「社会を変える」を仕事にする

「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
駒崎弘樹
英治出版がまた素敵な本を出されました。
読みやすい本なので、気軽に読めます。
最初、正直読むのが面倒だなぁと思いました。
苦労して、立ち上げて、成功したー!みたいな
話じゃないかなと。「そんなん充分経験したよ!」と
感じていたのです。
あと、「企業家はみな社会に役立っているよ」と
社会起業家という呼び方に反発を感じていたのもありました。
http://ozeki.fa-fa.com/?eid=437694
このイベントに参加してから意識が変わったものの、
俺だってやってるぜーみたいな、変なプライドもありました。
というわけで、ネガティブな印象があったのですが、英治出版だし、
担当さんの想いメールも来たし、Blogのネタにもなるし、
これもシンクロにシティかなと思って飛ばし読みし始めました。
偏見持っててごめんなさい。本当に素晴らしいです。
この本は、気楽に気さくに開けっぴろげに彼の人生を
開示してくれていて、深刻にならずに真剣にさせてくれます。
例えばこんな表現。
「放射能みたいな蛍光灯が煌々と輝くブックオフを出た。
渋滞がつづき、二速でノロノロと流される。運転席の
窓を開けてそこからバズーカ砲を突き出し、目の前の
なかなか動かないワンボックスカーに一発打ち込みたい
衝動に駆られる」
しかし、軽いテンポの文章で綴られていても、中身は苦悩を
経験した者の想いが詰まっている。
社会を良くしようと純粋に思えば思うほど、今の
日本は世知辛い。起業はただでさせつらいもの。
イイことしようとしているのに認められない辛さは
普通の起業よりも重いのかもしれない。
自分の無関心さを棚に上げて批判する人々を
生み出してしまう私たち。彼は病児保育という舞台から
世の中を変えていこうとしています。
子供が産まれてから、私も多くのことに気がつくように
なりました。普通でない状況に厳しい社会が日本です。
誰もが自分らしくいられる社会にしていきたいと
沖縄PJを進めている自分と彼は、
同志だ!
志のある人は、是非読んで、追体験をしてみてください。
自然と行動したくなることでしょう!
最後に本書の最後に記載されていた言葉を転載します。
「あなたが見たいと思う変革に、あなた自身がなりなさい」
マハトマ=ガンジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です