気になる木

植え変えた木は何処にいくのだろう?『他の場所へ移植するよう努力します』と書いてあるから、『努力したけど、場所がないから燃やしました』となるのだろうか?
気になるなぁ。そもそも何故にケヤキに植え変えすることになったのだろう?

「気になる木」への6件のフィードバック

  1. 青山近辺の景観のリノベーションですか。自分も看板でみましたよ。
    ケヤキは表参道ヒルズの前の通りのイメージではないですか。
    ヒルズのレジデンスもゼルコバ(ケヤキの意)テラスてネーミングですし
    景観イメージを統一しようみたいな。
    調べてみたらこんなとこに行き当たりました。
    渋谷・青山景観整備機構
    http://www.salf.or.jp/project/project014.html
    でも木は確かにそうですね。。どこにいくのですかね。
    燃やすとしたらちと悲しいですね。

  2. ねー、今まで守ってきてくれた木に対して、
    「用済みだから消えろ」という仕打ちは
    「そんなご無体なー」ですな。

  3. 本当に努力してくれるのでしょうか・・・心配です(>_<)
    その木の次の人生がちゃんとあるのなら良いのですが・・
    聞き捨てならない文章ですね!!!
    本当ですよね・・・なぜケヤキに植えかえを!?
    見た目とかの理由だったら・・なおショックです・・T_T

  4. よくみたら、
    「移植するように努めます」でしたね。
    尚更、移植する気がないと感じました。
    せめて、有効活用されて欲しいものです。

  5. この半年、夜遅くに青山通りのトチノキの移植現場をよく見かけたのですが、大型のチェンソーでかなり大胆に切っていて(2等分~3等分)、大事に移植しているのではなく、次々“伐採”しているとしか見えず、通る度にとても心が痛みました。
    トチノキは元々年数が経つと移植が難しく、東京オリンピック以来40年経つトチノキを移植するのは相当な負荷があるはずです。
    街並みは年月とともに重みも増すものですし、今回何故トチノキからケヤキに変更したのかがわかりません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です