2007年総括


あっという間の一年だった。今年は本当に変化三昧だった。
これほどの変化は初めて!!でも、これが予兆のように感じる。
これからもっともっと変化があるだろう。


今年は土台作りの年だった。旧暦の今年まではそれが続く。
ここで出来た土台を元に、大きなキッカケを創り出す。
強固な土台を作るために、過去のしがらみを整理して
新たな関係を築いてきた。
過去の延長で未来を見ると、過去が再現されるばかりだ。
真に自分が望む未来を作りたいならば、今の自分を過去の
束縛から解放しなければならない。
言うは易し、行うは難しである。難しいことに挑戦して
きたお陰で自信がついた。これからも壁はあるだろうが、
一緒に立ち向かう仲間がいるので心強い。
子供が産まれた事も、新たな自分を創造する大きなキッカケ
になった。環境が変わることが一番の環境変化促進剤となる。
「何か面白いことない?」と口癖だった自分がいなくなった。
面白いくらい色んなことがおきるけど、それに伴って、
「えー」「うわー」ということも付いてくる。
その「えー」「うわー」の中に、自分の殻を破るヒントがある
ことが今年はよくわかった。苦労は買ってでもしろと諺はいう
が、頭でわかっても納得していなかった。
「やりたくない」、「できない」と思うことこそ買ってでも
しろという意味なんだと体感した。予想外の結果が待っている。
本当に面白い一年だった。良い事も悪いことも盛り沢山。
そして、辛いことこそ本当に良い思い出になる。来年も、
もっと予想外のことが起きるだろう。それが楽しみだ。
今までの人生体験が、今やっていることにすべて繋がってきた
のが面白い。世の中は本当に良く出来ている。
今年は、私の人生の真の始まりの一年だった。
来年も家族一同宜しくお願いいたします。

「2007年総括」への4件のフィードバック

  1. 私は尾関さんとの出会いで
    新たな縁が広がりました。
    この一年で気づいたのは、望むモノは
    得られるということ。
    しかし本気でないかぎり、それはかなわない。
    どれだけ本気で動けるか、決断したときに
    いろんなサポートが入ります。
    来年も宜しくお願い致します。

  2. いつも楽しみに拝見しております。
    今の時代に生まれてどう生きようか、
    改めて考えたりしています。
    戦国時代の日本やローマ帝国に生まれていたら、
    など比較してみると。。。むむむ。
    よい一年になりますように!

  3. 100年たったら、今これを目にしている人は
    ほとんど存在しないでしょう。同時期に生きて
    ご縁があるだけで幸せです。
    コメントをありがとうございます。
    これだけ幸福な時代と見るか、
    これだけ不幸な時代と見るか、
    どちらも真実でしょう。どちらの真実を
    自分の真実にするかは、いつの時代でも変わらない
    真理なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です