終わりの始まり

民主党が勝ち、これから変わるかというと、
そう簡単ではないだろう。顔ぶれをみたら元自民党が多い。
選択肢が他にないから選ばれているだけであって、
遠くない将来に失望感が漂う。政治家にしてみれば、
「そんなすぐに結果がでるかい!」と言いたいだろうが、
人のせいにしたい大衆は、そんな長く待つ気もない。
ジグザク迷走しながら、閉塞感が溜まっていくのではないか。
それからが本当の勝負ではないかと考えている。
そう遠くない将来にあるであろう、そのタイミングに
間に合うよう、自分のできることをしていきたい。
いずれにせよ、変化は大歓迎。
問題は起こるほどチャンスになる。

サマーウォーズ


映画「サマーウォーズ」を観てきました!
仮想空間がOZということで、私も沖縄でOZというあだ名があり
縁を感じて観にいってきました。アニメで泣いちゃいました。
自分なりには色々と信号があって、時代の流れを感じられた
のですが、人に説明するときに何と言おうかと悩む・・・。

「つながり」こそが、
ボクらの武器

というキャッチフレーズは、我々の活動にもいえます。
つながりの作り方なんていう教科書はありません。
ただ、山下達郎の主題歌でも歌っていますが、
「心と心を重ねる」ことで見えてくるでしょう。
矜持を持って、自分の持ち場でベストを尽くす!
今ある理想を実現して、次世代に素晴らしい環境を残したい!と
エネルギーを与えてもらいました。
私たちが大事にすべきことを再確認させてくれます。
是非劇場へ見に行ってください。エンドロールが始まっても
誰も席を立たなかった映画は久しぶりです。

岐阜にて

クーピーアート実施!
昨日は横浜、今日は岐阜、明日は名古屋とクーピー三昧。
今日、岐阜の子供に
「アメリカ人?」と聞かれ、
「違うよー」と答えたら、
「ただの思い込みか」と呟かれました(^o^)

シザーハンズ

シザーハンズ<製作15周年 アニバーサリー・エディション data-recalc-dims= [DVD]” />
シザーハンズ< 製作15周年 アニバーサリー・エディション> [DVD]
ティム・バートン,ジョニー・デップ,ウィノナ・ライダー,ダイアン・ウィースト,キャロライン・トンプソン
◆あらすじ
「エドワードは人造人間。だが、完成直前に博士が急死し、両手がハサミのままこの世に残された。心やさしい化粧品セールスウーマン、ペグに引き取られたエドワードは、ペグの娘キムに恋してしまう…。
鬼才ティム・バートン監督の描くラブファンタジー。純真無垢な心をもつエドワードはキムに恋をするが、哀しいかなハサミの手をした彼は、永遠に彼女を抱くことができない。そんなおかしく哀しく美しいラブストーリーを、詩的で夢幻的なタッチで描いた傑作。」
今日は広島に原爆が落とされた日ですね。
原子力という力をどういう方向に使うかで、破壊してしまうか、
大勢の人を助けるか、変わってきます。原子力自体は巨大なパワーで、
それ自体には罪はありません。
使う人の心が大事なのです。
これからを考える際に、今日はで新たな見方を教わった映画を
基にして書きたいと思います。
映画「シザーハンズ」は、手がハサミの人造人間の話です。
見られた方も多いのではないでしょうか。見てる前提で書きます。
見てない人は見てから、この続きを読んでください(^^)
普通は紹介した粗筋のように、ラブファンタジーだと思っているでしょう。
しかし、ある方に教わった見方をするならば、とても深い話となります。
その話を聞いて、勝手に私が原爆とつなげたのですが、結論から言うと、
原子力がハサミだと思ってみてください。
ここで一旦、私が教わった新しい見方に話を戻します。

続きを読む シザーハンズ

来来来来来



http://www.motoyayukiko.com/
舞台見てきました。りょうちゃんの前回の舞台も面白かったけど
今回は自分好みの深い内容で、面白かった。自己犠牲と自己満足。
あらすじからは想像できない内容で、いい意味で期待を裏切って
くれるかと。お時間ある方は下北沢までぜひどうぞ。
あ、地方でもやるみたいです。
パンフレットのイメージと実際の内容が全くつながらないのですが
私がセンスないだけでしょうか・・・・。
妻のおかげで、舞台を見るという新しい世界が広がりました。
一人だったら絶対見に来ないなーと感謝。

盆踊り

恵比寿駅前盆踊り。
沖縄のエイサーも、盆踊りや念仏踊りが原点と聞いたことあります。
パラパラもですよねー(^-^)