贈りモノの真理

 今生きている。いまこれを読めるのも命があるからだ。そしてその生命は無数の贈りモノを受け取ってきているからあなたも私もいる。モノと書いたのは、物質だけではないからだ。想いや愛といった見えないモノも含んでいる。それを包む、太陽や地球、空気、食物など自然は何もかも与えてくれている。ただ存在するだけでも、我々は多大な恩恵を受けている。

では受けている恩をどう返していくのか?当たり前だが精一杯、真剣に生きて行くことしかない。今しかないという意識をどれだけ日常で持てるかが問われている。
改めてそう書きたくなったのには理由がある。
普通の世界において、お礼状や挨拶など礼儀や礼節は大事だ。私も否定はしない。また、普通の世界にいる人間に対して非常識なことをしろというつもりもない。お盆やお歳暮なども、それはそれでやらないよりはやったほうがいいに違いない。
一方で特別な世界においては、単なる儀礼的な表面だけの対応はない。形式は必要ないが「親しき仲にも礼儀あり」はある。世界を共有している仲間においては、どんなにマメにお礼状や花を送っていようが、そこに気持ちがなければ全く意味が無い。気持ちがなければ、普通は褒められるような行為でも、壁を感じると寂しがられてしまうのだ。
如来にはいつも驚かされる。
我々が頑張ったら頑張った分だけ、想像を超える贈り物をしてくれる。心憎いのが、そうした贈りモノは、お金では買えない特別関係の曰くつきのモノだったり、それを活用するのはこちらの力量も試されてるようなヒトやモノだったりする。
一段と世界を引き上げて、
「どうだ、できるだろう。やってみせてくれ」と言わんばかりなのだ。
特別な贈りモノに触れるたびに、意識が高くなる。普段は忘れている、宇宙や太陽、地球といった大きな環境への感謝が湧き起こる。大きな愛で包まれている感覚だ。
贈りモノは、ただ金をかけたら贈れるようなものではつまらない。
如来からの贈りモノは必ず予想外だ。が、受け取ってみると、なんで今まで気がつかなかったんだろうと不思議になる。あって当然のように感じるのだ。奇抜なわけではないのだ。無理なく矛盾なく、とても自然なのだが、こればかりは言葉では説明するのが難しい。
一つだけ例をあげよう。ジョイントで繋がった仲間の支援によって、新しく拠点ができたとき、沖縄サミットで使われた家具が届けられた。各国の首脳が座った椅子とテーブルのセットだ。ただ同じ型というのではなく、実際に使用されたモノだ。これは特別なつながりがなくして手に入るわけではないとすぐにわかるだろう。
緊張が入る。無邪気に喜んでばかりはいられない。この応接セットの価値を来客者にきちんと伝えていき、その価値を活かしていく責任が生じる。それが出来なければ、ふさわしい人の元へとモノは流れていく。
贈り物を活かしきれれば、更なる展開が待っている。我々はただのモノには最早執着はない。ただ、世界を広げていけるようなモノには興味がある。違う次元の視点を手に入れ、世界を創造していくことに対しては大いなる欲求が存在する。
そうした世界を体験できることを今年は具現化していく。是非直接体験してもらいたい。
モノにしろ、言葉にしろ、本当の贈りモノとは次のステージを感じさせるものだ。その人の可能性を開花させるキッカケを贈ることが、人生で一番大切で大事な贈りモノだ。受け取る方より、贈るほうが大変なのだ。だからこそ真摯に応える必要がある。そうした気持ちの応答がなければ、感謝もなく不平不満が出るだけだ。
「立派そうだけど、なんでこんなの贈ってきたのかな?もっと自分の趣味にあったモノがよかったな」といった具合になる。
こうして想いや愛がある人ほど誤解されていくのだ。本当に愛がある人は、いちいち説明をしない。ただ与えるのみだ。面倒で説明しないのではない。説明したところで進化前の概念では理解できないからだ。先に説明してしまうと余計な概念が入ってしまい混乱してしまう恐れがある。だから、贈られた側で、その意味を深めて感じ続ければ、無限に愛とキッカケを感じることができる。物質的な欲ではなく、想いや愛の為にやる気がでる。これが我々の世界だ。

冥土の土産

ジョイントを受けた後の人に起こりやすいことがある。それは、愛の押し売りである。自分が何を感じて何を求めているか、わからなかった人間が、ジョイント後、感じてることに気がつき始めると魂は嬉しくて興奮状態になる。 

人は感動するとそれを伝えたくなる。そして自分が体験した感動を相手にも体験してもらいたいと感じる。純粋な想いだ。
とにかく嬉しくて興奮して、その気持を伝えることは素晴らしいことである。人を幸せにしたいという気持ちは尊い。そこに罠が潜んでいる。
 今ままで抑えられてきた自分を表現できる喜びに夢中になってしまうあまりに、相手を見ずに言葉をまくしたてるか、もしくは
「これは素晴らしく価値があるものだ」という自信を深めて、イイものは何としても伝えなくてはと必要以上に使命感を持つ場合がある。 
相手の為になることだからと、相手の状況や気持ちを考えずに行うと、相手の奥底の魂は「確かに!」と納得しても、表面意識では
「なんだよ、いきなり。正しいのかもしれんが何か腹が立つ」とか「さっぱり意味わからん」と反発して、結果として出会った縁を活かしきれなくなる。
 相手への思いやりがなければ、いくら素晴らしく正しいことでも伝わるものも伝わらない。そうなりがちなのが、因縁の関係だ。因縁だから何も考えずに話してしまう。伝わるだろうと甘えてしまう。
その挙句、「なんでこいつはわからないのだ!!」と逆ギレを感じてしまう。非常に勿体無いことだ。因縁は分かっているけど、分かっていないのだ。分かりたいけど分かりたくない。最大の味方で、最大の敵であるのが因縁なのだから。そう簡単にいくわけないのだ。
しかし、因縁の相手はどんなに喧嘩をしたとしても、ナカナカご縁が切れる相手ではないのでまだいい。問題は因縁ではない相手に対しても、愛の押し売りをしてしまった場合である。
そうした場合、相手の魂には想いが届いていても、表面意識も納得しなければ、ご縁が切れてしまう。折角、奇跡的な確率で出会ったご縁もいかせなくなってしまう。「相性悪かったんだしょうがない」では、真摯に対応しているとはいえない。
目の前の人、一人一人が大事なのだ。相手にとっても折角のチャンスなのに、自分の気持ちだけで潰しては勿体無い。どちらも悪気がないだけに切ないのだ。言われた方も、あとで「そういうことをいっていたのか」と気がついても、そこから「また話を聞かせてくれ」とは言い難いものだ。
相手が死ぬ間際になって、「ああ、あいつだけは俺の為を思って真剣にいってくれたな」と感じさせても切ないだろう。
「だから言っただろう!」と言いたい気持ちもあるのが人間だ。けれどもそれでは、来世へ冥土の土産を渡すことになる。勿論、冥土の土産を渡さないよりは、渡したほうがいいに決まっている。
だがそれよりは、折角今しかない今世でしっかりと向き合い、共に成長してご縁を活かしきりたいではないか。その為に、因縁でない相手に対しては因縁づけが必要となる。因縁関係になってしまえば、どんなに本音でぶつかり合っても関係が切れなくなる。
きちんと間に人を入れて、逃げたくても逃げられない環境を作ってあげることも菩薩の仕事なのだ。

楽(ラク)の表と裏

 どこの世界も楽ではないが、人間楽をしたいと思う生き物だ。

楽にも表と裏がある。浅いと深いといってもいい。

子供の頃、最初に苦労すれば後で楽が出来るよといって、勉強を勧められたことだろう。最初に勉強という苦労をしておけば、あとで楽な人生を歩けると。で、勉強が嫌いなのに嫌々勉強する。一見、楽しているようには見えない。

実際、受験勉強がトラウマになっている人間に出会うことは多い。それも踏まえた上であえて違う見方をしてみよう。
嫌で勉強をしているのは事実だろう。しかし、それは楽しているとも言える。本当にやりたいことがあれば、親の反対を押し切ってでも、勉強以外のことを極めたらいい。その方が勉強しているより大変で楽ではない。そこに向かうより、親を安心させるためとか、今はやりたいことがないからと理由をつけて、勉強する楽を選んでいるともいえる。本当にあとで楽をしたいのなら、辛くても自ら求めて動くほうが確実だ。
親に言われて勉強する楽を選ぶのが悪いと言っているのではない。それが必要な時期もあるし、それ故に掴むチャンスもある。どんな道も本人にとっては経験という学びであるが、我々はもっと積極的に魂の学びを求めている。受身で学ぶのではなく、敢えて飛び込み体験することで、進化のスピードを促進していくのだ。
受身の楽が表の楽だ。親や社会から常識とされていることに従って楽を得ようとすることだ。例を挙げると、
・いい大学に行ったほうがいい(勘違いしないで欲しいが行くなといっているのではない)
・大企業がいい
・貯金した方がいい
・喧嘩しないほうがいい
・結婚した方がいい
などなど。勘違いしないで欲しいので何度も書くが、逆をやれといっているわけではない。
見事成功したとして、お金があれば、大抵の苦労からは開放される。嫌なことはお金という対価を払えば解決できる。お金では快適な環境を作ることはできる。素敵な家、美味しい食事に囲まれて、一見楽に見える。実際体験した者から言わせてもらえば、快適な生活は楽である。しかし、魂はどんな困難だろうが乗り越えて自分というものを表現したいのだ。摩擦や不満がないという受身な楽だけでは、魂は楽ではない。喜怒哀楽がない人生なんてロボットと一緒である。裏の楽とは、魂を喜ばせてあげることだ。
表の楽は、達成したとしても寂しいのだ。表の楽は、すぐにその価値がわかることが多い。例えば、快適な生活はすぐにその価値を感じる。暫くたってから、あー快適だとはならない。上の勉強の例にしても、すぐに努力して勉強したらいい大学に入れるのだろうなと理解できる。
裏の楽を追求しようとすると、すぐには価値を感じることはない。だから葛藤が生じるし、楽ではないように感じる。勉強ではなく自分の道を目指したとしたら、自分が何をしたいか理解するまで時間かかる。その間、本当にそれでいいのかと葛藤する辛さがある。
魂は表面的な楽を求めていない。すぐにはわからない深い楽を求めている。それは自分では気がつかないものだ。だからこそ人生は面白い。他人との関わりの中でしか、自分の求めている本当の楽には気がつかないのだから。
「まさか自分がそんな楽を求めていたなんて!」のドンデン返しを魂は求めている。自分の予想を超えるからこそ面白いのだ。筋書きの見えるドラマなんて面白くも何ともない。だが、魂が喜んでいるかどうかも、すぐにはわからないから深いのだ。
後々になって、あの時は嫌で仕方がなかったけど、今思えば幸せだったなと振り返れたときに初めて、魂が喜んでいたことに気がつくのだ。だから、諦めずに向かい続けなければわからないものなのだ。途中で、諦めてしまったら、折角魂は喜んでいたのに死ぬまでそれに気がつくことがなくなってしまう。
愛も深ければ深いほどすぐには理解出来ない。本当に価値があるものは何でも、すぐに理解したり感じたりできないものである。だからこそ、あとで感動や感謝が生まれるのだ。

魂の修行方法

魂の修行と一言で言うが、それはどうしたら良いのかと聞かれた。
分かりやすくするために、具体例をあげよう。先日こんな話があった。
ある社長が部下に対して仕事上で不満があった。まぁどこの会社でも不満がない上司はいないだろう。そして、大抵上司のほうが実績経験があるので、上司のほうが結果が出る見方をできることが多い。指摘が誰の目から見ても正しければ、なおの事怒るか諭すか教えるだろう。
当たり前の話だ。言わなければ伝わらないし、絶対に外してはならないこともある。しかし、大抵の問題は上司が頑張ればフォローできるようなことだろう。フォローするのは面倒だ。思い切り失敗させて、本人に経験を積ませるよりは、事前にあれこれ伝えて上手くいかせて結果をださせたほうが上司のためにもなる。部下が成長するなんて悠長なことをいっていられないのが大多数だ。自分で気がつくまで待っていることが出来る上司はそうはいない。
今、相手に言うべきか言わざるべきか、真剣に相手を見て判断している人は少ない。上司であれば、言いたいことを我慢する忍耐も修行になる。そして、部下を背負っている覚悟があるならば、部下を守り共にプレッシャーと戦うことが人に向かう修行になる。社長なら株主に。部長なら役員に。
下に向かうより、上に向かうのが修行だ。下に向かうのはたやすい。部下に文句をいう方が、上司に文句をいうより簡単だ。でも、楽をすれば学びはない。部下をかばって上司に向かうから、大変だし学びがある。
弱い相手より、強い相手に向かうことだ。弱い相手に対しては、弱点などを指摘をしやすいものだ。強者に対しては、指摘するのはかなり難しいだろう。「実績出してからな」とか、「まだ経験がないからな」とか言われてしまえば、その通りだけに言いづらい。
だからこそ、頑張らなければならないから好都合なのだ。自分から向かっていく人間しか何かを掴むことはない。
苦手な相手こそ向かうべき相手だ。嫌だなと避けたくなる相手に向かうときは、胃が痛くなったり、憂鬱になったりする。しかし、一度覚悟を決めて、向かってしまえば終わったあとにはスッキリする。達成感や満足感がある。
得意な相手、むしろ向かいたい相手に向かっても、学びは少ない。
胃が痛くなるのはいい信号だ。それに向かえということだ。しかしただ向かえばいいというわけではない。それは無謀なだけだ。無駄死してしまっては元も子もない。自分が苦手だと思った相手を得意としている仲間に作戦を考えてもらえばいい。
自分以外の力を借りるチャンスでもあるのだ。キッカケがなければ相談することもできない。問題があるから相談ができるのだ。それを活かして深まっていけばいい。
嫌な相手ほど、愛をかけてあげたくないものだ。こちらも嫌な対応をしてしまいがちになる。無理に愛をかける必要はない。嫌な相手でも普通に接するだけでも向かっていることになる。気持ちが逃げていなければ、それは向かっているのと同じだ。
逃げたいこと、嫌なことから、逃げずに立ち止まってみる。消極的でもいい。まずは立ち止まり見つめることからしたらいい。忍耐も修行の一つである。
何かのヒントになれば幸いだ。

背負うということ

自分ひとりだけは楽だ。
一人でご飯を食べるなら、好きなモノを食べられる。
一人でいれば、煩わしい会話に付き合うこともせずにすむ。
相手の言動で、イライラさせられることも、悩むことも、一人でいればない。
でも寂しい。喜怒哀楽がなくなっていく。テレビやネットなどで喜怒哀楽を得ても、表層的で心に残りづらい。関係が薄いと楽だ。楽に逃げやすい時代である。インターネットはとても便利に楽を加速してくれる。
だからこそ、楽ではないモノを魂は求めている。
目の前の人間の人生を背負ってみる。
何があっても一緒に向かう。一緒に立つ。一緒に泣き笑い、怒る。
どんなことがあっても見捨てない。だからこそ厳しくも向かう。ただの仲良しごっこではない、本物の関係。そんな関係に憧れて、大衆はワンピースなどを読む。
背負い背負われる。両者は同じだ。委ねてくれなければ背負えない。背負っているつもりが、気がついたら実は背負われていたりもする。助けて助けられる。救うものこそが救われるのだ。一心同体になってしまえば、もうそこに自分と他人という壁はない。
今日一人の人間が、背負う覚悟をした現場に立ち会った。そんな現場に立ち会えるのはとても幸せなことだ。映画のようだが現実だ。相手が背負われたいのかどうかは関係ない。自分が背負う覚悟をするかどうかが問題だ。相手を思うとおりに動かしたいから背負おうとするのではなく、相手を信じ愛するがゆえに背負うのがホンモノだ。間違っても、相手がこれをしてくれるから背負うといった取引の気持ちでは断じて背負えない。何があっても向かい続けると決心する。どんなことがあっても信じ続けると誓う。
決心も誓いも楽ではない。だが、決心や誓いをした気持ちは揺らぎやすい。多くの人間が、永遠の愛を誓った結果がどうなっているだろうか?問題が起きた時ほど、その決心や誓いが試されるのだ。問題に負けてしまう決心や誓いのほうが多い。
困難なときほど、
不安なときほど、
信じられないときほど、
相手を背負う覚悟でいられるかどうか、相手を信じ委ねられるかどうか、なのだ。
背負えば背負うほど、人は力を得る。人や組織を背負っているとき、困難に立ち向かうエネルギーを与えられる。この人間のために頑張ろう!このチームのために頑張ろう!この地域のために頑張ろう!この国のために頑張ろう!この地球のために頑張ろう!この宇宙のために頑張ろう!となる。
究極まで行けば、地球、宇宙を背負うのだ。

特別な人間とは

世の中には真面目で優しくて責任感に溢れた人間は結構いる。それと同じくらい不真面目で冷たくて無責任な人間もいる。勿論、友達にしたいのは前者だろう。だからといって、後者の人間を避けていては狭い殻に閉じこもるのと同じだ。
どんな人間にも持ち場がある。出会った意味があるのだ。それを追求しない限り、自分も活かされることはない。人を活かせなければ、自分も活かされることはない。
現代は、普通にいいことをしていても儲からない。
社会的に素晴らしい活動ほど、貧乏暇なしとなっているケースが多い。
それでいいのだろうか?
社会に対して愛の貸付をしているのに、踏み倒されているのだ。もっと自分たちの価値に貪欲にならなければならない。自分がしている仕事はどんな価値があるのか?きちんと認識していないから、対価を得られないのだ。当人もそこまでわかっていないのだ。
一見、金を稼ぐ仕事こそが出来る仕事のように見える。
しかし、人が変わるキッカケを提供していたり、愛で包んだり、やる気を与えていたらどうだろうか?その価値はお金には変え難いし、多くの人間は「ありがとう」の一言で終わりだ。タダ乗りだ。実際、愛ほどタダ乗りされやすいものはない。
いい人だから、無料奉仕してしまうのだ。それでまたいいと思ってしまう。それはそれで本人はいいだろう。自分は良くても、周囲は困る。それが当たり前と思われてしまう。当人や周囲にきちんと価値を伝える人間は、それだけで特別な仕事をしている。
特別な人間ほど、本質的な価値をよくわかっている。だからこそ、執着なく自然と富も徳も人も集まる。無理がなく、矛盾もない。いいことをしているのに、貧乏暇なしといったおかしな苦労するのはどこかが間違っているからだ。どの世界も楽ではないが、ここで言う苦労とは、成長の苦労とはまた違うものだ。
本質的な価値がわかる人間は、周囲にその価値を利用されやすい。だからこそ簡単に人には会えなくなってくる。本当は当人も会いたいのだが、相手のことを想って会えなくなるのだ。その切なさがわかるだろうか?
影響力のある人間は危険な兵器と同じだから、当人も周囲も取り扱いに慎重になる。緊張感のある関係がないと欺瞞に陥りやすいからそれも大事なのだ。すべてのことに意味があり無駄がない。そんな世界を知ることが出来て私は幸せだなと改めて感じた。
こうした特別な人間たちがいる世界のことを今年はもっと伝えていきたい。

太郎菩薩

草食男子という言葉を流行らせたananが昨年予言していたのは、

「菩薩系男子」という言葉だった。この言葉が流行らなくても問題ない。時代に敏感な人間たちが気づいたものすべて流行する訳ではないからだ。タイムラグもあるし、深層意識の場合もある。
今年はどんな年か?ずばり菩薩の年だと言おう。菩薩の活躍が時代をリードする。その中でも、生誕100周年である岡本太郎が象徴だ。太郎菩薩が時代を創造する。
岡本太郎が死去したとき、ある自然現象が起こったことをご存知だろうか?

太郎が死んだとき、なんと地球に隕石が飛び込み爆発したのだ!これ以上のシンクロがあるだろうか。

彼の深層意識は、世界の深層意識とシンクロしていたのだ。

太郎は、芸術を呪術と捉えていた。世界に呪術をかけていたのだ。その成果が熟成されて表面化されてきたのだ。渋谷に復活した、「明日の神話」も勿論その一環だ。ちなみに、11月17日に設置された。

彼の芸術は一般的な理解を拒むから、いつも新鮮でいられる。理解されるとは消費されることだ。「そういうことか、なるほど」と途端にわかったつもりになり、飽きてしまうのが大衆だ。
目に見えたり、わかりやすい理解で感動は伝わらない。
本当に伝わるものは、見えない世界での振動だ。それが魂を感動させるのだ。

太郎が仕掛けた、世界を変革するための呪術という仕組み。それが発動している。信号をキャッチできるよう太郎が再注目されていく。

岡本太郎は若い頃、秘密結社にて神秘体験をしている。

世界の本質を体験したのだ。

世界はすべて見えない部分にこそ真理がある。人間の心だって見えないではないか。

世界の深層意識と自分の深層意識は繋がっているんだ。自分が世界だ。自分の深い部分の葛藤を見つめれば、世界を見つめているのと同じなんだ。

一見、世界は政治家など表に出ている人間が動かしているように見える。しかし、必ず裏方の人が介在しているし、もっというと、そういう人たちも含めて、全人類にこっそりと深く影響を知らず知らずに与えている人間がいるのだ。

その一人が、間違いなく岡本太郎なのである。太郎を知ろうと知らなくても関係ないのだ。彼の残した、見えない物質が飛び回り、意識されることなく時代を創造していくのだ。

1996年1月7日、今日が彼の命日だ。
死んでまた蘇ったのだ。
偶然、昨日この祭りを知った。
我々は裏側から太郎菩薩の祭りを行っていく。