージの壁画の写真はこちら
http://homepage2.nifty.com/upepo/cn6/pg63.html

「solo7」への3件のフィードバック

  1. joint ハッシーと7月に受けたいと思っています。
    あきらめずに、伝え続けることが大事ですね。
    それが、ミッション・愛ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です