経済の人たち

ベトナムでシェラトンホテルの中華でご馳走になった。
平均月収2万円の国で、一人1万はするであろう食事。
このギャップが面白いといえば面白い。

32歳で14社のグループを率いる若き企業家。
携帯ビジネスから不動産、証券ビジネスと幅が広いのが
新興国の特徴だ。
ホーチミン証券取引所の社長も参加して、
これからのベトナム市場の話を聞いた。インサイダーは
当然のような感じ。我々と夕飯を供にした日の昼間は
東証の社長と会食だったと。

日本とベトナムの友好と発展を担当している。

皆さん日本語が上手。しかし、全体的には日本語を話せる人は少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です