oz のすべての投稿

「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」と私

沖縄に来て良かったなと思うことの一つに、樋口先生との出会いがあります。彼が主催していた、次世代金融講座を受けて、ここに私が求めていたものがあったんだと感動しました。この本「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」に続く次回作では、きっと次世代金融講座の内容も含まれるでしょうから次作も楽しみです。

かつて私が愚かな失敗をして落ち込んでいた時も、温かく励ましてくれた典子さんと樋口さんは、私にとって理想的な愛の関係を築かれているように見えます。お二人の愛のお陰で、人間不信だった私もまた立ち直ることができました。自分の不信ゆえにお二人を傷つけてしまったこともありますが、それでも辛抱強く付き合っていただけました。あの出会いがなければ、また人を信じることをできなかったように思います。とても感謝しております。

お二人の結婚式に呼んでいただいた時も、樋口さんと典子さんのために何か私が貢献できることがあればいいなと心から思いました。今思い出しても、とても心に残る素晴らしい式で、いまだにあの時を思い出すと涙が溢れてきます。人生において、そんな素敵な時間を共有できたことを嬉しく思います。

私が稲穂産業の代表になることを悩んでいた時も、樋口先生のアドバイスがなければ、また沖縄に戻ってやろうとは思わなかったです。農業や酪農について勉強するきっかけをくれたのも、樋口さんです。私の第二の人生において、とても大きな贈り物をいただいています。樋口さんが、
「尾関君は何かわからないけど何かをやりそうな雰囲気があるよね」とおっしゃってくれたことが大きな励みとなりました。人ときちんと向き合うことの大切さ、一人一人がとても大きな力を持っていること。愛の経営。振り返れば、たくさんのキーワードでヒントをいただいてきました。そして、それは私にとってのみならず、志を持つ人にとっては誰にとっても福音となる贈り物です。今回出版されたこの本も、多くの方にとって贈り物となることでしょう。

本書の内容については、過去の講座と同じように何度読んでも、いつ読んでも古くならない内容です。丁寧に愛を持って仕上げた本だということが伝わります。執筆しているという話を聞いてから、だいぶ経って出版されましたが、タイミングとしては丁度良い時期になったように感じます。コロナ後の社会、新しい時代に相応しい社会にとって大切な視点が含まれているので、どう生きていいいか悩んでいる方はヒントが詰まっている本です。順番に読んでいけば、推理小説のようにパズルが解かれていくような感覚を覚えるかもしれません。

私が中でも好きなのは、まず本当の問題は何か?第1章の
「正しく問う、それが全てだ」だけでもまず読んで欲しいです。第5章のキャンドルサービスは、経営者なら是非読んでもらいたい内容です。心の筋トレは簡単ではありませんが、気づくたびに努力しています。誰でも自分を変えることで世界を変えられるのです。そう勇気をもらえる本だと思います。

本日は沖縄は慰霊の日です。本書が多くの魂を癒すこととなり、沖縄が平和の架け橋になるよう祈念します。

食の未来のためのフィールドノート

この本を読み始めたけど、面白い!NYのブルーヒルというレストランのシェフのノンフィクション。一部を後で紹介します。今世紀は気候変動が激しくなり、20世紀と同じように食料を生産できなくなるでしょう。法律やシステムではなく、例えばコンビニを時代遅れだと思い、添加物まみれの食に対するあり方が変われば、社会が変わるのは確実です。

自分も農業に関わることになってからわかったことが多い。今後、食糧危機だって起こるかもしれない。何れにしても、自分たちの食事くらいは作れるようになりたい。

以下転載

土壌浸食、灌漑用地下水の水位低下、漁業の崩壊、森林の縮小、草原の荒廃は、僕たちの食システムがもたらした環境問題のほんの一部にすぎない。気温がこれからも上昇していけば、問題はどんどん増え続けるだろう。
僕たちの健康も被害をこうむった。飲食に起因する病気、栄養失調、肥満や糖尿病など食習慣に関わる病気の発生率が上昇しているのは、食べ物の大量生産に一因がある。このような状況は強い警告として受け止めなければならない。健康を損ない、天然資源を濫用するような食べ方がまかり通るような従来の食システムは、(当然ながら経済や社会に影響をおよぼすばかりか)持続不可能である。

従来の思考様式に基づいた農業ーより多く奪い、より多く浪費するーによって相変わらず食べものの大半が提供されているのは事実だが、心の中で常識ある声がささやき、長くは続かないと警告している。

「あらゆる面で度を越したプロセスによって最後は自滅する」だろう

食は「農業とは切っても切れない関係を持った行為であり、食事の取り方を見れば、世の中に取り組む姿勢がわかる」ものだ。

水無月になりました

先日沖縄そば屋さんで誕生日図鑑があったので見てみたら、私のページには、墓穴を掘るが運の良さで切り抜けると書いてあり、まさにその通りだなと笑ってしまいました。

最近は自炊が多いので外食は珍しいです。私も初めて料理を作ることに挑戦したり、圧力鍋を初利用してみたり、最近のオーブンレンジの性能に驚愕したり、料理の世界を楽しんでいます。

外食大好き人間でしたが、最近はそんなに行きたいとも思わなくなってきました。たまに、美味しい鮨を食べたいなぁと思ってもイオンで売ってるお鮨も美味しくいただけるようになってきました。自分でも不思議ですが、回転する寿司は鮨じゃないと思っていた過去の自分に教えてあげたいです。

田舎に、しかも山奥のど田舎に住んでみると、港区住民だった頃と比べると、欲望の種類が変わってきました。人が作ったものを手に入れるというよりも、自分で色々作ったり、何でもない時間を楽しめるようになった気がします。

かつてはぼっとしていたら時間の無駄と感じていたところもありましたが、自然の中にいると豊かなだなと満たされるようになりました。よく言われてましたが本当でした。なかなか港区民からこのような生活をしようとは思わないでしょうから、実践する人は少ないので一般化はしないでしょうが。

自分たちで作ったもので、料理して、気兼ねのない人々とご飯をしたり他愛もない話をしたりすることに対して、かつては大した価値を置いていなかったんだなとわかりました。

誰といるかよりも、何を食べるかとか、どんな場所とか、他の要素に意識が行きすぎていて、目の前の関係を見てるようで見ていなかったのだなぁ。心に余裕がなかったのもあると思います。

その一方で、幸いなことに新しい人間関係にも恵まれて、かつての失敗を反省に、大事にしていきたいと思います。多くの失敗を得たからこそ、大事なことがわかりましたね。感謝です。と言っても私は天邪鬼なところもあるので、ほんと自分でも厄介です。

今年は新しいことにどんどん挑戦しています。酪農もそうですし、養蜂も、ぐうたら農法も、あとは釣りとかボート免許とか、ダイビング復活とか、●●茶とか、やりたいことだらけで時間が足りません。

毎日、規則正しい生活になったけど、なかなか痩せないのが不思議です。本の種類も幅広いですが、読みたい本が溜まっています。

眺望の素敵な場所があるので、そこに椅子とか置いてゆっくり読書もしたいなぁと思ったりもするけど、日々に追われて気がついたらもう水無月。昔よりは、ビジネスに対してやる気になってきました。なんせお金稼がないと生きていけないですからね。お金があるときは、欲しいものもそんなになかったですが、ないときは、必要なものがたくさん出てくるから面白い。無駄使いをしないようにして、楽しんでやっていきます。

なんだかんだで周囲の人に助けられて進んでいます。ありがたいことです。お読み頂いた方もどうもありがとうございます。

命の学校を終えて

命の学校が終わりました。2週間ごとにワクワクして通っていた講座も一区切り。大学院も含めて過去のどの授業よりも熱心に楽しく学べた学校でした。大体、話を聞いていると眠くなってしまうことが多い私としては、寝ずに3時間以上集中できていたことに自分でも驚きです。

最後の講義で、新しいことを学ぶことだけが勉強ではないことも気が付かされました。知識として知っていると、「ああそれ知っている」と思って、どこか流していました。でも、知るといっても本当に正確に概念を理解しているのか?また、腹落ちし、行動できるまで身についているかは別問題であるのに、わかったつもりになっている自分がいました。

継続的に努力してこそ身につくことをついつい忘れて、新しいことに飛びつきがちです。良いと思ったことを愚直に実行することは簡単だからこそ難しいことです。

新しい知見ももちろんありました。毎回ゲストの方のお話は、自分では絶対に話を聞くことを選択しないであろう方々が多く、自分の範囲外へと連れ出してもらえるいい機会でした。医療などは自分とは関係ないと思っていましたが、聞いてみると、愛や自尊心の実践を一番必要とされている業界かもしれません。

何しろ、怪我や病気をしている人たちにとっては、明日があるかどうかはわからない切実な問題であるからこそ、普段では見過ごされている問題に直面しやすいわけです。限りある命をどう使うかをサポートするのではなく、システムに問題がないようにサポートするのでは対応が全く違ってきます。施設にとって問題がないようにすることと、患者の幸せが両立していないのが現状でしょう。これは医療関係だけではなく、普通の会社にしてもそうです。会社のルールに合わせようとするのが普通とされていますよね。

今回の講座で話されていた方達は、今のシステム中心の世界観から、人間中心の世界観への転換へと実践している方々の話でした。現在は、システムに人間を合わせようとするからこそ、人間がおかしくなるのですね。今後の希望の光を感じた学校でした。

システムというと、映画マトリクスの世界観を彷彿とさせます。システムのエージェントになっているMrスミスのような方々が、今は評価されている時代です。二宮尊徳のように、人間性で評価されるリーダーが中心の時代にならない限り、システムは栄えても、人間はいつまでたっても幸福にはならないのでしょうね。

ありがとうの反対は当たり前。今や、お金を払えばやってもらって当たり前だと感じている私たちがいるように思います。やってもらって当然なことは何もありません。当たり前に慣れることなく、日々過ごせたら幸せなことだと思います。

より良い人間関係こそが幸福への道。命の学校は幸福の学校でもありました。次回は、お金の学校になるそうです。次もきっと知的な刺激に満ちた時間になることでしょう!

美味しい牛乳飲んだことありますか?

最近私は牛乳に詳しくなりました。甘いものが好きで生クリームやらバターなどをよく食べていながら、その大元となる牛乳がどのように作られているか、詳しく考えたことがなかったのです。知れば知るほど、これはやばいなぁと。

今、多くのスーパーなどで売られている牛乳は、130度くらいの高熱で2秒ほど高温殺菌されている牛乳がほとんどです。この方法だとタンパク質が焼けてしまうために、脂肪球を細かくするホモジナイズという処理をしています。すると、生クリームが自然に分離してできることがなくなります。高温殺菌だと全ての菌も死ぬので、本来は船舶など長期の保存用として用いられている方法だそうです。なぜそうするかというと、経済的だからですね。長持ちするし問題も起きにくい。その代わり、栄養分も美味しさも減る。ついでに言うと、牛の飼い方が自然ではないために菌が発生しやすくなっていることも理由でしょう。

狭い牛舎に押し込められて、そこで食べて糞もして寝るのです。不衛生だし、運動もしないため不健康で菌が発生しやすいのです。牛のイメージは放牧でしょうが、そのような飼い方をしている牧場は数パーセントです。ほんのわずかです。あと、1番の問題は、牛の餌です。本来、牛は草食です。草を食べるように体ができているのに、人間の都合で太らせたり、乳脂肪分を高めたりするために、穀物飼料を与えているのです。で、やはり病気になりやすくなるわけです。アメリカの穀物を輸入させるための戦略だと言うのは当たっていると思いますね。これからの食料自給を考えると、輸入穀物で牛を飼育するのではなく、牧草で飼育する時代になると思っています。

飲み比べると、低温殺菌でノンホモ牛乳は美味しいです。健康な牛から美味しい牛乳と、自然放牧で有名な中洞牧場さんは宣伝してますね。中洞牧場を経営している、IT企業のリンクさんは、昔取引のあった会社さんで、放牧のことを相談すると色々と社長さんが教えてくれました。10年先輩なので心強いです。

自然放牧だと、1ヘクタールに一頭のスペースが必要です。そんない広い場所を確保できている牧場は少ないから、牛舎飼いになるのです。山地酪農という、山の斜面を使った日本に向いた酪農スタイルも昔から提唱されていたのですが、乳業メーカーが乳脂肪分3.5パーセント以上じゃないと安く買い叩くようになってから、急速に放牧は無くなりました。自然の草だけだと脂肪分に波が出て、3.5を切ることもあるからです。企業の経済活動に、牛や人間を合わせるのはやめて、牛たちの性質に合わせて経済を作るべきだと思うのです。企業中心に考えるから、自然や動物にしわ寄せがいき、結果として人間にもブーメランのように戻ってきて病気になるのですから。余計なことをしない自然に学ぶ経済スタイルが必要だと感じています。もっと、牛や鳥などがどう飼われているか関心を持って、こだわれば、絶対にその方が美味しいです。

今となっては貴重になった放牧。沖縄では肉牛の放牧はありますが、乳牛の完全放牧はありません。折角なのでこの自然放牧に挑戦したいと考えています。牛にとって健康で幸せな状態になってもらって、幸せのおすそ分けを頂いて、乳製品を作りたいなと思っています。これが出来たら最高の贅沢だと思います。今から楽しみです!

愛に生きる

今年は己亥の年だそうです。先がわからない人間はなんとか法則を掴んで未来を予測しようと干支などを考えたのでしょう。それを信じたら、きっとその通りになっていくのでしょう。予言の自己成就です。なので私は自分に都合のいいように今年はなると信じることにしました。信じるといえば、年末に興味深い話を聞きました。

鈴木メソードという教育法です。音楽の世界では有名らしいですが、その教育法は他にも応用できるもので、母語教育法といいます。母語は誰も出来ない人がいないという当たり前のことに驚愕を受けた鈴木氏が開発した方法です。また著者の題名が良いんです。

母語は出来ない人がいないのは、出来ないと思わないからだという逆転の発想。出来ると当たり前に感じ、周囲もそう接していれば自然とできちゃうわけですね。ハーバードとジュリアード音楽大を両方首席で卒業した女性の母上も同じようなことを話されてました。子供には制約がないから、可能性は無限大で、大人になればなるほど自らが自らを縛ってしまうわけです。

枠ができてしまった人間は実は単純なのかもしれないと、WESTWORLDというドラマを見てても思いました。自分で決断しているつもりでも、実はしていないのかもしれません。惰性や習慣などで動いている、ただの動物のような気もします。

SF好きなら是非。

動物は調教が必要と思って、誰かに何かをさせることで解決しようとしている現象で満ちています。政治家に解決してもらう。社長に、部長に、奥さんに、誰でもいいのですが、人任せにしてしまう自分が私もいます。人の調教の前に自分を調教する年にします。

楽しみは自発的にするものですが、面倒なことは人任せにしがちですよね。朝起きるのも面倒ですが、たまたまテレビで住職が話していた言葉が印象に残りました。嫌だなと思う前に起きると。思考の前に行動する。考える前に動く。

自分に調教したいことを前もって考えておいて、感情が動く前にする訓練をしています。昔の面倒くさがりに比べたら、だいぶ変わりましたがまだまだですね。

愛についても、年末に麗王の典子さんが書いていた、

「愛は、他者のために「立ち止まる」力なのだとも思いました。」

が心に残っています。他人のために、自分ごとをやめて、時間をとる。自分を優先して生きてきたので、まずはこういうことから訓練していきます。

習慣の法則を掲げて少しずつでも実践していけば一年で大きく変わります。

1×1×1・・・365日かけると=1
1.01×1.01×1.01・365日かけると=38 なんと3800パーセント
0.99×0.99×0.99×・365日かけると=0.03

千里の道も一歩から。お互いに良い年にしていきましょう。今年もよろしくお願い申し上げます。

日本は来年農薬世界一になる

人は食べ物で出来ていますが、普段は何となくわかっていても、調べるのも面倒だし、そこまで気にして食事をすることはないのではないでしょうか?知っていましたか?来年、日本は中国を抜いて農薬世界一の使用量になるってことを。

一昔前までは、安全安心な日本の食物というイメージでしたが、それが大分怪しくなってきているのではないかと疑ってきています。有機栽培の比率、日本はわずか0、2パーセントですからね。結局、高いと売れないのが現実です。

セブンイレブンは、巨費を投資して植物工場を作るそうです。植物工場では、日を浴びないから抗酸化作用などもない、見せかけだけの野菜が育ちます。無農薬で作れると言っていますが、抗酸化作用は、陽の光に当たらないと出来ないのです。

日にちが経つと、ドロドロに溶ける野菜。形だけ似せた別のものができるだけです。本当の野菜は枯れるだけで、ドロドロになることはありません。そんなものを食べても野菜本来の価値が体に反映されるわけではありません。食べた気になるだけです。

鶏肉も、牛肉も豚肉も調べれば、抗生物質などの薬なしに作られているのはわずかです。飼料に農薬などの問題もあります。生物濃縮されて人間の体内に蓄積されます。牛乳などもそうです。

調べてみると本当に安心安全な食物を提供している企業などはあるのですが、皆売上に困っています。少しでも高いと消費者が買わないからです。あと、添加物に慣れすぎて、自然のものを美味しく感じない舌になっているのです。麻薬中毒と一緒です。砂糖やアミノ酸なしでは、美味しいと思わない感覚になっています。

結局は医療費として食費よりももっと支払うことになるのですが、自分だけは病気にならないと皆思っているのでしょう。自分も無頓着な部分が多々あったので人のことは言えないですが、真面目な生産者さんが報われ、かつ健康な人が増えていくよう、自分も努力していこうと思います。

知ろうとしないと見えてこないので、食の真実を一緒に学びましょう!

今日のオススメ本はこちらです。

牛乳は低温殺菌のものを飲みましょう!!

紅茶道は深い

先日、金川紅茶さんにお邪魔してきた。突然にも関わらず、親切丁寧にご相手くださり、味見までたくさんさせてもらって、とてもワクワクした時間になった。

紅茶について、専門家が話す言葉は一々面白く、そういうことだったのかと納得させられた。一つの道を極めている方の話はとても面白い。

茶葉
ウンカの被害を受けた茶葉

ウンカの被害を受けた茶葉は匂いが強くなるそうです。こういう時はダメで、こうなったら逆に良くなるとかあって、奥深くて興味が尽きません。東方美人はそんなお茶だそうで、やろうと思っても出来ないお茶だそうです。

味も変わりますし、紅茶にハマる人の理由がわかったような気がしましたね。気軽に、紅茶の作り方を習いに行こうと思った自分が恥ずかしくなりました。

でも自分用というか、趣味用に作ってみようかと思いました。収穫までは5、6年かかるそうですが。紅茶の世界も少しづつ勉強していこうと感じさせてくれた、穏やかだけど情熱ののある比嘉さん親子に感謝です。あっという間の3時間でした。

見も知らない人間にこんなにも愛のある対応をしてくれる人は中々いないです。人柄が紅茶にも反映されますね。安心していただける紅茶です。下記の記事を是非読んでみてください。

» 沖縄が誇る、一期一会の紅茶 【茶園編】 金川製茶 不耕起自然農の畑、一子相伝の技術が、“本物”の紅茶を作る

命の学校 「悲しみを聴く」奥野修司氏

ノンフィクション作家として実績ある奥野氏の講演をお聞きし、その後も麗王にて長く話す時間を頂きました。奥野さんは私が持っていた作家さんのイメージとは違い、ただ聴いて書くだけでは終わらない方でした。

作家さんは文章などにまとめ終わったら、そこで取材先とも終わりになるのが一般的ではないでしょうか。奥野さんはその後も関係が続き、時には自分から積極的に取材した相手に働きかけて助けようと動いたりするのです。ただ仕事の為に話を聞いている人とは違う、人間としての関わりを持つ覚悟のあるスタンスだからこそ、奥野さんだけに話す方がきっと多いのだろうと思いました。「聴く」と「聞く」の違いです。聴くは傾聴するという意味なんですね。

認知症への理解も深まりました。男性と女性とでは認知症になった時への反応は違うそうです。そして認知症に対して知識がないと、男性は引きこもりがちになるそうですよ。認知症といえども、すべてわからなくなるわけでもなく、人によって症状は全然違うそうなので、認知症について知っておくと、自分のためにも相手のためにも役立つので、自分とは違う世界のことと思わず知ろうとする心がけをしたいですね。無知の罪とも言いますし。

ちなみに、人の話に対して、反応するのではなく、受け止めるというスタンスは、どんな人に対しても通じるものですね。人の話を聴く授業というのもあったら、人間関係が大きく変わり、社会にとっても良い効果をもたらすのではないかと感じました。

あと印象に残った話で、悪人か善人かを認知症の人は見分けるという話がありました。人は欠損する箇所があると他のある部分が鋭くなり、人を見抜く力がすごくなると。わかりますね。死が近い人間の方も、鋭くなるそうです。嘘が通じないから、自分の内面が試されます。子供も見抜いているのかもと思います。

残念なことに認知症患者は、イギリスやアメリカは減っているのに、日本では増えているそうです。これは個人的には食べ物や、人間関係が影響しているのだろうなと思っています。食べ物や精神衛生には気を使っていきたいですね。

あ、そうそう、脳の角回を刺激すると幽体離脱が起こるという話は衝撃的でした。衝撃的といえば、こちらの話も衝撃!
 サイエンス誌に掲載されている論文でも40数パーセントは再現性がないというお話。科学ってその程度の客観性なのかもしれませんよ。脳みそは柔軟にしていきたいです。

個人的には、認知症の話より、奥野氏が農業についても本を出されているので、その辺のことを講演後に色々とお聞きできたのでとても勉強になりました。このこともまた次回に書きたいと思います。最後に、スライドの最後にあった言葉をご紹介

見ようとしなければ、見えないものもある。深いですね。

この本も是非見ようとしてみてください。

女傑万歳

最近、Blogの更新を頻繁にするように心がけている。リハビリのつもりで、内容が薄くなったとしても頻度を上げて、アウトプットしていく。すると自然とインプットも増えて、質も向上していくと楽観視している。

以前は読書が大好きだったけど、監禁されてからというもの、読書する気にもならなくて、読む習慣が途絶えていたので、読書の習慣を戻していきたいのもある。

最近、気になった本は買うようにしていて、積ん読が増えているけど、読みたい時に手元にあればストレスなく読めると思って置いてある。

今日もセールしてたのでKindleでこんなのを買いました。

二冊とも100円ですから驚きです。いつ読むかわからないけど、役立ちそうだなと買ってみました。

今度、奥野修司氏が命の学校で話されるので、
こちらの方が親和性高そうなのですが、興味があった下記の二点の方は買って、こちらはまだ。お話を聞いてからにしようかと思っています。

ナツコは今読んでますが、なかなか面白いです。沖縄人が自分たちらしく逞しく生きていた時代の雰囲気がわかるような感じがします。女性というのがまた良いですね。

女傑といえば、こんな方もいらっしゃいましたね。女性が活躍する時代は自由な雰囲気があるような気がします。

今週はInahoに東京で活躍する女性カメラマンが遊びに来ます。カメラ教室とかもやりたいねと話していました。彼女らと一緒に収穫祭やります。彼女も私と同じ、元配偶者が有名人だった人です。本人は嫌がりますが。興味ある方はご連絡くださいませ。

Oz Salon
http://www.fa-fa.com/?page_id=1418