シンクロニシティ

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ
シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ
シンクロニシティという言葉自体は、高校生のころから触れてきた。
日本語で共時性とも偶然の一致とも言われる。
言葉の説明はこちらをどうぞ。
このページをご覧になった人は、きっと出会うべくして出会ったのでしょう。
人生を本当に満足して生きたい!と魂からの欲求に素直に従いたいと思って
いても、現状のしがらみから抜け出すことは容易ではありません。
本書は、著者の人生を通して、夢が実現する過程を教えてくれます。
魂が本来表現したい、体験したいと願っていることに、耳を傾けて
生きていくと、奇跡が起きることを教えてくれます。
また個人のことだけでなく、集団としての変化についても。
著者曰く、

「どのようにすれば、人間は個人としても集団としても、この世に
現れようとしているものごとを見る能力を高められるのかを。
そして、流されるまま未来の力に対応するのではなく、未来を
創造する機会を得られるようになるのかを」

分裂の時代から統合の時代へ。世界は相互依存を益々深め、
サブプライム問題を見てもわかるように、世界は繋がっているのです。
そうした中で、各自が持つメンタルモデルが世界に対して
どう作用しているのかを提示してくれています。
大事なことは、「行動の仕方」ではなく、「あり方」です。
私たち一人ひとりのあり方が、世界のあり方を決めるのです。
「自らを通して世界を出現させる」という自覚があると
人生を現状の被害者として過ごすことはなくなるでしょう。
本書はリーダーシップの旅でもあります。
真のリーダーシップとは何か?を一緒に旅できます。
出現する未来」と「ダイアローグ」と共に、
大推薦の本書です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です