アントレプレヌール研究会月例会

久しぶりに講演してきました。1時間びっちり話すと疲れますね。
前の会社のときは、毎週社員に向けて話をしていたくらいなので
きっと話すのは好きなのだと思います。
でも、普段はあまり話さないですね。
ゼミの大江先生曰く、
「私は尾関さんが継続的起業家と分類しています。次から次への事業アイデアが浮かび、起業していく人ということです。どうしてそのような人が育ったのか、小中高時代に何をしていたのか、大学では何をしていたのか、どんな事業を起こしたのか、その後なぜMBAに来たのか、今どんな事業をしているのか、将来何をしたいのか。」について話してということだったので、物語風に話しました。
対象者が、 ベンチャーの研究者、ベンチャーキャピタリスト、銀行、会計士などベンチャー支援系の人だとお聞きしていたので、舞台裏みたいな話をしてまいりました。
また同じような内容の話を、10/12にもしますので、よかったらきてくださいな。
早稲田大学アントレプレナー公開講座
http://www.weru.co.jp/asia/kifu.html
Ps:意外にも、代表取り締まられ役が好評でした。

「アントレプレヌール研究会月例会」への4件のフィードバック

  1. 初めまして、こんばんわ。
    世界バリバリバリューを見て以来、尾関さんの生き方等に共感し、第二の尾関茂雄を目指し日々修業中の24歳のものです。
    現在、水田農業に勤しんでおります(この前までゴミ処理場で働いていました)
    24歳のへッポコ若造の、私の持論では、誰もが敬遠する職業ほど、誰でも見つけれるが誰も見つけようとしないチャンスが隠れていると思っております
    事実、ゴミ処理場に勤めてみて、「ここは宝の山だ」と確信しました
    尾関さんは、24歳で起業されたようですが、
    24歳の私に起業するにあたり、何かアドバイスを頂けないでしょうか。

  2. こういう風に大学の先生は、すぐに抽象化して分類しようとするからなー。それを真似する人がいたって、責任取らないから無責任だよね。

  3. 私のアドバイスよりもよい言葉がありますので、それを代わりに贈りたいと思います。
    「なせばなる、なさねばならぬ何事も
    ならぬは人のなさぬなりけり」
    上杉鷹山

  4. アドバイス、ありがとうございます
    なしてなしてなしまくろうと思います
    行動力だけがとりえなので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です