自由と充実

「自由は取る可きものなり 貰ふ可き品に非ず」中江兆民(思想家)
私はよく、
「自由でよいですねー」と言われる。自分で、お気楽極楽なんていっているから
余計にそう見えるのだろう。ふふふ、自由度日本ランキング24位くらいでは
ないかと自負している。
自由とは、
「他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意志や本性に従っている・こと(さま)」
と辞書にあった。私は、いろんな制約を自ら作り出して、進んで拘束されたから、実際には
自由ではない。でも自由に見えるのは、そう見せているからだ。ま、普通の人よりは少ない制約だけど。
(大学院と3社の経営は充分拘束だよね?)
自由でよいねという人には、あなたもなればと答えると、
「経済的に不自由では困る」という理由を一番多く聞く。充実した自由を過ごしたい
のであれば、それ相応の努力が必要であろう。そんな苦労がなさそうな、生まれつき
もって生まれた者にも、また別な制約条件があるはずである。
金はあるけど、自由のない人もたくさんいる。みんなある意味平等に不満があるものだ。
だから面白い。何も制約がなければ、すぐに実現して得た喜びがない。
ドラクエで、ゲーム開始してすぐにレベル100になるアイテムを見つけて、5分でボスを倒せたと
したら、そんなゲームつまらないだろう。制約条件をクリアするから充実感を得られるのだ。
自由でよいですねーなんていってないで、制約条件下でどのようにしたら、自由に感じられるか
楽しんだら良いのだと思う。満員電車に拘束されていると思っていたら、自発的に鍛えるために
乗っているのだと思い込めば、制約を不当に感じなくなるのではないだろうか。
自分なりの自由を得て感じたことは、「何でもOKの世界はつまらない」である。
自由を極めると不自由になるといえるのかもしれない。
いや、自由を求めるというエゴな心がある限り、自由にはなれないのかも。
と、こんなことをよくうだうだ考えていられる時間があるのは、つくづく幸福だなぁと
おもい思考が面倒になって終わるのが、いつものパターンである。

「自由と充実」への2件のフィードバック

  1. 尾関さんにとってお金とはなんですか?仕事とは何ですか?幸せってなんですか?「そんなもん、定義付けできねーよ」と思われるかもしれませんが・・・・すいません。しかし、このブログを読んでて、深いな・・・と思いまして

  2. こんにちわ。
    「詩人ケン」という凄く好きな漫画があるのですが、
    その中の台詞が凄く好きですので、紹介します。
    「自由って自らに由るって書くやん だから自分を拠り所にするってことかな」
    漫画はとても面白いので、機会があれば読んでみてください。
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838709293/hatena-22/ref%3Dnosim/249-2368791-0331545
    でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です