想いの連鎖

閏日に雪が降る。この時期の雪というと、226事件を連想する。そして昭和11年2月29日に彼らは想い敗れた。青年将校はどんな想いで決起したか?現代のぬるま湯にいる我々にはその悲壮な想いは理解できまい。

貧困に苦しむ地方の農民のために、純粋だからこそ葛藤し行動を起こした、止むに止まれぬ想い。

それが良いとか悪いとかではない。浅はかだったかもしれないが、純粋に何とかしたいという想いに自分は感動する。

その想いは儚く消える雪のように見えて、時代を超えて伝わっていく。行動を起こすまでにどれほど思い悩んだろう。そんな葛藤がない時代の幸せと不幸。見方によっては、ダラダラとただ生きるよりは、短くても真剣に生きた分幸せだったとも言える。

自分と照らし合わせて考えてしまう。俗にいう世間の幸せの良さもわかりつつ、自分の内なる想いは何を表現したいのか?生きた証を残したいのか?子供に恥ずかしくない生き方とは何なのか?

愛する子供を残し、革命に殉じたチェゲバラの想いと青年将校たちの想いは、どこかで繋がっているように感じる。家族を想って、特攻に散った若者たち。彼らの想いを忘れてはならない。

ただ惰性で生きるのではなく、意識的な生を全うした人々を励みにし、今世を精一杯駆け抜けたい。後世に想いの連鎖を引き継げるよう、いまの時代を生きる人間の責任がある。

義をみてせざるは勇なきなり。

小さいとか大きいとか関係なく、目の前のテーマに向かう。いまを生きるにはそれしかないし、いまを真剣に生きることだけが、想いを残すことができる道なのだ。

1940年に宗教家出口王仁三郎が無期懲役の判決を受けた宗教弾圧の日でもあり、1952年アメリカにより琉球政府の設立が公布された日に記す。

この世界とは?

 白鳳龍

写真ではその素晴らしさの一端しか伝わらないが、想いの詰まった作品なので掲載した。いつか実物を見て欲しい。圧倒的に伝わるものがある。
日頃、自分たちは沖縄でも東京でも、アートを通してみずからの心に向き合っている。この作品はどれくらいかかったように見えるだろうか?勿論全体像をみていないのでわからないだろうが、この部分だけでも相当細かいのがわかるだろう。
テーマがあり、その時とのシンクロもあり、一つの作品となる。場所との調和、想いの込められたストーリー。価値を高めあい、更なる高みへと目指していく。どんなに綺麗事を言ったとしても、作品になるとすべて内面がでてきてしまう。
この作品は3人の仲間が三日間徹夜して制作したものだ。その中には、筆の使い方すら知らなかった全くの素人もいる。仲間の感想を紹介する。
「過酷な数日間であったと共に、猛烈な感謝がありました。本当にいろいろな自分との葛藤が有りました。直ぐに限界を作ってしまう自分の弱さが嫌でたまらなかった。
沢山の苦しみを感じて、自分がもっとブレずに強くならなければ、人を救うことなんて出来ないのだと改めて痛感しました。私はまだまだだなぁ。弱いよなぁって、まざまざと、感じました。
と同時に、この数日間を乗り越えることが出来たのは、仲間がいたから。共にアートを出来る仲間がいることや、アートを一緒にできなくても、繋がっている仲間たちの想いを本当に沢山沢山感じました。だから、とっても幸せで、その幸せを噛み締めています。
猫寺という、素敵な場所に自分の触らせていただいた作品が残ることの喜びを感じ、感謝すると共にやっぱり、この世界ってスゴいなぁって。愛の深さを改めて感じています」
「この世界」という言葉に閉鎖的な印象を受けるかもしれない。宗教ぽいと毛嫌いする人もいるだろう。我々は特定の教義や神がいるわけではない。宗教を超えようとしているのだから、そこにハマってはしょうがない。表面の言葉に囚われずに、「この世界」という言葉に抵抗があるなら「この会社ってスゴい」「この漫画はスゴい」なんでもいい、理解しやすい形に置き換えてみたらいい。

会社だって漫画だって、そこはひとつの世界だ。いま生きているこの三次元の宇宙をどういう世界観で捉えるか?ただの物質のみの、何の神秘もない世界ととるか、世界は奇跡の表れと見るか。愛を感じることができる世界か?愛などないと感じる世界なのか?
我々の「世界」の本意は、経済の世界も、政治の世界も、宗教の世界も、宇宙の世界も、すべてと繋がっている世界なのだ。決してそれは閉鎖的でなく、かつ上下関係があるわけでもない、役割の相違と尊敬と智慧と愛と感謝がある世界を意味している。
同じ言葉でも、意識が違えば、伝わり方も違う。そこから誤解も生まれる。誤解がまた進化のキッカケになる。この世は何のムダも矛盾もない。目の前の現実をどんな世界として解釈するか?それが他人にも共感されて、真剣に広げようと感じたならば、その世界は発展する。資本主義という世界がここまで広がったのも、現世利益というわかりやすい共感があったからだ。
折角日本は世界の最先端なのだから、面白い世界観を創造し、世界をトコトン楽しんだら最高だ。自分は決して同じ世界観だけを要求しているわけではないが、創造の前には破壊があり、それを受け入れることから始まる。何かを感じるキッカケとして、アートを見て欲しい。自分はそれを見て何を感じるか?そこを大事にすることで自分が見えてくる。

因縁の島

人間に因縁作用があるように、国にも因縁関係がある。琉球は元々中国との因縁が深かった。首里城は紫禁城をお手本にし、王の名前である「尚」という性も中国からのものだ。関係深かった中国との関係も、日本によって因縁付けされ、更にアメリカによって因縁付けされた。

それだけ魅力的な島だとも言える。中国と暫く離れていたからこそ、また新たな関係が出来る。いま因縁が深い日本、アメリカとの関係を考える上で、中国との新しい関係が必要になってくる。因縁は敵にも味方にもなる。向かうことでしか、味方にはならない。
そうした流れもあり、中国北京へと行ってきた。そして、中華人民共和国と微妙な関係にある台湾の中華民国。台湾もかつては小琉球と呼ばれた国だ。沖縄が大琉球と呼ばれていた。この2つの島が今後どのような動きになるか注目だ。
因縁だからこそ、有り得ないことが起こる。因縁だから足を引っ張られていても気が付かない。お互いに良かれと思って、足を引っ張り合い、落ちて行くこともある。逆に、それを助ける縁もある。わかりやすく言えば、良い因縁・悪い因縁。時間軸を長く取れば、本当は良い悪いはないけど、ここではあえてそう表現しよう。
良い因縁ほど一見縁が薄そうでわかりにくい。それは愛で包まれているから厳しく見える。
悪い因縁ほど恋愛のようにわかりやすい。それは自己愛しかないから、情が入りやすい。
恋を愛に昇華できるか?自分の気持より相手を想えるか?国だって同じだ。自国の利益しか主張しないのであれば、だれが支持したいと思うものか。相手のために、あえて自分はいま目の前のことに集中する。自分を知ることが、因縁を超える近道だ。
自分を知れば、信念という力強い意志が育つ。それはエゴの強さと紙一重だからこそ、それを検証する仲間が欠かせない。常に信念が自己欺瞞へと変わる恐れはある。そうした恐れと原点への感謝を忘れないことでしか、真の強さは維持できない。
今こそ中国に感謝しよう。今の表面の中国にではなく、歴史や文化を創り上げてきた中国の魂に。その魂に火をつけることができるのは、熱い魂しかない。ここに熱い琉球魂によって、火がついた大和魂がいる。
魂が燃えれば、因縁は応援するか去るか、どちらかに別れていく。どちらにしても学びがある。それを背負って更に向かう。背負えば背負うほど、人は強くなるのだから。

人間の原点

 困ったとき、迷った時、同じ問題が繰り返される時、すでに枝葉にハマっている可能性が高い。一生懸命にやればやるほど、ドツボにハマっていく。幹という原点を見逃し、枝葉に意識が行ってしまう。

今年に入ってから、キチンと向き合ってきた人間は結果も出てきたことだろう。いい調子の人も、そうではない不調な人も、今は原点を意識するときだ。更に飛躍するために、好調に戻すために、自分の原点を見つめ、深める時期だ。
どんな人間も修行の時代がなければ、飛躍はない。それは、一度やったら終わりというものではない。例え成功していたとしても、原点への意識を通して新たな気付きを得る。修行に終わりはない。感謝を忘れなければ、更なる機会に気がつける。原点を思い出せば、ヤル気が更にみなぎってくる。
今後、人間の原点を感じたいという人間が益々増えてくる。アニメ脳やバーチャル脳が増えれば増えるほど、インターネットの世界も発展する。発展すればするほど、その逆のものを求めだす。ヴァーチャルにハマればハマるほど、リアルを求める。リア充なんて言葉が生まれるのも当然だ。
仮想現実の世界は、死後の世界と同じなのだ。どちらも、自由に何でも思ったとおりに出来る。抵抗のない世界。イメージが創りだす世界。何でも実現できるからこそ、そこには実感が伴わない。マトリクスの中で、ネオが感じた違和感もそこにある。どんなにリアルに見えても、何かが違うと感じる。
どの道をたどろうとも、半端をせずに、極めれば極めるほど、本物がすぐわかるようになる。わからない、不安なのであれば、それは半端だからだ。半端に行うのが一番苦しい。トコトンやるわけでもなく、トコトンやらないわけでもない。チョコチョコと様子をみるかのようにやっても、何も見えなくて余計に自分が辛くなる。もしくは半端に見えて、誤解をして否定的にモノゴトを見てしまう。
徹底的にトコトンやるのは大変なように考えてしまう。辛そうだなとか相手に悪いなとかイメージして、ほどほどの所で自分に妥協して、自分を偽る。自己欺瞞をすると、自分以外のすべてが悪い原因となる。
引きこもるなら徹底的に引きこもるのだ。飽きるまで体験すればいい。迷惑をかけるならトコトンかけるのだ。半端な優しさは自分にも相手にも良くない。時間の無駄使いだ。我慢の限界は早く来たほうがいい。
金を稼ぎたいのならトコトンやってみる事だ。自分の限界も欲望の深さも見えてくる。言い訳などせずに、自分に正直に生きたらいい。綺麗事や良い人などやめて、摩擦を起こすのだ。摩擦を体験するために生まれてきたのだから。今の時代、そうしなければ、自然災害で嫌でも摩擦が起きるだけだ。だとしたら、トコトン摩擦を起こせばいい。
摩擦こそリアルだ。人はぶつかり合いの中でしか、真理の体験をすることはできない。慣れ合いや綺麗事の世界は、ヴァーチャルの世界にいるのと同じだ。摩擦のない世界の究極がITの世界だ。
話していて嫌になれば、接続を切ればいい。人との摩擦はゼロ。
どこの誰かもわからないのだから、やりたい放題、言いたい放題。自分との摩擦もゼロ。
露骨なのは霊の世界と一緒だ。だからこそ見えるものもある。ITが悪いと言っているのではない。
芸能人のオセロ中島氏のニュースがいい例だ。芸能界で極めたあと、突然の引きこもり。霊能者に何と言われたのだろうか?家族との縁も絶ち、家賃も払わない吹っ切りぶり。すごいことだ。なかなかできることではない。一体なぜそこまでのことができるのか?
芸能界は元々、以前にも書いたが河原者や穢多非人(えたひにん)と呼ばれる差別された人たちが担当してきた仕事だった。本来は恥ずかしい、笑いものにされてきた仕事で、決して尊敬される仕事ではなかった。そんな歴史的背景も知り、だからこそ良い影響を与えたいと自分の原点を深める。なぜこの仕事に関わったのか?自分の使命は何なのか?
深めれば深めるほど、以前のように単純な仕事として割りきって仕事が出来なくなる。芸能界の世界で極めたからこそ、その先を求めての苦悩。真剣だからこその悩みだ。真剣に人生に向き合っていなければ、適当に半端に仕事をし続けて、何の問題も報道されることなく生きる選択も出来ただろう。
だがそれで魂は納得するのか?世間で何と言われようとも、自分の魂と正直に向かい合う人間は少ない。若いのに急逝したホイットニー・ヒューストン。彼女もまた、生きることの葛藤で苦しんだ人間だ。辛い、悲しい、嫌な事のように見える苦しみこそが、魂にとっては貴重な体験なのだ。極めたからこそわかるものがある。
極めてないものには、絶対に一生理解出来ない世界がある。これから、彼女たちのような人間が益々増えてくる。だからこそ、その受け皿を作っている。人間の原点に気がつくことが出来る場所。それが沖縄であり、我々の拠点であるライラックなのだ。
沖縄で人間の原点である体を動かすことをし、汗を流す。そこから気がつくものがある。原点に戻れば、今までの経験を活かして飛躍が出来るのだ。本来この世に善悪はない。差別にも善悪とかそういう次元を超えた意味があるのだ。
パワーがあるから差別される。それについてはまたにしよう。

宗教を超える道

経済の世界から、日本を変えようとする人たちもいる。それが悪いとは言わないが、自分はそこでは燃えられなかった。なぜ自分はただの経済に飽きてしまったのか?

飽きっぽい自分は、熱心になれるものを求めて、会社を起こし投資をしてきた。しかし、どれもこれもすぐに飽きてしまった。好奇心が満たされるだけで魂が燃えないのだ。
「飽きるということは、逆に言えば、もっと他に夢中になれる何かがあることを無意識に知っているからだ」と如来に言われた。
飽き続けて、やっと飽きないものにたどり着いた。しかし、そこにたどり着けたのは、まるで召集令状のように、有無を言わさず、経済の世界から魂の世界へと連れてこられたからだった。使命は自分ではわからないものだ。人に導かれてたどりつける。
結局、経済の世界でどんなに極めたとしても、経済は政治の影響力に置かれている。ライブドアや武富士がいい例だろう。法律で規制されてしまえば、蛇口を閉められてしまうようなものだ。逆に、好きなところで蛇口を開けることもできる。だから政治家に大企業は献金するのだ。消費税がいま世間を騒がしているように、政治であれば企業とは違い無理やり集金できてしまうのだ。いざとなれば罰する力まである。そんな力があるのだから、一生懸命知恵を凝らして、なんとか納税したい気にさせるなどの工夫は生まれようがない。まして足らなければお札を刷れるのだから無敵だ。
政治は経済の論理を超える。経済的に不都合だとしても、国のためになるという信念があれば、経済なんてあとでどうにでもできると考えている。どんなに異論、反論、文句が出ようとも、信念を貫く者が政治家だといわれる。経済の論理で政治をやったら、ただの利権政治になり、それが政治屋だ。
政治決断のいい例がある。80年代のバブル経済を終わらせたのは、日銀の三重野総裁と橋本龍太郎だ。今では、急激な金融引き締め政策は失策だったと言われている。そのお蔭で日本は失われた10年を過ごしたと。彼らは馬鹿だったのだろうか?なぜゆっくりと軟着陸させようとしなかったのだろうか?
彼らには信念があったのだ。ゆっくり着地をさせたら確かにショックは少なかっただろう。しかしバブルで退廃した国民の精神にはショックが必要だったのだ。このままでは国民の精神は荒廃し、日本が壊れるとおもい、あえて急に経済の流れをストップさせたのだ。形のないものを基準に決断し、だからこそ日本人は大切なことに気が付き、経済もまだ維持できたのだといえるのだ。
やり直しや言い訳はできない。多くの人間に影響を与えるからこそ、そこには経済の論理を超えた政治の信念がある。では政治の信念はどこから生まれるか?結論から言おう。政治は宗教哲学に影響されるのだ。
どちらが正しいとか間違っているというのは、どこに基準を置くかで変わってくる。ただの金儲けを考えるなら、その基準は簡単だ。しかし、民族としては何を選択し、経験をするべきなのか?途端に意見はまとまらなくなる。
経済でも政治でも、人間たちの世界のことであれば、対策というものが打てる。その対策が有効かどうかは、本当は問題にしていない。本当の対策など誰も求めていないし、理解できない。表面的な対応をすれば、みな満足するし、言い訳がたつのだ。
例えば、失業が多ければ、失業対策のためにあれこれの施策を求め、実施する。それでもうあとは、それがいいとか悪いとか、他に違うことをしろとか、50歩100歩の話しかできない。本当に失業が問題なのか?仕事があっても生き甲斐がない人もいる。仕事がなくても生き甲斐から仕事を作れる人もいる。結局は人の問題は千差万別で一律に解決できるものではない。それを言ったら、大衆は理解できないから納得できない。お役所仕事の範疇を超えるから何もできなくなる。とりあえずホームラン(本当の問題解決)はなくてもヒット(少しは役立つ対策)を狙って、やってみようということだ。
人間は対策を立てねば心配でしょうがない生き物だ。では、対策が立てようがない問題があったらどうするだろうか? 自分たちではどうしようもない地震や津波などがおきるとき、人はただ黙って受け入れるのではない。不安を何とかしてコントロールしようとするのが人間だ。
では、一体なにをするのかというと、土木工事もするが最後は厄除けの儀式を行うのだ。結局は神頼みで宗教に戻ってくる。お正月の参拝がいい例だ。どこかで神様仏様に救いを求める。
地震災害に対して、何とかその影響を抑えようと、地震の神に対して祈祷する。ではその祈祷が、日本なのにキリスト教やイスラム教の方式で祈祷していたとしたら、その祈祷は効くと感じるだろうか?民族に影響を与えようとしたら、宗教的要素は欠かせない。
宗教は民族に影響を与える。宗教は習慣だ。お墓参りや行事や儀式を通して、人の無意識に影響を与えている。いまや宗教も形骸化してしまった。意識していないからこそ機能する仕掛けもあるが、現代ではお祭りの意味も分からず、ただ騒ぐだけになってしまった。お祭りは神事のなんたるかなど意識もない。
 新しい祭りが必要なのだ。自分たちの祭りは、人が生まれ変われるジョイントを中心に行っている。宗教のようだけど宗教のように教義や主義があるわけではない。宗教であって宗教でない。だからこそ最先端なのだ。
これから宗教哲学がますます注目されてくる。我々はさらにその先を言っている。そうでなければ、世界がいま抱えている宗教の争いの間に入ることは出来ない。これからアジアは儒教の経済圏ができるとも言われている。
そもそも、経済という言葉も、儒教の「経世済民」からきている。原点から経済を理解したとき、経済で大成功したければ、人とは何か?自分とはなにか?を理解するのが早道だとわかる。難しいことから挑戦すれば、最初は大変だが後で楽できる。
2月に入ってから、もう経済効果で500億以上の仕事をした。嘘かハッタリか、これからじっくり見ていてほしい。見えないところから固めているので、見えた時には潜水艦のように驚くに違いない。

世界の中心から愛を

今日の沖縄はポカポカと暖かった。一方、本土においては大寒波の影響により、特に日本海側は大雪で大変なことになっている。震災の影響で、ただえさえ苦しい予算のなか、除雪費用に苦しむ自治体が増えている。一方、アメリカのワシントンでは記録的な暖冬で、なんともう既に友好100周年の桜が咲いてしまったのだ。一体この差は何を象徴しているのか?

そして、花粉の時期が近付くにつれて、花粉=放射能と騒がれ始め、次々とやってくる情報で不安が増すことはあっても、不安がなくなることはない。ただでさえ不安なのに、追い打ちをかけるかのように、近いうちに大地震がくるかもしれないという予測を東大の地震研究所が発表してしまった。
きっと「危ないから準備しておけば助けになる」という親心から発表したのだろう。これこそ、情(じょう)で真面目脳である。真面目に何でも言えばいいのだろうか?また言わないとしたらどうするべきだろうか?責任と覚悟がないままに情報が垂れ流されて、その情報に一喜一憂するのが大衆だ。もしくは、何らかの意図のもとに情報が流されていたとしたらどうだろうか?
いずれにせよ、人々の不安がどんどんと積みあがる中、何もなかったかのように経済活動にはげめるだろうか?無理であろう。地震や放射能がやってくるかもという中で、誰が家を建てて車を買おうと思うのだろうか?新しく投資しようとするよりも、今あるものを守ろうとするのが人情だ。しかし、循環しなければ経済は回らない。こんな状況で経済が上がる要因が一体どこにあるのか?
これから益々不安が増す中、希望の地として沖縄が不安に比例して注目されてくる。地震も花粉も、雪もない沖縄。アジアのへそとしての沖縄。今は観光客が500万人を超えているが、これから人口を500万人にしようとしているのだ。
そして、次々と毎日のように報道される沖縄問題。何か一つ片付いたかと思うと、また新たな問題が出てきて、常に新聞紙面を騒がしている。日本人の意識に沖縄という言霊が刷り込まれている。
沖縄こそがノアの方舟になる。琉球の象徴である龍の年に、裏鬼門の方角にある沖縄。いろんな意味で面白くないだろうか?沈没しつつある日本がリセットされた後に、ではどんな社会を理想として作るのか?そのひな形に沖縄がなるのだ。まるで戦後日本のひな形が満州国にあったように。
日本の原点が残されている沖縄の地で、新たな光を感じてほしい。
新たな光とはどんなイメージだろうか?我々の世界は、嵐のように波風が立っている時もあれば、鏡のように澄み切って平穏な時もある。ただの平穏を求める仲良しごっこなどではない。真剣であるからこそ、時には嵐のようにぶつかりあう。
誰一人として同じ人はいない。世代やバックグラウンドもバラバラな人間たち。異質が共存する世界。皆が個性的であり、自分の才能や、役割を求めて徹底している。
それは、自分自身をより高めたいと同時に、世界をより良くしたいと言う強い気持ちから起きている。異質の中だからこそ、自分に気が付ける。自分の進化が世界の進化へとつながる。
だからこそ、誰一人欠けてはならず、大切な存在である。本来の社会のあるべき姿なのだ。 光を感じる世界でなければ、魂は燃えられない。今の日本で燃えられる対象があるだろうか?沖縄で自分が何に燃えるのかを、自分の中から気が付き、自分の持ち場を極めて欲しい。ただ極めるだけでは、それを分かち合えないからこそ、一緒に歩いて行ける仲間の価値がある。共に喜び、共に泣く。そうした体験を人は求めている。