偉いとは?

偉いということについて最近よく考える。
偉いということを調べてみると、
(1)人物や行動などが普通の人よりはるかにすぐれているさま。偉大だ。
「―・い学者」「―・い指導者」
(2)高い地位にあるさま。大きな勢力をもっているさま。
「政府の―・い人」「この土地の―・い人」
とでていた。多くの人はこのような意味で「偉い」という言葉を
使っているでしょう。
(1)の人より優れているさまは、いろんな優れているが
ありますね。で、何かの本で読んだのですが、
偉いと優れているを区別しましょうと。
例えば、人より努力して経済的に潤ったとします。
それだけでは、優れているねぇです。
その潤った経済力で、例えば奉仕をしたら偉いと。
経済でなくても、例えば、
ゴミ拾いしたとか、子供とサッカーしたでもいいのでしょう。
他者のために何かしているのを偉いと本来呼ぶのではないかという
問いかけの文章だったと記憶しています。あいまいですが。
偉いという言葉を聴くたびに思い出します。
それは、優秀なのか?偉大なのか?と。

「偉いとは?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です