どさくさの罪

 輩(やから)がよく使う手に、どさくさがある。

例を挙げよう。
例えば喧嘩をしていた、AとBがいたとする。そんな時、ワールドカップのサッカー観戦で盛り上がっている場面に出くわしたとしよう。Aはここぞとばかりに、友達と盛り上がっているBの近くに寄っていって、その友達たちの前で
「おお、今のプレイすごいなー。Bもサッカー巧かったよなー」といった感じで、喧嘩していたことをウヤムヤにしてしまおうとしたりする。さりげなく、
「この前は悪かったなあ」と本当に反省してるのかよくわからないまま、言葉だけの謝罪で済まそうとしたりする例もあるだろう。

つまり、どさくさに紛れて、こっそりと主張や気持ちを表現するのである。自分にやましさがあったり、筋が通ってないことなどをするときによく使われる。

周りの空気を読む人は、輩に「どさくさ」を使われやすい。仲良くもないのに、
「俺たち仲良しだよなー」といわれたとしよう。和気あいあいの空気だったら違うとは言いにくい。まぁいいかと認めてしまったとすると、その後、その場にいた第三者に対して輩は仕掛けるかもしれない。
「彼とは仲良しでさー」といった具合に、仲良しということを利用して、信用を得て入り込もうとする。

どさくさは、応用範囲が広い。共通しているのは、キチンと向き合って筋を通さないで物事を都合よく進めようとすることだ。イチイチ異を唱えるのは大変だ。その気持ちのコストを考えたら、しょうがないと諦めたり許してしまう。それを利用して、輩はどさくさに物事を進めるのだ。

こっそりと既成事実を積み上げて、ちゃっかりと筋を通さずに済まそうとする。本来自分にやましさがあるから、堂々と向き合わずに、こっそりと秘密裏にする。

今の政治が一番わかりやすい例だ。脱自民という主張で支持を受けたのに、いつのまにやら脱自民どころか、最初と違うことをしだしても筋を通さずに、どさくさにやってしまう。これは民主党に限った話しではないが、どさくさに紛れて法案提出や廃案にする例は、山ほど見つけられる。

何でもかんでもハッキリしっかりとケジメをつけろという訳ではない。日本人は曖昧が好きだと言われているから、何事も穏便にでやってきた。しかしそれを悪用されることもあることを知らなければならない。

キチンと認識しておかないと、後でどさくさを活用されて痛い目を見るのは、善良な人間のほうなのだ。「優しさの罪」でも書いたが、ドサクサを見逃した罪もあることを心に留めておかねばならない。

輩の手法をしっかりと研究して理解しなければ、輩に食い物にされてしまう。パーティや葬式といった空気では要注意だ。言いにくいことも、そういう場であれば言いやすいからだ。本来、一対一で向き合って話す事柄でも、どさくさに紛れて済ませてしまえる。

結局は自分に帰ってくるのだが、輩はラクしようと逃げる傾向にあるから使ってしまうのだ。どさくさを使う方も、使われた方も、心理的障害を乗り越えて向き合おう!嫌なことにも向き合えば、必ずご褒美がある。

霊を憎んで、人を憎まず

 罪を憎んで人を憎まずというが、我々は
「霊を憎んで、人を憎まず」と言い換えたりしている。

一般的に、整合性のない発言や行動をする人間は、矛盾していると批判されることが多い。私も一貫していない発言や行動を見ると嫌で仕方がなかった。しかし、そもそも自分自身も
「完全に矛盾がないか?」と問われたらそうではないし、むしろ矛盾をはらんでいることが人間の本質だ。

霊=人格と捉えると、感情や状態によって、同じ人間でも色んな人格がでてくるものだ。見た目は一人の人間だが、その中にある霊は一つということはない。主人格はあるが、状況によって霊は変わっていく。

霊に操られるか、自分で霊を操るか。これが魂の力だ。意識していなければ、霊に操られるだけだ。気分屋はまさにその例だろう。しかし、押さえつける意識が強すぎると、頭が強くなりすぎて感情を無くしてしまう。

感じていることを意識しつつ、自分らしく表現できるようになりたいものだ。

一流の役者は、その役に成り切る。その霊そのものになるのだ。だからハリウッドでは、役を落とすのに数ヶ月かけるのだ。ある芸能事務所社長も、
「自分の仕事は霊をつけたり、外したりが仕事ですよ」といっていた。

霊がその人のすべてではない。憎らしいことをしたとしても、人間の本質は別にある。変わらない人間もまたいないのだから、向き合い続けるしかないのだ。そこにお互いの成長がある。

聖書に、こんなシーンがある。ヨハネによる福音書の8章だ。イエスを試そうと罪人を連れてきて、
「罪人は石で撃ち殺せと法であるが、あなたはどう判定するか?」と問う。
イエスキリストは、
あなたがたの中で罪なき者が、まずこの女に石を投げよ」と答える。

また、アニメ「コードギアス」で主人公のルルーシュはこういった。
撃っていいのは、撃たれる覚悟のあるやつだけだ」と。

優しさの罪

「あの人はそういう人だからしょうがないよ」とか、
「そういう見方もあるかもね」と相手を理解し許すことは勿論大事だ。

だが、時には、厳しく向かうこともなければ、その人に対して愛がない。すべてを許していて、相手も自分も気付きがなく、お互いに成長はない。それは自分がラクしたいだけだ。

優しい人ほど、喧嘩や言い合いが嫌で許してしまう傾向がある。しかし、その優しさは自分が傷つきたくないという理由もあるだろう。喧嘩して傷つくのが嫌とか、言い合うのは疲れるとか、自分が傷つきたくなくてそうしてる場合もある。相手のためより自分のため。

全部受け入れれば良いというものではない。金持ち喧嘩せずというが、金持ちの子供が好きなだけ甘やかされた結果、どんな子供に成長するか?想像すればわかるだろう。

とかく、声が大きい人の意見が通りやすいものだ。だからこそ、人の気持ちがわかる優しい人が強くなり、毅然と立ち向かわなければならないときもあるのだ。

そして、立ち向かうには信念がいる。信念がなければ、相手に語る言葉もない。優しい人ほど謙虚な気持ちを忘れないものだ。だからこそ、そういう人が強くなり発言をしなければならないのだ。そしていつも穏やかな人が、信念を持って語るとき、芯の強さがしなやかな強さとなり心を打つ。

向かわなければ、ただ優しいだけの人には見逃した罪がある。気付いていても、相手を認める論理(言い訳)で頭を納得させ、本心を隠す。立ち向かうには勇気がいる。優しい人なら尚更だ。相手を傷つけたくない気持ちがあるのもわかる。しかし、自分が向かわなければ、相手から成長の為の機会を奪っているともいえるのだ。

出会いはご縁。ご縁を活かしきるためにも、後悔のない関係を築くほうがお互い幸せではないか?

最小単位で最大効果

革命は3人から始まるという。真剣な人間が3人いれば十分なのだ。キューバ革命でも上陸後12人からのスタートだった。その中でも中心人物は、カストロ、カストロ弟、そしてチェゲバラの3人だった。

何かをしようとするとき、人数や資金など、とかく少ないよりは多い方が素晴らしいと錯覚してしまう。企業においても、規模の拡大追求がこれまで是とされてきた.
確かに、大きいからこそできることはある。しかし、大きいから何でも出来るという訳ではない。むしろこれからは、規模の大きな組織は恐竜のように身動きがとれなくなる。
時代の変化が激しいからである。変化に対応するには大きいと不利なのだ。 我々は、最小の単位で、最大の効果を目指してる。 1万人の真剣でない人間を集めるより、一人の真剣な人間と連帯をくんだ方がよほど価値がある。
大きくなると守らなくてはならないものが増えてくる。小さければいつでも捨て身になれるのだ。失うものがない方が強い。
いざという時、
「家族のことで用事がありいけません」
「お金がないので難しいです」
「仕事の都合で・・・」
などと言い訳を始めるのが普通だ。
突然、「明日からベトナムいくぞ!」といっても、すぐにいける人間じゃないと革命などできるわけがない。
本気ではない人間は、選択を迫ればすぐにそれが透けてくる。我々は選択を迫り、本気でない人間は脱落していく。
来るもの拒まず、去る者を追わず。
しかし去ったものでも、またいつでも受け入れる。
小さくても、まるで核爆弾のような効果を生み出していくのだ。