創造と喜び

思えば、子供のころ、何故か自分は小児癌になるのではないかと
おびえていた。どうして知ったのかわからないけど、小児癌は進行が
早いので気づいたときは手遅れだとか、小児癌の写真を見て、
こうなってしまうのかもと、余計な知識を仕入れて絶望していた。
今思えばコントみたいだけど、私はそれを大人になっても繰り返して
いたのだなと、子供時代の自分を笑えない。知識は増えたし、
実践をして体験もしてきた。
しかし、根本的な部分では同じだ。不安や恐ればかり気にして、
今に生きていないことがある。現在にいるのに、過去や未来のことを
考えていたのでは、今に在あって今にない。
私は既に知っている。ただ忘れているだけ。
あとは体験するのみなのだ。
毎瞬を、自分らしく、創造的に生きること。ただそれだけでいい。
自分自身を創造し、その影響によって、関係や環境も創造されてくる。
行ったりきたりを体験しながら進化していく。
それが人生の楽しみなんだ。創造することに喜びが内包されている。
全てを受け入れ、次に自分らしく選択していく。
そこに良い悪いはない。
さて、話は飛んで、週末に「聖なる科学」をいまさらながら読んだ。
今まで学んできたことが綺麗に整理されていたので
お勧めです。世の仕組みに興味がある人は、こういう論理もあるのかと
興味深いと思います。特に論理的な人ほどお勧めです。

「創造と喜び」への1件のフィードバック

  1. ほんと取り越し苦労をしたり、
    持ち越し苦労をしたりすることが多いんですよね。
    「今ここ」を一所懸命に生きることですね。
    本も読んでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です