日本は来年農薬世界一になる

人は食べ物で出来ていますが、普段は何となくわかっていても、調べるのも面倒だし、そこまで気にして食事をすることはないのではないでしょうか?知っていましたか?来年、日本は中国を抜いて農薬世界一の使用量になるってことを。

一昔前までは、安全安心な日本の食物というイメージでしたが、それが大分怪しくなってきているのではないかと疑ってきています。有機栽培の比率、日本はわずか0、2パーセントですからね。結局、高いと売れないのが現実です。

セブンイレブンは、巨費を投資して植物工場を作るそうです。植物工場では、日を浴びないから抗酸化作用などもない、見せかけだけの野菜が育ちます。無農薬で作れると言っていますが、抗酸化作用は、陽の光に当たらないと出来ないのです。

日にちが経つと、ドロドロに溶ける野菜。形だけ似せた別のものができるだけです。本当の野菜は枯れるだけで、ドロドロになることはありません。そんなものを食べても野菜本来の価値が体に反映されるわけではありません。食べた気になるだけです。

鶏肉も、牛肉も豚肉も調べれば、抗生物質などの薬なしに作られているのはわずかです。飼料に農薬などの問題もあります。生物濃縮されて人間の体内に蓄積されます。牛乳などもそうです。

調べてみると本当に安心安全な食物を提供している企業などはあるのですが、皆売上に困っています。少しでも高いと消費者が買わないからです。あと、添加物に慣れすぎて、自然のものを美味しく感じない舌になっているのです。麻薬中毒と一緒です。砂糖やアミノ酸なしでは、美味しいと思わない感覚になっています。

結局は医療費として食費よりももっと支払うことになるのですが、自分だけは病気にならないと皆思っているのでしょう。自分も無頓着な部分が多々あったので人のことは言えないですが、真面目な生産者さんが報われ、かつ健康な人が増えていくよう、自分も努力していこうと思います。

知ろうとしないと見えてこないので、食の真実を一緒に学びましょう!

今日のオススメ本はこちらです。

牛乳は低温殺菌のものを飲みましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です