嫌なことに価値がある

人間関係のストレスで悩む人は多い。相手と自分、違うからこそ価値があるのだが、やっぱり自分は正しい、相手は間違っているとなりがちである。また、自分が間違っている、相手が正しいとだけなっても、自分のほんとうの人生を歩めない。
自分の時期や相手によって、自分の信念に従うときなのか、相手を受け入れるときなのかと自問自答して、悩み苦しみ、間違っているかもと恐れを抱きながら、勇気を持って進むしか無い。魂から納得して進む限り、どんな失敗も失敗でなくなる。それは学ぶべき課題となる。
 「いい人」というのは大抵揉め事が苦手だ。
 揉め事を好む人間は、揉めたら見返りがあることを知っている。
 自分の思い通りにしたい時には、相手を嫌な気分にさせるのは有効な手段だ。
 いい人やお金で問題を解決しようとする人は、妥協して解決を図ろうとする。しかし、それは相手の思うつぼである。毅然と対応しなければ、身も心もすり減ってしまう。
 輩が、この世は揉めたもん勝ちだと思ってしまうのも無理も無い。
 良い人間ほど、信念を持って戦わなくてはならないのだ。誰よりも争いを嫌う人間だからこそ、 争いを起こして利益を得ようとする人間には毅然と立ち向かわなければならない。 
 いい人にとっては、それは苦痛なことだ。自分さえ我慢すれば良いと考えてしまう。それが相手に付け入る隙を与え、増長させてしまうのだ。間違ってる人間に、あなたは正しいとお墨付きを与えているようなものだ。
「あいつはそういうやつだ。しょうがない」は逃げである。
 勿論、ただ喧嘩すれば良いと言っているのではない。向かい方も千通りある。一番大事なのは、方法論よりも、
「相手のためにも、自分の心とも戦って、問題に向かうぞ!」という自分の心のあり方なのだ。
 自分が嫌だなと思うことこそチャンスなのだ。今回は、揉め事を例にしたが、嫌なことは何でもヒントになる。お掃除が苦手とか、料理が苦手とか、書類作成が苦手といったことでもそうだ。
 自分の思い込みを超えて、新たな自分を創造するチャンスだ。
最初はどうしていいかわからないだろう。意識高く実践する内に体験することだが、それでもわからなければ、このブログからヒントをつかんでほしい。

世間の興味より面白いものがある

世間の興味より面白いものがある。

私は、ビジネスのネタを考えるよりも、神とは何か?人間とは何か?を考えるほうが面白い人種なのだ。どの道を歩んでいても、行くところまで行くと、みなそこに行き着く。死の間際になって考える人もいれば、物覚えがつく頃から求める人もいる。人それぞれだが、究極の道楽である。
だからといって、いきなり「神とは音だ」とか言われても興味がわく人は少ないだろう。ぶっ飛び過ぎである。
しかしその言葉の真の意味がわかると、あなたの悩みは消えるだろう。
世界の仕組みがわかれば、世界の創造に参加できるのだ。道楽こそが究極の錬金術だ。
人はみな、実は知らず知らずのうちに、世界の創造に関わっている。しかしそれを自覚していないので、知らないだけだ。
会社で言えば、社員は知らない内に社風に影響も与えるし、また影響を受ける。そして知らず知らずのうちに、その会社風の人間になっていく。
最初はただの社員でも、会社の仕組みがわかれば影響力を増すことは出来る。そしてリーダーになる。社長になることも可能だろう。
何でもそうだが、やったことない体験を、ある程度してみると、飽きてくる。平社員も、部長も、役員も、社長もいずれ飽きる。
そうすると、つまらなくて辛いから、よりビジネス創造に明け暮れて、心が感じる暇をなくすか、酒・女・名誉などに男は逃げる。女性の場合は、子育てやお買い物、美容などにエネルギーを割り振るのだ。そして魂の訴えを感じないようにする。
今いる世界だけで満足していては、井の中の蛙である。もっと広くて深い世界があるのだ。
井戸の狭い世界で、噂話や、ゴシップを楽しむ大衆になるより、噂、ゴシップを生み出す中心存在になるほうが面白くないだろうか?
本当のところは当事者にしかわからないし、それを体験できるのも当事者の特権なのだから。
私がしたいことは、意識を高みへと引き上げることだ。
もっと面白い世界があるのだと感じさせたい。
「あの人もどうせ金が欲しくてやったんだよ。」「金に困っていたらしいよ。」「離婚もしちゃってどうしようもないね。」
などと噂しても別に構わないけど、それであなたは幸せになるのだろうか?
魂がふるえるほどの高揚感が得られるだろうか?私はそれを感じてもらいたい。
どうせ噂するなら、
「彼は何を求めているのだろう?自分は何を求めているのだろう?」
「お金で何がしたいのだろうか?お金とは何だろうか?」
「結婚、離婚の意味とはなんだろうか?出会い、縁の意味とは何だろうか?」などと自分に問いかけるキッカケにして欲しい。そうすれば、世の中のネタ全てに価値がでてくる。
仏陀が家族、権力、富、地位とすべてに恵まれていながらも、それらを捨てて求めたもの。それこそが本当の宝で財産ではないか。イエス=キリストが命をかけてでも訴えたもの、それこそが人生にほんとうに必要なものではないか。
世界がわかれば、人間もわかる。勿論、世界は簡単にはわからない。しかし、求めたら求めただけ、理解は深まる。
ビジネスも政治も、結局は人間が動かしているものである。お金や地位を求めることより、人間を理解しようとすることが、遠回りに見えて早道ではないだろうか。なぜなら、お金や地位がある人よりも、本当の自分を見てくれて、導いてくれる人のほうに人は魅力を感じ、引かれるからだ。お金持ちはたくさんいる。そんな人よりも、知恵と愛がある人のほうが価値があるし、またそんな人は少ない。
真に価値あるものは、どこの世界も少ないものだ。

イメージの力

災害は非日常を意識する。社会の変革期には天災も連動して起こりやすい。そうしたどうしようもない圧倒的な自然の力によって、人間の小さな概念(考え)は壊される。自分から概念を壊せる環境にない人間は、自然によって壊されるのだ。もはや、何が起きてもおかしくはない。富士山の噴火さえも不思議ではないと感じる。
概念が壊されたら、新たな概念、世界を生み出せばいい。311以降、古くて新しい「絆(きずな)」という言葉をよく耳にするようになった。私が以前から訴えてきたことだ。我々の仲間の絆は、試練を通して更に強くなった。心の財閥は着実に広がっている。

普段会わない人同士でも、お互いを想ってイメージできるなら、そこに絆はある。それこそ、会ったことない人同士でさえも、想いで繋がっているのが我々の世界だ。勿論、この文章を読んでくれている方とも絆は存在する。
相手を想ってイメージする。現代の人が忘れてしまった、祈りという行為。私は、この文章を読んでくれている人たちをイメージしている。顔が浮かぶ人もいれば、まだ見ぬ人へのイメージもある。コメントを書いてくれている人を私なりにイメージする。そのイメージで書き始めることもある。
シンクロが起きて、何かの気付きとなりますように。
少しでも、自分と戦う勇気が湧いてきますように。
怠けたい時、人が信じられないとき、辛い時、諦めたくなるとき、新たな世界からモノゴトが見ることができたら、その瞬間に世界は変る。なんであれ光を感じてもらえたら幸いだ。
歴史を学ぶと、同じような想いで世界を進化発展させようと努力してきた先人達を知る。
今日が宮沢賢治の命日だと、友人が「農民芸術概論綱要」を送ってくれた。以前この文章に触れたとき、賢治の世界観の大きさを感じさせる、この言葉がずっと私の心に残ってきた。それは、
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」という言葉だ。
絆によって、人は感じることが出来る。なんてこの世界は素晴らしいのだろうと。人類全体が幸福になることはすぐには実現できない。だからこそ、世代を通して、想いのバトンを渡していくのだ。賢治も勿論菩薩である。彼は法華経によって開花したのだ。
求めなければ開花もない。時代が後押ししている今だからこそ、真剣に人生を求める時期ではないだろうか?真剣に自分の人生をイメージして欲しい。

悩んだ時こそ原点想起!

原点は忘れやすい。自分が感動した想いや、大事にしていたことなどは、日常という生活の中で、いつの間にやら忘れ去られていく。日常は恐ろしいほどに心を慣れさせていくからだ。どんな生活を選んだとしても、慣れという檻は付いて回る。だんだんと当初の大きな気持は失われ、小さく細かいことにハマっていく。
繊細で感じやすい人間だけが、
「こんなはずではなかった」と日常とのギャップに苦しみもがくのだ。多くの人は不感症になって、やり過ごす。いちいちそれを感じるのは苦しいし辛いからだ。自分の正直の気持ちを感じて、それを追い求めるのは辛いことなのだ。そんなことより、日常の我慢のほうが楽でそれに慣れてしまう。
青春時代に感動した想い。時がたてば、青臭い思い出として、ただ懐かしむだけになってしまう。
愛を信じていたのは瞬間で、気持ちが盛り上がっている時だけとなるのが当たり前になっている。盛り上がっていない時こそ、愛が試されるのに。どんな時でも愛するということを貫くのは大変なことだ。
多くの人は、
「その時とは条件が違う」などといって自分を正当化して言い訳をする。それはむしろ自分の良心にたいして行われているが、本当の自分を説得することはできない。
逆境や試練の時こそ、原点に立ち返るのだ。
その時の想いを再体験することで、勇気が湧いてくる。自分が感動した気持ちは自分で取り戻せる。
「そんなこともあったなぁ。もう忘れたよ」というのは簡単だ。本当に感じたいと本気になればいくらでも感じることはできる。要は本気かどうかだけだ。
言い訳で自分を納得させても、魂は納得しない。
結局、自分で自分の首を絞めるだけだ。
本当に大事なことは何なのか?
細かい小さいことにハマって意識が小さくなってないか?
自分の原点は何なのか?
常に考えてもいい問いかけだ。

困った時、悩んだ時こそ、自分の原点に戻って考えると道が開ける。

自分が敢えて、この道を選んだことがわかれば、悲劇のヒロインになることからも抜け出せる。自分は悪くない。誰かが悪いでは進化どころか、退化してしまう。
なぜ悩むような状況になったのかを始めから辿っていけば、今の状況に進化の種があることに気がつける。どんな選択も自分が選んだことを忘れないことだ。受け身で全く選んでないという人も、敢えて選ばないことを選んだのだ。
 

菩薩は誤解からうまれる

さすが2011年。激動の夏だった。 
以前、「どんな菩薩も誤解からうまれる」と聞いた。菩薩道は誤解されてからが本物だということだ。
確かに、誤解をうまない生き方は無難である。無難な選択をしていれば、留置所に入ることもなかっただろう。 ちなみに、修業の場として、「刑務所」「病院」「寺」がある。どこの場所も不自由だからこそ、魂が磨かれるのだ。
 
刑事さんとも話したのだが、 
「こうしておけば逮捕されることもなかっただろうに」と言われたとき、 
「人を信じた末の結果なので後悔はないし、そうすることで人が救われる可能性もあった。たまたま今回はこうなっただけだ」と話した。 
一度信じたらトコトン信じて向かうのが、私の信念だ。途中であきらめたら終わりである。捕まったからといって、人を信じなくなってしまえば、 それこそ、その程度の信念だったのかということになる。
 
普通の考えでは、リスクを避けようとするのが当然である。しかし、私は岡本太郎のように、あえて危険な道に飛び込んだ。 
問題が起こったとき、自分と周囲、それぞれ試される。 
私の場合、今回のことが起きて、自分の中のいろんな執着に気が付かされた。
無理やり手放されたものもあるし、自ら手放したものもある。 
試練や迫害がなければ、信念は育たない。留置所という貴重な経験を得て、改めて自分の原点を再確認できた。
 
どんなに経済的に成功したとしても、そこに満足はない。私は普通のビジネスには関心がない。 自分の原点は、弱者救済である。高校生の時に読みふけった、本田勝一やタイの山岳民族での水道工事体験が忘れられない。 
これからも自分の菩薩道をすすんでいく。 
誤解されるのは、わかりづらいからである。わかりづらいから、一般の人はわかりやすい世間の枠に当てはめて、その人間をみる。だから誤解されるのだ。私はいつまでたっても、IT実業家でラベルされる。そんなものはとっくに捨てているのに。 
今の風潮や常識に合っていれば、誤解などされない。人と違うことを行えば、怪しい人と決めつけられる。 
何かコトが起こったとき、信じ続けるのは大変だ。疑うほうが簡単である。 
困難な時ほど、人間の本性は露骨にあらわれる。 
私の周囲でも、去って行った人間もいれば、逆に困難な時だからこそと応援してくれる人もいる。 事件がリトマス試験紙のようになり、信じ続けてくれる人々と、私を疑い離れていくものたちと分別することになった。 
敵と味方がはっきりした。本当の意味では、敵味方もないのだが、現実世界においては役割というものがある。 
自分の事件がきっかけで、あちこちに飛び火して、多くの方に迷惑をかけているのが本当に心苦しい。 
創造は破壊から始まると書いた。これからの創造に期待していてほしい。