ブリッジ

お知らせが来ていたので、二つほどご紹介します。
一つは友人の木戸氏のインタビュー記事。
「現代の黒船と、地球維新の可能性」

目次:
 ■ 「自分とは何者なのか?」という問いが人生を導く
 ■ 現代は、黒船来航で慌てふためいた幕府の姿と同じ
 ■ 国際刑事裁判所の設立は、地球維新に向けた人類のチャレンジ
 ■ 日本は、新たな世界を切り開くことで世界に貢献すべき
 ■ 現代の黒船の正体とは・・・?
 ■ 「トランス・ナショナルな制度構築」と「トランス・パーソナルな思想構築」
 ■ 『コトタマ』 万物は「音」によってできている
 ■ コトタマの原理によって心と体の繋がりが証明される
 ■ 黒船の隠喩とは、限定された世界をトランスしていく力

一緒に革命しましょうねー(^^)主体と客体のブリッジ!
以前、本もご紹介した、桃井さんの写真を使ったサイト

 桃井和馬です。
 「YAHOO ボランティア」というサイトをご存じですか? 
 これはヤフーを通した募金サイトです。
 http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/
 今回の「ビルマ(ミャンマー)サイクロンの緊急支援金」をYAHOO ボランティアでは、呼びかけています。
 
 そのひとつがNGO「ジャパン・プラット・フォーム(JPF)」http://www.japanplatform.org/
で、私の写真を「壁紙」に加工。それが以下のURLから、4枚を1口500円以上の寄付で購入できるシステムになりました。http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/987001/index.html
 NGO「ジャパン・プラット・フォーム(JPF)」は、日本にあるNGO26団体が協力して運営する組織です。私自身、JPFのこれまでの実績を高く評価し、未来への可能性を感じるNGOだと思っています。
 今回の写真4枚は、いずれも今年2月、イスラエルに行った時に撮影したもの。
 1枚目は「青い緑の地球」
 それ以外は「イスラエル」の光景から選択しました。
 すべての壁紙に共通するのは「BRIDGING TO THE RECOVERY」の文字。
 日本語に訳すと「復興への橋渡し」という意味ですが、人間と地球。そしてパレスチナ問題に関して、日本人だからこそできる「橋渡し」をプロジェクトの中で模索して行きたいというJPFの姿勢を、写真と文字で示してあります。
 優秀なデザイナーの協力により、撮影者である私自身、本当に気に入った作品になりました。またパソコンの壁紙として毎日見続けても、決して飽きがこない完成度になったと感じています。
 
 同時に、フォトジャーナリストが「どう仕事を通し、社会に貢献してゆけるのか」を模索する上で、新しい形に結実したと思っています。
 
 主旨に賛同していただける方は、是非、壁紙の購入&寄付を以下のURLよりお願いいたします。
 http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/987001/index.html
今後ともよろしくお願いいたします。
           桃井和馬

こちらは復興へのブリッジ。
世界を繋いでいきましょう。満月の夜に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です