デザインのたくらみ

お師匠様の坂井さんが、また面白い本を出された。

坂井さんの本は、いつも本質的なことを考えるきっかけを
与えてくれます。この本を読んで、
「いま世の中にないものを作ることにデザインの役割がある」
という言葉をかみ締めました。
広大な土地に、自由に国づくりをデザインすることができたら
どんな国を作り出そうとするのかなとわくわくします。
ある方が、フロリダのディズニーワールドにいって、
ウオルトディズニーの発想力に打ちのめされたと
おっしゃっていました。
自分だったら、電車で移動するようなテーマパークは
作れないと。ファンタジーの国からは、ビルが見えてはいけない
という発想はできないだろうと。
広大な土地も、人生も同じだとおもいます。
どのような人生をデザインするか?そのきっかけに
この本はぴったりだとおもいます。
Ps:スポーツ紙に、堀江さんに対するこのBlogが掲載されていたのですね。
内容知らないのですが、一報くれればよいのになぁー。

「デザインのたくらみ」への2件のフィードバック

  1. 何もないところで新しく創り出すデザインもあれば
    すでにあるものを、もっと便利にしたり
    問題意識をもって改良していくことも デザインだと思うし
    尾関さんに、良い人生のデザインの知恵を学ばせてもらおうと
    お勧めの本は 結構読んでるんですが(すごいやり方 から)
    いい本や情報の受信が多くて
    いろんなきっかけに出会えることがすごいっす。
    (一番マネしたいけどマネできないところっす。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です