クレイジーさ

私はすぐ忘れてしまうほうである。
どうやら、脳の容量に問題があるのか、すぐにフォーマットされてしまうのだ。
悪かったことはなおさら消えやすい。お陰で、良い思い出ばかりで苦労したことが
ないように思えて幸せである。たしか、色々あって苦労談義とかを講演でしたいもの
なのだが、覚えてないのである。
で、忘れてしまうことはそれだけではない。もっとユニークでいたい!という
「想い」さえも忘れてしまうくらい怠惰なのだ。魂からの叫びじゃないからだと
人はいうかもしれない。
最初から陶酔できる人は羨ましい。私は基本冷静で合理的なので
上手に自分を誘導し、信じ込ませなくてはならない。
しばしば、なりたい自分像からずれていってしまうのだ。
もっとクレイジーでありたいなぁとアップルのCM文句を見て思ったのは
何回だろうか?
ふと気付くと、至極真っ当な方向にビジネスも人生も流れている。
うーん、面白くない。また退屈してしまう。悪い循環だ。
もっと弾けないと自分がやる意味ないよなーーーーー。
青年の主張でした。

「クレイジーさ」への2件のフィードバック

  1. 私も忘れっぽいんです。
    だから最低、意識的に生活しようって思っています。
    覚悟をを決める、決心する
    その単語だけでもいつでも口から出てくるように。
    ところで、最近読んだ漫画で「覚悟のススメ」山口 貴由
    が良かったです。
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4253051561/qid=1106804321/sr=1-29/ref=sr_1_2_29/250-5350932-7111407
    熱い台詞がとてもかっこいい漫画です。
    覚悟って言う言葉はとても意味深いと思いました。
    お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です