困難のときこそ

人が試されるとき。それは困難な状況に陥ったとき。
そんなときも笑顔でいられる人間になりたい。
すべて受け入れ、自分に原因を見出し、愛を持って接する。
そんな人間になりたいが、現実は大人と子供をいったりきたりしている
大人子供。
子供のようなムキになることも、時には重要だしね。
と、自分を肯定しつつ、時差ぼけナイトは過ぎていくのであった。
今夜も、素晴らしい出逢いに感謝!
皆さんのお陰で元気になります。
雰囲気って本当に大事だと思う。会社も社会も、雰囲気は心構えで
ただで変えられるのに、効用はあまり理解されていないように思う。
自分にばかり気がいっていると、周囲に気が遣えないものですね。
焦点を自分から、周囲に変えないとな。

「困難のときこそ」への5件のフィードバック

  1. おかえりなさい。
    時差ぼけにはお日様の光が効くらしいですよ。
    あと半年、実はasakoは困難のときかもしれないです。
    悲しいときや辛い時は、特に『人に優しく』、
    と育てられました。
    そうするとまた愛が自分に返ってくるって。
    一度ゆっくり話してみたいね。
    夏で睡眠の浅いasakoでした。眠

  2. キリストの受難を連想しました
    do for otherの精神は究極の愛
    何事も中庸が良い、ほどほどが良い。
    出会いは良い、浪漫がある。
    最近は話題にならなくなったものの、スッチー達に好評だったサプリメント(?)のメラトニンがいいかもしれませんよ。

  3. 昨夜は、偶然の再会、会えてよかったよ。
    覚えてくれてて?(笑)ありがと。
    先週この『困難のときこそ』を読んで。。。
    素直に心が温まって、自分に自信がもてたんだよ。ありがと。
    でも、コメント書くの照れくさくて。。。。
    昨日会って、やっぱり素直に書きたいって思って、今書いてます。
    素敵な出会いありがとう。偶然に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です